Knt!トラベルキャッシュの還元率とメリット、デメリット

公開日:2015年10月23日

knt-cash2
Knt!トラベルキャッシュの特徴やメリット、デメリットについてまとめて紹介しています。

Knt!トラベルキャッシュはスルガ銀行のデビットカードですので、厳密にはクレジットカードというわけではありませんが、買い物に利用できる便利なカードとしては同じですので、サービス内容や特典を見ていきたいと思います。

Knt!トラベルキャッシュの主な特徴と評価点

■Knt!トラベルキャッシュの評価点

knt-cash2
メインカード 6.5/10点
サブカード 6.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率
特殊な還元
限度額
発行時間
ブランド
電子マネー


Knt!トラベルキャッシュの評価

Knt!トラベルキャッシュの使える点、良い点

  • スルガ銀行の口座残高分を海外で利用できるデビットカード
  • VISA加盟店であればキャッシュレスでショッピング可能
  • 年会費、発行手数料無料

スルガ銀行の口座残高分を海外で利用できるデビットカード
Knt!トラベルキャッシュはクレジットカードではなく、スルガ銀行の口座残高分を海外で現地通貨で引き出すことができ、直接ショッピングもできる両替機能とショッピング機能がついた、旅行に便利なデビットカードです。

旅行前にATMに預けておくことで、両替の手間もなく、海外でも安心して使用することができます。口座への入金はスルガ銀行のATMの他、セブン銀行やE-netのATMなどで口座への入金が無料でできます。

VISA加盟店であればキャッシュレスでショッピング可能
VISA加盟店であればキャッシュレスでショッピングもできるのでクレジットカードと同じくらいのお店でショッピングが可能です。

年会費、発行手数料無料
年会費、発行手数料ともに無料で、15歳以上なら審査なしで誰でも発行可能なので学生や信用力に不安のある人でも安心して利用することができます。


Knt!トラベルキャッシュの使えない点、悪い点

  • クレジットカードではない

クレジットカードではない
Knt!トラベルキャッシュはクレジットカードではなくデビットカードですので、口座残高がないと利用することができません。またクレジットカードにあるようなポイント還元のしくみも利用することができません。

あくまで自分の銀行口座の残高を海外でも利用できるだけという点に注意が必要です。


結論(おすすめできるか)

結論:クレジットカードを作れない学生などにおすすめ
Knt!トラベルキャッシュ銀行口座の残高分だけ海外で買い物ができる便利なカードで、海外旅行が多い人は持っておくと便利なカードです。

クレジットカードを使った方が還元を受けたりすることができるのでお得とはいえ、Knt!トラベルキャッシュはクレジットカードを作れない人にとって便利な決済の方法となります。クレジットカードを作るのが難しい学生や若者が海外旅行に行く際に持っておくと便利なカードといえるでしょう。

>>Knt!トラベルキャッシュを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ