三菱商事石油イオンカードの還元率とメリット、デメリット

公開日:2015年10月23日

aeon-mitsubishi2
三菱商事石油イオンカードの還元率やメリット、デメリットなどをまとめて紹介しています。

三菱商事石油イオンカードイオンカードの提携カードで、スリーダイヤのサービスステーションをよく利用する人がお得になるカードです。イオンカードの特典はそのままなので、スリーダイヤユーザはこちらのカードを選んだ方がお得です。スリーダイヤを利用するという人はサービス内容をチェックしておきましょう。

三菱商事石油イオンカードの主な特徴と評価点

■三菱商事石油イオンカードの評価点

aeon-mitsubishi2
メインカード 6.5/10点
サブカード 8.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.5%
特殊な還元 スリーダイヤのSSで利用すると還元率2倍
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド VISAMaster-CardJCB
電子マネー


三菱商事石油イオンカードの評価

三菱商事石油イオンカードの使える点、良い点

  • スリーダイヤのSSでは還元率が2倍になる
  • 毎月20日30日はイオン系列各店で5%の割引
  • 年会費永年無料

スリーダイヤのSSでは還元率が2倍になる
スリーダイヤのサービスステーション(以下SS)で利用すると、ときめきポイントが2倍になるクレジットカードです。どこで使っても、カード利用額200円につき1ポイントときめきポイントがたまり、スリーダイヤのSSで利用すると200円につき2ポイントたまります。

毎月20日30日はイオン系列各店で5%の割引
イオンカードの機能はそのままなので、毎月20日30日はイオン系列各店で5%の割引、5日15日25日はイオン各店で利用するとときめきポイントが2倍たまります。

年会費永年無料
また入会特典としてもれなくときめきポイントが500ポイントプレゼントされます。年会費はもちろん永年無料なので、イオンとスリーダイヤのSSをよく使う方にはおすすめのガソリンカードです。


三菱商事石油イオンカードの使えない点、悪い点

  • 還元率が高くない

還元率が高くない
イオンカード全般に言えることですが、カード利用による還元は200円につき1ポイントですので、還元率にすると0.5%とそこまで高くありません。スリーダイヤSSの利用分で2倍になっても1%の還元率ですので、還元率重視の人であれば高還元のクレジットカードはほかにたくさんあります。

イオンカードは年会費永年無料で持っているだけで割引などの特典が受けられるので、サブカードとして利用するのがおすすめです。


結論(おすすめできるか)

結論:スリーダイヤを利用する人は作っても良いかも
三菱商事石油イオンカードはイオンカードの機能に加えて、スリーダイヤSSで利用した時に還元率が2倍になるカードなので、イオンカードを作ろうとしている人でスリーダイヤSSもよく利用する人であればカードを作ることを検討すると良いでしょう。

とはいえ、上述した通り、スリーダイヤSSでの還元は2倍になっても1%ですので、特別高いとも言えず、高還元のカードをメインカードとしている場合にはそちらを使った方が得をすることもあるレベルです。

イオンカードは全般的にサブカードとして利用するのが良いので、イオンカードを作ろうとする人がスリーダイヤもよく利用する場合は好みでどちらにするか考える程度で良いと思います。

>>三菱商事石油イオンカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ