三井アウトレットパークカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年11月1日

mtsuioutlet2
三井アウトレットパークカードの特徴や特典、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

その名の通り、三井アウトレットパークをよく利用する人は持っていると得するカードですので、三井アウトレットパークを利用する人ではカードの内容をチェックしていきましょう。

三井アウトレットパークカードの主な特徴と評価点

■三井アウトレットパークカードの評価点

mtsuioutlet2
メインカード 6.5/10点
サブカード 8.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.5%
特殊な還元 三井アウトレットパークの買い物分はプラス1%還元
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド VISAMaster-CardJCBAMEX
電子マネー


三井アウトレットパークカードの評価

三井アウトレットパークカードの使える点、良い点

  • 三井アウトレットパークポイントと永久不滅ポイントがたまる
  • 三井アウトレットパークで使うと最大2.5%の還元
  • 年会費永年無料

三井アウトレットパークポイントと永久不滅ポイントがたまる
三井アウトレットパークカードは、三井アウトレットパークで使うと最大2.5%の還元となる高還元カードです。

三井アウトレットパークでお買い物時、三井アウトレットパークポイントが100円で1ポイントと永久不滅ポイントが1,000円で1ポイントと2つのポイントがたまります。

前年利用額に応じて最大2.5%の還元となる
前年利用額が30万円以上だと、翌年から三井アウトレットパークポイントは100円で2ポインたまるようになり、還元率が最大で2.5%まであがります。

同じ系列の三井ショッピングパークカードとほぼ同じサービスですが、三井ショッピングパークカードは条件なしに三井ショッピングパークポイントが100円で2%還元なので、若干三井ショッピングパークカードの方が有利といえます。

最終的にもらえる買い物券が三井アウトレットパークか三井ショッピングパークのものかの違いになるので、どちらかよく行く方のカードを作っておくとよいと思います。

年会費永年無料
年会費は永年無料ですので、どちらもよく行くという人は両方作って持っておいても損がないカードといえます。


三井アウトレットパークカードの使えない点、悪い点

  • 三井アウトレットパーク以外の還元率が低い

三井アウトレットパーク以外の還元率が低い
三井アウトレットパークカードは最大で2.5%の還元となるカードですが、高還元となるのは三井アウトレットパークで使用した場合のみでその他で利用した時の還元率はそこまで高くありません。

たまるポイントは永久不滅ポイントのみとなりますので、還元率は0.5%で一般的なクレジットカードの還元率です。

高い還元率を求める人にとっては少し物足りない還元率といえます。


結論(おすすめできるか)

結論:三井アウトレットパークを利用する人は作っておくべき
三井アウトレットパークカードは三井アウトレットパークで利用すると高い還元を受けられるお得なカードです。

最大で2.5%の還元を受けられるようになりますので、三井アウトレットパークで利用する際には最もお得なカードとなります。三井アウトレットパーク以外で利用した時の還元率は普通ですが、年会費も永年無料ですので三井アウトレットパークを利用する人は作っておくべきカードといえます。

>>三井アウトレットパークカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ