ワタミふれあいカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月24日

watami2
ワタミふれあいカードの主な特徴やメリット、デメリットをまとめて紹介しています。

ワタミふれあいカードは居酒屋チェーンのワタミとイオンが一緒に出している提携カードですので、イオンカードを作ろうと考えている人でワタミにもよく行くという人は要チェックです。どのようなカードなのか見ていきましょう。

ワタミふれあいカードの主な特徴と評価点

■ワタミふれあいカードの評価点

watami2
メインカード 6.5/10点
サブカード 8.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.5%
特殊な還元 ワタミグループ店舗での利用は1%還元
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド VISA
電子マネー


ワタミふれあいカードの評価

ワタミふれあいカードの使える点、良い点

  • ワタミグループ店舗での飲食代金が5%割引
  • ワタミグループ店舗での利用は還元率が2倍
  • 新規入会時や誕生日月に食事券がもらえる
  • 年会費永年無料

ワタミグループ店舗での飲食代金が5%割引
ワタミふれあいカードは年会費無料でワタミグループ店舗での飲食代金が5%割引となるカードです。支払をするだけでワタミグループの店舗の飲食代金の割引を受けられるので、ワタミ系を利用する人には非常に大きなメリットといえますね。

ワタミグループ店舗での利用は還元率が2倍になる
さらにカード利用でたまる「ときめきポイント」はワタミグループ店舗で利用した際は通常の2倍の200円につき2ポイントたまります。還元率は1%です。

新規入会時や誕生日月に食事券がもらえる
新規入会時、誕生日月には1,000円分のワタミグループ店舗で使用できる食事券がもらえるのでこれだけでも作る価値あり。なお、利用額の1%はクレジットカード会社およびワタミグループから社会貢献活動に使用されるためカードを利用することで社会貢献ができるカードでもあります。

年会費永年無料
ワタミグループを利用する上で様々な特典があり、年会費は永年無料ですので、作っておいて損のないカードといえます。


ワタミふれあいカードの使えない点、悪い点

  • 還元率は高くない

還元率は高くない
ワタミふれあいカードはワタミグループ店舗以外での利用は200円につき1ポイントがもらえるしくみになっていますので、還元率にすると0.5%となります。

0.5%は一般的なクレジットカードの還元率といえますので、低くはないですが高くもありません。還元率で得することを重視するのであれば高還元のカードと組み合わせて利用していく必要があります。


結論(おすすめできるか)

結論:ワタミを使う人はぜひ作りたいカード
ワタミふれあいカードはワタミグループ店舗での利用分はいつでも5%となる点が最も大きなメリットで、ワタミによく行くという人はぜひ持っておきたいカードです。

居酒屋での5%割引は相当大きく、極端な話、20人分の飲み代を自分のクレジットカードで支払えば自分の分は無料で飲むこともできます。

これだけの割引を受けられるにも関わらず、年会費は永年無料ですので、イオンを使わない人でもワタミの割引狙いでワタミふれあいカードを作ってもよいでしょう。

普通に使う際の還元率は低めなので、メインカードには高還元カードを用意しておき、サブカードとして使うのが賢い使い方です。

>>ワタミふれあいカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ