L.L.Bean Clubカードセゾンの還元率とおすすめポイント

公開日:2015年10月31日

llbean
L.L.Bean Clubカードセゾンの主な特徴や使える点、少し使いづらい点もまとめて総合的におすすめかどうかを紹介しています。

カード名やデザインからL.L.Beanがお得になるカードだとわかりますが、どのような特典があって、結局作った方が良いカードなのでしょうか。サービスの内容を見ていきましょう。

L.L.Bean Clubカードセゾンの主な特徴と評価点

■L.L.Bean Clubカードセゾンの評価点

llbean
メインカード 5.0/10点
サブカード 5.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.5%
特殊な還元
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド VISAJCB
電子マネー edy


L.L.Bean Clubカードセゾンの評価

L.L.Bean Clubカードセゾンの使える点、良い点

  • L.L.Beanの最新情報がゲットできる
  • 永久不滅ポイントがたまる
  • 年会費永年無料

L.L.Beanの最新情報がゲットできる
L.L.Bean Clubカードセゾンは年会費無料でL.L.Beanの最新情報がゲットできるクレジットカード。L.L.Bean Clubカードセゾンに入会すると、L.L.Bean Clubの新商品やキャンペーン情報をいち早くゲットできます。

永久不滅ポイントがたまる
ショッピングで利用すると、どこで利用しても買い物1000円につき1ポイントの永久不滅ポイントがたまります。たまったポイントは、提携店舗500店舗以上の「永久不滅.com」でL.L.Bean Clubディスカウントクーポンをはじめとした様々な商品と交換が可能です。

年会費永年無料
年会費は永年無料で、ETCカードも同じく年会費無料で発行可能になっています。


L.L.Bean Clubカードセゾンの使えない点、悪い点

  • 還元率アップなどの特典がない
  • 還元率が高くない

還元率アップなどの特典がない
L.L.Bean ClubカードセゾンはL.L.Beanで割引が受けられるわけでも高い還元が受けられるわけでもありません。通常の提携カードであれば還元率が高くなるので、そのお店をよく利用する人は作っておいた方が良いですが、L.L.Bean Clubカードはそのようなメリットがないためカードを作る理由があまりありません。

還元率が高くない
またセゾンカード全般に言えることですが、カード利用によるポイントの還元は1,000円で1ポイント(5円相当)となっており、還元率は0.5%です。

1%を超える還元率のカードが多くあるため、お得さを追及する人にとってはL.L.Bean Clubカードセゾンはあまり意味のないカードといえるでしょう。


結論(おすすめできるか)

結論:デザインが気に入れば持っても良いかも
L.L.Bean ClubカードはL.L.Beanの最新情報がお知らせされるカードで、特にL.L.Beanでお得な還元があるわけでもなく、全体的な還元率も高くないためあまりお得なカードではありません。

年会費永年無料のカードなので、デザインが気に入ったり情報をゲットするために作っても良いですが、あまりおすすめはしません。L.L.Beanファンがコレクションとして作るようなカードといえるでしょう。

>>L.L.Bean Clubカードセゾンを公式サイトから申し込む

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ