JCBセントラルリーグオフィシャルカードの特徴と還元率

公開日:2015年11月2日

jcb-central
JCBセントラルリーグオフィシャルカードの特徴や特典などをもとにメリット、デメリットをまとめて紹介しています。

JCBセントラルリーグオフィシャルカードはその名の通り、プロ野球のセリーグファン向けに作られたカードですので、野球ファンの中でもセリーグのチームのファンにおすすめのカードです。カードデザインが素敵ですが、その他にどんな特典があるのでしょうか。見ていきましょう。

JCBセントラルリーグオフィシャルカードの主な特徴と評価点

■JCBセントラルリーグオフィシャルカードの評価点

jcb-central
メインカード 5.5/10点
サブカード 7.0/10点


年会費(初年度) 2,000円(税別)
年会費(2年目以降) 2,000円(税別)
還元率 0.5%
特殊な還元
限度額
発行時間 2週間程度
ブランド JCB
電子マネー quickpay


JCBセントラルリーグオフィシャルカードの評価

JCBセントラルリーグオフィシャルカードの使える点、良い点

  • 券面デザインはセリーグ6球団から選べる
  • JCBセ・リーグカードファンフェスタに抽選で招待
  • Okidokiポイントが1,000円利用ごとに1ポイントたまる

券面デザインはセリーグ6球団から選べる
JCBセントラルリーグオフィシャルカードは野球ファンのためにつくられたプロ野球セントラルリーグのオフィシャルカードです。

券面デザインはセントラルリーグ6球団をそれぞれデザインした6種類から選択可能で、自分が好きなチームのデザインのカードを持つことができます。

JCBセ・リーグカードファンフェスタに抽選で招待
その他にも選手との握手会や球場探検など特別なイベントが実施される「JCBセ・リーグカードファンフェスタ」に抽選で招待されたり、各球団選手の直筆サインが抽選でもらえたり、ファン感謝デーに抽選で招待してもらえたりと野球ファンならたまらない特典が多数あります。

Okidokiポイントが1,000円利用ごとに1ポイントたまる
もちろんJCBカードとしての機能もついているので1,000円ごとに1ポイントOkidokiポイントがたまります。


JCBセントラルリーグオフィシャルカードの使えない点、悪い点

  • 年会費がかかる
  • 還元の特典がない

年会費がかかる
JCBセントラルリーグオフィシャルカードは年会費として税別2,000円がかかります。初年度無料でもなく、無料となる利用条件もないので確実に毎年年会費がかかります。

2,000円の年会費は月額にすると負担額は200円弱ですが、年会費を1円も払いたくない人にとってはデメリットといえます。

独自の還元特典がない
また上述した通り、1,000円で1ポイントのokidokiポイントによる還元がありますが、一般的な還元でこのカード特別のお得な還元はありません。

還元率自体も高くないので、クレジットカードでお得を目指すなら高還元クレジットカードを利用していく必要があります。


結論(おすすめできるか)

結論:プロ野球ファンなら入会を検討
JCBセントラルリーグオフィシャルカードは券面デザインがセリーグ球団となっていて、ファン感謝イベントにも招待がある野球ファンに嬉しい特典がついたクレジットカードです。

イベントを考えると、年会費2,000円は決して高くないので、セリーグファンは入会を検討すると良いと思います。

還元率は高くないので、入会する場合もファンカードとして持っておき、実際に利用するのは高還元のクレジットカードを使うのが良いでしょう。

>>JCBセントラルリーグオフィシャルカードを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7



当サイトおすすめのカードローン

モビット
モビットは審査が早く、最短即日で融資を受けることができます。

WEB完結申込で自宅への郵送なしでカードローンを利用でき、最低金利は銀行カードローン並みに低く、利用限度額も最大800万円と大きくなっています。

三井住友銀行グループだから安心で、対応スピード、金利、限度額、サービスなど、これだけメリットの多いカードローンは他になかなかありません。
モビット


サブコンテンツ

このページの先頭へ