三井住友VISAエブリプラスの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月19日

mitsuisumitomo-everyplus2
三井住友VISAエブリプラスのカードの特徴や還元率をまとめて紹介しています。

三井住友VISAカードの高還元カードで注目している人も多いと思いますが、どのようなメリット、デメリットがあるのか見ていきたいと思います。

三井住友VISAエブリプラスの主な特徴と評価点

■三井住友VISAエブリプラスの評価点

mitsuisumitomo-everyplus2
メインカード 4.0/10点
サブカード 4.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 1.5%
特殊な還元
限度額 10~80万円
発行時間 最短3営業日
ブランド VISA
電子マネー idwaon


三井住友VISAエブリプラスの評価

三井住友VISAエブリプラスの使える点、良い点

  • 年会費永年無料
  • いつでもどこでも還元率1.5%

年会費永年無料
三井住友VISAカード「エブリプラス」は年会費永年無料でポイントがお得にたまるクレジットカードです。

いつでもどこでも還元率1.5%
いつでもどこでも通常カードの3倍の1,000円利用ごとに3ポイントたまります。支払方法はリボ払いの「マイ・ペイすリボ」専用のクレジットカードになっており、上記ポイント3倍についてもリボ払い手数料が発生した月のみボーナスポイントとしてたまる仕組みになっています。

ネットショッピングの不正利用を保証するVpass ID 安心サービスや、購入した商品の破損や盗難を保証するお買い物安心保険も付帯しているので安心です。

よくお買い物をする方で一括払いにこだわらない方にはポイントがたまりやすい高還元のクレジットカードであるといえます。


三井住友VISAエブリプラスの使えない点、悪い点

  • リボ払い専用クレジットカード
  • リボ払い手数料が発生した月のみボーナスポイントが貯まる

リボ払い専用クレジットカード
ネックとなるのはリボ払い専用のクレジットカードである点です。リボ払いは毎月決まった金額返済をしていくカードで、一見支払い負担が少なく便利ですが、払いきれなかった利用金額が毎月たまっていき、その残高に金利がかかるので総返済金額は一括払いよりも多くなります。

いつまでも返済が終わらずにトラブルとなることもありますので、できれば避けた方が良いカードです。

リボ払い手数料が発生した月のみボーナスポイントが貯まる
また上述したボーナスポイントもリボ払い手数料が発生した月のみ発生するしくみになっています。

ボーナスポイントがたまってもリボ払い手数料が発生して、得しているのか損しているのかわからないので、利用は慎重にする必要があり、大きなデメリットといえます。


結論(おすすめできるか)

結論:リボ払いカードなので避けた方が良い
三井住友VISAエブリプラスは還元率が1.5%と高還元ですが、リボ払い専用のカードで、リボ払い手数料が発生した月のみボーナスポイントが発生するようになっているので、デメリットの方が大きくあまりおすすめできません。

>>三井住友VISAエブリプラスを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ