ETCカードは分離型と一体型のどちらが良いか?

公開日:2015年10月11日

ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されるということは以前ご説明しました。

ETCカードの発行方法として、ETCカードをメインとなるクレジットカードと同じカードとして発行する「一体型」と、クレジットカードと追加で発行するETCカードを別々のカードとして発行する「分離型」の2つがあります。

一体型となるか、分離型となるかはクレジットカードによって決められているのですが、一体型と分離型を選択できるクレジットカードもあるので、一体型と分離型のどちらの方が使い勝手がよいか考えてみましょう。


選択可能であれば分離型がおすすめ

結論から言うと一体型と分離型が選択可能である場合、当サイトとしては分離型をおすすめしています。

一見すると一体型の方が財布もすっきりして良いように思えますが、分離型のETCカードの場合、ETCカードにはクレジットカード機能がないため、本体のクレジットカードを保管しておけば、万が一の際も不正利用される恐れがありません。

そのため車内にETCカードを置き忘れて盗難にあった場合も、ETCカードはETC以外に使用することができないため、被害の拡大を抑えることができ安心です。

また、本末転倒的ではありますが、ETCカードの追加方式は圧倒的に分離型のみというクレジットカードが多いです。そのため一体型がよいと思って探すと、ETCカードを発行するクレジットカードの選択肢を狭めてしまうことになります。

そういった理由から当サイトでは分離型でETCカードを追加発行することをおすすめしています。

もちろん経済的には一体型でも何も変わりませんので、一体型がよいという方は一体型を選択してもよいと思いますので、一体型か分離型かという点は好き嫌いでよく、もし迷ったら分離型がおすすめだったから分離型にしようかな程度の理解で良いと思います。


ETCカードを利用する人は無料のETCマイレージサービスの登録を忘れずに

ETCカードを利用する人でお得に利用したいという方は、ETCマイレージサービスを活用することをおすすめします。

ETCマイレージサービスはマイレージという名前が示す通り、JALやANAという航空会社のマイルプログラムと似ていて、ETCの利用額に応じてポイントがたまり、たまったポイントを高速道路の無料利用券と交換できるものです。

高速道路利用料金50円から100円につき1ポイントがたまり、1ポイント2円から8円程度の換算価値で無料利用分と交換できるのでかなり効率が良いですね。

さらに利用登録料は無料ですので、よく高速道路を利用するヘビーユーザだけでなく、ライトユーザもまずは登録しておきたい非常にお得なサービスです。

  • ETCマイレージサービスは無料でお得なので登録を忘れずに

ETCカードを利用することで高速道路料金も割引になります。高速道路割引サービスの概要を別記事で紹介していますので気になる方は参考にしてください。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ