シネマイレージカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月23日

chinema4
シネマイレージカードのカードの特徴やメリット、デメリット、作るべきかどうかをまとめて紹介しています。

クレジットカードは利用する場所によってお得になるカードが異なりますので、人によってお得なカードは若干異なります。シネマイレージカードは映画に特化した映画好きのためのカードといえますので、よく映画を見る人はぜひチェックしておきましょう。

シネマイレージカードの主な特徴と評価点

■シネマイレージカードの評価点

chinema4
メインカード 6.5/10点
サブカード 8.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 300円(税別)
還元率 0.5%
特殊な還元
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド Master-CardAMEX
電子マネー


シネマイレージカードの評価

シネマイレージカードの使える点、良い点

  • チケット発券時にカードを提示すると6つで無料になるスタンプがもらえる
  • 毎週火曜日は1,300円の優待価格で映画を見れる
  • ショッピングで永久不滅ポイントもたまる

チケット発券時にカードを提示すると6つで無料になるスタンプがもらえる
シネマイレージカードは映画好きのために作られたTOHOシネマズ公式カードです。チケット発券時にカードを提示すると映画を6回見たら次回無料となるスタンプラリーサービスに参加できます。

毎週火曜日は1,300円の優待価格で映画を見れる
また毎週火曜日は1,300円の優待価格で映画を鑑賞できます。さらに上映時間1分1マイルとして映画を見た分だけポイントがたまりポップコーンやドリンク類と交換が可能になっています。まさに映画好きのために作られたカードです。

ショッピングで永久不滅ポイントもたまる
他のセゾンカード同様、ショッピングで永久不滅ポイントもたまります。ショッピングというより持っていて得をするカードで、コストは一度もショッピングをしなかった場合の年会費300円となりますが、映画をよく見る人なら余裕で元が取れますし、ショッピングを一回すればこのコストも回避できるので、映画好きはぜひ検討したほうがよいと思います。


シネマイレージカードの使えない点、悪い点

  • 還元率が高くない

還元率が高くない
シネマイレージカードは還元率が0・5%となっており、1%以上の還元率のクレジットカードがある昨今では還元率が高いとは言えません。

還元率重視の人はREXカードや漢方スタイルクラブカードなどの高還元カードを作る必要があると言えるでしょう。


結論(おすすめできるか)

結論:映画好きはとりあえず作った方が良いカード
シネマイレージカードはTOHOシネマで映画を見る上で、様々な特典があります。年会費も300円で年間一度でも利用すれば無料になるので、映画を見る人ならとりあえず作っておいた方が良いカードです。

全体的な還元率は低めですので、メインに高還元カードを使って、シネマイレージカードはサブカードとして利用するのが良いでしょう。

>>シネマイレージカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ