ファミマTカードの特徴、還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月18日
最終更新日: 2015年11月9日

famima
コンビニカードの中でも、ファミリーマートでお得になるファミマTカードの特徴や還元率、おすすめな人をまとめて紹介しています。

ファミマTカードはファミマ店内でも募集していることが多く、お得なのかどうか気になっている人も多いと思います。お得な活用法も紹介していますので、ファミマTカードが気になっているという人はぜひご覧ください。

ファミマTカードの主な特徴と評価点

■ファミマTカードの評価点

famima
メインカード 6.5/10点
サブカード 8.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.5%
特殊な還元 Tポイント加盟店では1.5%還元
限度額 100万円
発行時間 最短2週間
ブランド JCB
電子マネー


ファミマTカードの評価

ファミマTカードの使える点、良い点

  • ファミリーマートの利用分は1.0%還元
  • ファミリーマートで割引を受けることができる
  • 利用金額に応じて「ファミランク」が上がって還元率アップ
  • 年会費永年無料
  • TSUTAYAレンタルカードとしても利用可能

ファミリーマートの利用分は1.0%還元
ファミマTカードはファミリーマートでのお買い物がお得になるコンビニカードです。

ファミマTカードのポイントはクレジットポイントとショッピングポイントがあり、どこで利用してもクレジットポイントが200円で1ポイントTポイントがたまり、ファミリーマートで提示すると200円で1ポイントのショッピングポイントがたまります。

つまりファミリーマートで利用すると1.0%のクレジットカードになります。

ファミリーマートで割引を受けることができる
ファミリーマートではレジで提示するだけで会員価格の特別割引で商品が購入可能で、さらに毎週火曜、土曜はカードの日となっていて提示することでもらえるショッピングポイントが3倍、クレジットポイントが2倍たまります。

ですので、仮に火曜日にファミリーマートで200円の買い物をするとクレジットポイントが2ポイント、ショッピングポイントが3ポイントたまることになり、還元率は2.5%となります。この時はファミマで使うのに最もお得なカードになります。

ファミマの名がつくだけあってファミリーマートでの割引・還元が盛りだくさんのコンビニカードとなっています。

コンビニカードの中でも会員向けの割引を用意しているのはファミマTカードだけですので、コンビニカードの中でもお得が充実しているカードといえます。

利用金額に応じて「ファミランク」が上がって還元率アップ
またファミリーマートでの利用金額に応じてファミランクというランクが設定され、翌月の還元率が最大で3倍になります。

ファミリーマートでの月間利用金額 ランク 付与ポイント
(ショッピングポイント)
0円~4,999円 ブロンズ 200円につき1ポイント
4,999円~14,999円 シルバー 200円につき2ポイント
15,000円~ ゴールド 200円につき3ポイント

ファミランクがゴールドになると200円につき3ポイントがたまるので、ファミリーマートでクレジットカード払いをすると、通常の日で200円利用ごとにショッピングポイント3ポイント、クレジットポイント1ポイントで4ポイントたまり還元率は2%になります。

カードの日であれば200円利用ごとにショッピングポイントが5ポイント、クレジットポイントで2ポイントがたまり合計7ポイントで還元率は3.5%になります。

ファミリーマートだけで月に15,000円以上を支払っている人は限られると思いますが、毎日お弁当やおにぎりを買っているという人であれば超える人もいますね。

ファミリーマートをよく利用する人ほどお得になるカードといえます。

年会費永年無料
これだけの特典があるのに年会費は永年無料になっていて、まったくコストがかからないので持っていて損をすることがなく気軽にカードを作ることができます。

TSUTAYAレンタルカードとしても利用可能
TSUTAYAレンタルカードとしても手続きすれば使えるのでファミリーマートを利用する人は持っておきたいコンビニカードです。


ファミマTカードの使えない点、悪い点

  • ファミマ以外の還元率が低い
  • リボ払い専用カードである

ファミマ以外の還元率が低い
コンビニカード全般に言えることですが、コンビニや特定施設以外の還元率が低くなっています。ファミマTカードも一般加盟店の還元率は0.5%となっており、決して高くありません。

還元率を重視する人はメインカードに高還元のクレジットカードを利用して、ファミマTカードはサブカードとして利用するのが良いといえます。

リボ払い専用カードである
またファミマTカードはリボ払い専用カードである点も注意が必要です。

リボ払いはあらかじめ決められた金額を毎月返済していく返済方式で、返済金額が決まっていて管理しやすいメリットがありますが、返済しきれなかった残高には金利がかかりますので、残高が増えやすく総返済金額も多くなってしまいます。

  • リボ払いの意味や特徴、支払方法の種類

  • 毎月の返済金額を上限いっぱい(500万円など)にすることで、金利がかからない1回払いと同じように返済することができますが、初期設定では低く設定されているので、金利がかからないようにするにはカードを作った後に会員サイト上で返済金額を変更する必要があります。


    結論(おすすめできるか)

    結論:ファミマを使う人はサブカードとして持っておきたい
    ファミマTカードは、年会費永年無料でファミリーマートで還元率が高くなり割引も受けることができるので、ファミリーマートを利用する人であればぜひ持っておきたいカードといえます。

    ただしファミマ以外の還元率は高くないので、サブカードとして活用するのが良いですね。メインカードにはどこで使っても還元率が高いREXカードや漢方スタイルクラブカード、リクルートカードなどがおすすめです。年会費無料にこだわるなら、若干還元率は落ちますが楽天カードもおすすめです。

    コンビニカードは持っているだけでも価値がありますので、よく使うコンビニのコンビニカードはサブカードとして1枚は持っておきたいですね。

    >>ファミマTカードを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ