JALカードTOP&ClubQの特徴、還元率やメリット、デメリット

公開日:2015年11月23日

jaltop2
JALカードTOP&ClubQの特徴や還元率、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

東急の提携カードでJALマイルもたまるカードなので、東急を利用しているJALマイラーは要注目のカードですが、どのようなサービスや特典があるのでしょうか、見ていきましょう。

JALカードTOP&ClubQの主な特徴と評価点

■JALカードTOP&ClubQの評価点

jaltop2
メインカード 8.0/10点
サブカード 7.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 2,000円(税別)
還元率 0.75%
特殊な還元 東急グループでの利用で+0.5%から最大10%還元上乗せ
限度額 100万円
発行時間 1週間程度
ブランド VISAMaster-Card
電子マネー


JALカードTOP&ClubQの評価

JALカードTOP&ClubQの使える点、良い点

  • 利用することでJALマイルがたまる
  • 東急グループ店舗で利用するとさらにTOKYU POINTがたまる
  • JALカード会員向けのボーナスマイルがたまる
  • PASMOへのオートチャージができる
  • 初年度年会費無料

利用することでJALマイルがたまる
JALカードTOP&ClubQはJALカードと東急カードが一つになったカードで、買い物や飛行機への搭乗でJALマイルがたまり、東急グループの店舗で利用すればTOKYU POINTもたまるクレジットカードです。

ショッピングで利用することで一般加盟店では200円利用ごとにJALマイルが1マイルたまり、JALカード特約店では200円利用ごとにJALマイルが2マイルたまります。JALマイルを1マイル1.5円と考えると、一般加盟店で0.75%、JALカード特約店では1.5%の還元率があることになります。

さらに年会費を3,000円追加してショッピングマイル・プレミアムに加入することでたまるマイルが2倍になります。

  • JALマイルは1マイルいくら?

  • 東急グループ店舗で利用するとさらにTOKYU POINTがたまる
    東急百貨店や東急ハンズ、東急ストアなどの東急グループ店舗で利用すると、ショッピングマイル以外に東急グループのポイントであるTOKYU POINTもたまります。

    たまるポイントは店舗によって異なりますが、東急ハンズでは100円につき1ポイント、東急ストアでは200円につき1ポイント、東急百貨店では食品、セール品は1%、その他の商品は3%から10%の還元があります。

    東急グループでの利用分についてもJALマイルはたまりますので、東急グループでの利用時は1.25%から10%以上の還元率になることもあります。

    たまったTOKYU POINTは2,000ポイントでJALマイル1,000マイルと交換することができます。

    TOKYU POINTは1ポイント1円として東急グループ各社で使ったり、PASMOにチャージしたりできるので、JALマイルに交換するよりもそのまま使った方がお得な感じもしますが、マイルの有効期限が迫ってきたり、切りが悪い時などは交換することもできます。

    なお、JALカードTOP&ClubQの会員であればJALマイルからTOKYU POINTへの交換も、JALマイル10,000マイルからTOKYU POINT10,000おポイントへ交換することもできます。



    JALカード会員向けのボーナスマイルがたまる
    JALカードTOP&ClubQはJALカード会員向けのボーナスマイルもたまるようになっており、カード入会後に初回搭乗すると初回搭乗マイルとして1,000マイル、毎年の初回搭乗マイルとしても1,000マイルがたまります。

    また搭乗ごとのボーナスマイルについても通常のフライトマイルにプラス10%が加算されます。



    PASMOへのオートチャージができる
    またJALカードTOP&ClubQは東急の提携カードなので、PASMOにオートチャージをすることができます。オートチャージはPASMOの残高が一定額を下回ると自動的にクレジットカードからチャージをするサービスで、チャージをする手間が省け、利便性が圧倒的に増します。

    PASMOへのチャージ分についてもJALマイルがたまりますので、日々の電車利用やコンビニでの買い物などでもJALマイルをためることができますね。

    PASMOへのオートチャージができるカードは一部の交通系のクレジットカードのみに認められており貴重で、PASMOをよく利用する人はぜひ作っておきたいカードです。

  • PASMOの使える場所、ポイントが貯まるお店やお得な活用法


  • 初年度年会費無料
    このようにかなりJALマイルがたまりやすいカードになっていますが、初年度の年会費は無料になっています。なお、2年目以降は税別2,000円の年会費がかかります。


    JALカードTOP&ClubQの使えない点、悪い点

    • 2年目以降は必ず年会費がかかる
    • 一般加盟店での利用時の還元率は高くない

    2年目以降は必ず年会費がかかる
    JALカードTOP&ClubQは初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は税別2,000円の年会費がかかります。年会費が無料になる条件もなく、2年目以降は必ず年会費がかかりますので、クレジットカードの年会費を払いたくない人にとっては使いづらいカードということになります。



    一般加盟店での利用時の還元率は高くない
    また、東急グループ店舗やJALカード特約店以外の利用では200円につき1マイルがたまりますので、還元率にすると0.75%です。当サイトではJALマイル1マイルを1.5円と考えており、JALマイルを1マイルいくらと考えるかで還元率は変わりますが、1マイル2円と考えても還元率1%です。

    還元率1%を超えるカードは年会費永年無料のカードの中にもそこそこありますので、還元率だけを考えると他のカードという選択肢もあるでしょう。


    結論(おすすめできるか)

    結論:JALマイルをためていて東急グループを利用する人におすすめ
    JALカードTOP&ClubQは利用することで直接JALマイルがたまり、東急グループ店舗であればさらにTOKYU POINTがたまり高還元になるカードです。

    PASMOのチャージでもマイルがたまりますので、使い勝手も良く、JALマイルをためている人にはおすすめで、東急をよく利用する人であればぜひ作っておきたいレベルのスペックのカードといえるでしょう。

    年会費がかかるカードですので、JALカードTOP&ClubQを作ったらメインカードとしてなるべく多くの場所で利用するのが良いでしょう。

    >>JALカードTOP&ClubQを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ