ANA JCBワイドカードの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月22日

jcb-anawide2
ANA JCBワイドカードの還元率やメリット、デメリットをまとめてどのような人におすすめか紹介しています。

ANA JCBカードシリーズはANAマイルをためている人にとってはおなじみのカードですので、ラインナップの中からどのカードにしようか悩んでいる人も多いと思います。ANA JCB一般カードとの比較をしながらワイドカードの特徴を見ていきたいと思います。

ANA JCBワイドカードの主な特徴と評価点

■ANA JCBワイドカードの評価点

jcb-anawide2
メインカード 8.0/10点
サブカード 7.0/10点


年会費(初年度) 7,250円(税別)
年会費(2年目以降) 7,250円(税別)
還元率 0.75%
特殊な還元 ANAマイル提携店で買い物をすると100円につき1マイル還元
限度額
発行時間 最短3営業日
ブランド JCB
電子マネー quickpay


ANA JCBワイドカードの評価

ANA JCBワイドカードの使える点、良い点

  • ANAマイルに交換できるポイントがたまる
  • ANAマイルがたまりやすくなる
  • ビジネスクラスの専用カウンターを利用可能
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険、国内航空障害保険が付帯

ANAマイルに交換できるポイントがたまる
ANA JCBワイドカードはANAマイルとJCBのポイントが両方たまるANA JCBカードにお得な付帯サービスを追加したクレジットカードです。基本的な還元はANA JCB一般カードと同様で、カードを利用すると1,000円につき1ポイントOkiDokiポイントがたまります。ANAマイルに交換すると1,000円で10マイルたまる計算になります。

ANAマイルがたまりやすくなる
直接ANAマイルもたまり、ANAカードマイル提携店で利用すると100円につき1マイルがたまります。また入会時2,000マイル、カードを継続すると毎年2,000マイル、さらに搭乗ごとに区間基本マイレージが25%加算されます。

ビジネスクラスの専用カウンターを利用可能
ワイドカードの特典は付帯サービスで、ANA国際線エコノミークラスを利用時にビジネスクラスの専用カウンターを利用可能になり余裕をもってチェックインが可能です。

最高5,000万円の海外旅行傷害保険、国内航空障害保険が付帯
またANA空港内の免税店で10%割引を受けられたり、最高5,000万円の海外旅行傷害保険、国内航空障害保険が付帯します。


ANA JCBワイドカードの使えない点、悪い点

  • 年会費が高い

年会費が高い
ANA JCBワイドカードはゴールドカードでないスタンダードカードの中ではサービスが充実している分、年会費も高めに設定されています。

ANA JCBワイドカードの年会費は7,250円で、2,000円のANA JCB一般カードとは5,250円の差があります。この差額をどう考えるかですが、付帯サービスを比較してどちらがよいかを判断するとよいと思います。

サービスの内容関係なくとにかく年会費を安くしたいという人にはANA JCBワイドカードは向いていません。


結論(おすすめできるか)

結論:付帯サービスに価値を感じるならおすすめ
ANA JCBワイドカードはANAマイルに交換可能なポイントがたまる点や、ANAカードマイル提携店での利用の場合に100円につき1マイルがたまるなどまいるがたまりやすくなるカードの基本的しくみはANA JCB一般カードと同様ですが、ビジネス専用カウンターを利用できるようになったり、付帯保険の内容が充実するなど付帯サービスに差があります。

ANA JCB一般カードと迷う人はこの付帯サービスの差と年会費5,250円の差を考えて、どちらが自分にあっているかで判断をすることになります。個人的には年会費が高い分、一般カードと比べると評価は一枚落ちるかと思いますが、付帯サービス重視の人におすすめのカードといえます。

>>ANA JCBワイドカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ