デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの特徴

公開日:2015年10月25日

delta-jcb-takeoff
デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの還元率やたまるポイント、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

デルタのスカイマイルをためている人にとっては貴重なカードですので、要チェックです。サービス内容を見てカードを作るべきか考えていきましょう。

デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの主な特徴と評価点

■デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの評価点

delta-jcb-takeoff
メインカード 7.0/10点
サブカード 7.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 1,500円(税別)
還元率 1.5%
特殊な還元 デルタ航空の航空券購入で還元率3%
限度額
発行時間 最短7営業日
ブランド JCB
電子マネー quickpay


デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの評価

デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの使える点、良い点

  • デルタマイルが100円につき1マイルがたまる
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯
  • 年会費は初年度年会費無料

デルタマイルが100円につき1マイルがたまる
デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードは初年度年会費無料でデルタマイルがたまる高還元マイルカードです。

ショッピングでの利用100円につきデルタマイルが1マイルたまり、デルタ航空の航空券購入に使用すると2倍ポイントがたまります。

海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯
海外旅行傷害保険も最高2,000万円付帯しているので補償もばっちり。

年会費は初年度年会費無料
年会費は初年度年会費無料で次年度以降は1,500円。低年会費でありながら高還元と付帯サービスを実現したデルタ航空ユーザにお得なマイレージカードです。

新規入会でもれなく500マイルももらえますので、デルタマイルをためている人はとりあえずクレジットカードを作っておいて、あまり利便性を感じなければ退会するというのもありだといえます。


デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードの使えない点、悪い点

  • 2年目以降年会費がかかる
  • たまるマイルがデルタマイル

2年目以降年会費がかかる
デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードは初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は1,500円の年会費がかかります。高額ではありませんが、カードの利用金額が少ない人は還元がほとんどなくクレジットカードの作り損となる可能性もありますので、自分の利用金額と相談してカードを作るか検討する必要があります。

たまるマイルがデルタマイル
またたまるマイルはデルタマイルです。日本ではJALとANAのマイルが搭乗に使う場合も他のポイントと交換する場合もメジャーなので使い勝手が良いです。デルタをよく使う人であれば問題ありませんが、一般的に飛行機を使うだけの人であればためるマイルはJALかANAが良いので、デルタマイルがたまるデルタ スカイマイル JCB テイクオフカードは一般的ではないといえます。


結論(おすすめできるか)

結論:デルタマイルをためている人におすすめ
デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードは珍しいデルタマイルがたまるカードですので、デルタマイルをためたい人にはぴったりのクレジットカードです。

年会費が安く還元率も高いので、スペックも良いので優秀なクレジットカードといえます。

>>デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ