三井住友VISAクラシックカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月17日
最終更新日: 2015年10月20日

mitsuisumitomo-clasic5
三井住友VISAクラシックカードのサービスの特徴や還元率、お得な使い方などを紹介しています。

知名度抜群の三井住友VISAカードのスタンダードなカードである三井住友VISAクラシックカードですが、クレジットカードのサービスとしては実際のところどうなんでしょうか。メリット、デメリットを見ていきたいと思います。

三井住友VISAクラシックカードの主な特徴と評価点

■三井住友VISAクラシックカードの評価点

mitsuisumitomo-clasic5
メインカード 8.5/10点
サブカード 9.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 1,250円(税別)
還元率 0.5%
特殊な還元
限度額 10~80万円
発行時間 最短3営業日
ブランド VISAMaster-Card
電子マネー idwaon


三井住友VISAクラシックカードの評価

三井住友VISAクラシックカードの使える点、良い点

  • 最も実績のある三井住友Visaカードのスタンダードカード
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険やショッピング補償が付帯
  • マイペイすリボに加入すると年会費無料になる!

実績と信頼の三井住友VISAカード
三井住友VISAクラシックカードは日本で初めて発行され、今も最も実績のある三井住友Visaカードのスタンダードなカードです。上品なカードデザインと銀行系の信頼感から、クレジットカードのステータスを気にする方でもプライベート、ビジネス、旅行先問わずスマートに使うことができます。

実質年会費無料のステータスカード
年会費は初年度無料で2年目以降は1,250円(税別)がかかります。WEB明細書サービスの利用で540円割引になります。また、前年度に300万円以上カードを利用すれば翌年の年会費が無料、100~300万円だと翌年の年会費は半額になります。

電子マネーの「iD」を搭載
また電子マネー「iD」を搭載しており、コンビニなどクレジットカードが利用しづらい場所での買物にも対応しています。電子マネーを使える場所はどんどん増えており、一度使い始めると手放せない人も多いです。高額な買い物はクレジットカード、日々の細かな買い物は電子マネーなど使い分けることができます。

クレジットカードとしての総合力の高さが魅力
付帯保険も最高2,000万円の海外旅行傷害保険やショッピング補償が付帯しており安心です。インターネット不正利用補償やカード利用24時間監視システムなどの付帯サービスがあるため、セキュリティもばっちりです。

このようにクレジットカードとしての総合力が高い三井住友Visaクラシックカードは、初めてクレジットカードを作る方から海外旅行によく行くようなアクティブな方までおすすめできる優良クレジットカードです。


三井住友VISAクラシックカードの使えない点、悪い点

  • 還元率が低い
  • 利用額が少ないと年会費がかかる

還元率はそこまで高くない
三井住友VISAクラシックカードは還元率としてはそれほど高くありません。カードの利用1,000円ごとに1ポイント、自社ポイントのワールドプレゼントがたまり、たまったポイントはキャッシュバックや他のポイント・マイルへの移行、素敵な景品との交換などをすることができますが、還元率にすると0.5%程度となっており、高還元カードとはいいがたいです。

利用額が少ないと年会費がかかる
また、上述した通り、利用金額が100万円以下の場合には2年目以降1,250円(税別)の年会費が毎年かかります。100万円以上の利用があれば年会費が半額になりますが、年会費無料にするには300万円の利用が必要となります。これだけ利用金額が高い人であれば高還元カードを利用すると多くの還元を受けられますので、年会費はサービスの利用料と考えて支払う方が良いといえます。

結論(おすすめできるか)

結論:信頼度や利便性を重視する人におすすめの優良カード
三井住友VISAクラシックカードはサービスの総合力が高いクレジットカードで券面のデザインも素敵なので、どこで使っても恥ずかしくないクレジットカードです。そのためメインカードとして使っている人も多いカードです。還元率は高くないのでクレジットカードの「還元」で得をしたいという人よりは信頼のある会社でカードを作りたい、便利なカードを利用したい人向けのカードといえます。

ステータスのないカードをメインで使いつつ人目がある時にはちゃんと見えるカードを使いたいという人がサブカードとして持っておくのもおすすめです。一定額以上カード利用があれば年会費もかからないので、ステータスカードの入門編としてもおすすめと言えるでしょう。

信頼や利便性を重視する人にとってはメインとしてもサブとしても利用できる優良カードです。組み合わせてカードを利用する場合は還元率の高いカードと一緒に利用するとサービスを補完することができてさらに良いですね。

>>三井住友VISAクラシックカードカードを公式サイトから申し込む


三井住友VISAクラシックカードのサービス詳細

■三井住友VISAクラシックカードの基本情報

カード名 三井住友VISAクラシックカード
国際ブランド VISAMaster-Card
申込資格 18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方
審査時間 最短3営業日
発行時間 最短3営業日
年会費(本人・初年度) 無料
年会費(本人・2年目以降) 1,312円
年会費(家族・初年度) 無料
年会費(家族・2年目以降) 420円
ショッピング限度額 10~80万円
キャッシング限度額
締め日 ①毎月15日 ②毎月月末 ※選択可
支払日 ①翌月10日 ②翌月26日 ※選択可
支払方法 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払い
ETCカード
ETCカード年会費 525円
還元率 0.5%
還元方法 ワールドプレゼント
電子マネー idwaon
備考 ETCカードは前年1回利用すると翌年の年会費無料

■三井住友VISAカードの付帯保険情報(海外旅行傷害保険)

死亡・後遺傷害保険 2,000万円
傷害治療費用 50万円
疾病治療費用 50万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 15万円
携行品損害(自己負担額) 3,000円
救援者費用 100万円
補償期間 90日間
付帯条件 利用付帯
付帯条件 補足事項
紛失盗難補償
その他保障等

■三井住友VISAカードの付帯保険情報(国内旅行傷害保険)

死亡・後遺傷害保険
傷害・疾病治療費用
携行品損害
補償期間
付帯条件
付帯条件 補足事項
その他保障等

■三井住友VISAカードの付帯保険情報(ショッピング保険)

対象 会員1人につき年間最高100万円までの商品
補償日 購入から90日間

■三井住友VISAクラシックカードの付帯保険情報

■三井住友VISAクラシックカードの発行会社情報

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 大阪府大阪市中央区今橋4-5-15銀泉淀屋橋ビル
登録番号 近畿財務局長(10)第00209号
日本貸金業協会会員 第001377号

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ