ルミネカードの特徴、還元率とメリット、デメリット、活用法

公開日:2015年11月23日

lumine2
ルミネカードの特徴やお得な特典、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

ルミネカードはルミネをよく利用する人がお得なカードで、ルミネを利用する人は持っている人も多いと思います。どんな特典があるのか、またどのように使うのが一番得な活用方法なのかを見ていきたいと思います。

ルミネカードの主な特徴と評価点

■ルミネカードの評価点

lumine2
メインカード 6.5/10点
サブカード 9.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 953円(税別)
還元率 0.64%
特殊な還元 ルミネのお買い物はいつでも5%割引
限度額
発行時間 1週間程度
ブランド VISAMaster-CardJCB
電子マネー Suica


ルミネカードの評価

ルミネカードの使える点、良い点

  • ルミネでのお買い物時に5%-10%割引
  • ルミネ商品券への交換でお得
  • JR東日本での利用、Suicaへのチャージでポイント3倍
  • Suicaへのオートチャージが可能
  • 初年度年会費無料

ルミネでのお買い物時に5%-10%割引
ルミネカードはルミネとビューカード、Suicaが一つになったルミネがお得になるクレジットカードです。

最大の特徴はルミネで利用するといつでも5%割引を受けることができる点です。割引を受けるにはルミネカードで支払いをするだけですので、ルミネ利用者はマストで持っておきたい1枚です。

さらに年に数回はルミネカード保有者向けに10%割引をするキャンペーンを実施していますので、かなりカード会員向けの割引サービスが充実しています。



ルミネ商品券への交換でお得
ルミネカードは割引だけでなくポイントもたまり、ルミネも含む一般加盟店で利用すると1,000円利用で2ポイントのビューサンクスポイントをためることができます。

貯まったポイントはSuicaなどと交換できますが、他のビューカードと異なる点はルミネ商品券と交換が可能な点です。ルミネ商品券は1,250ポイントで4,000円分の商品券と交換できますので、1ポイント約3.2円となり、還元率でいうと0.64%となります。

Suicaへの交換の場合は400ポイントで1,000円分で1ポイント約2.5円となりますので、ルミネ商品券と交換するのが最もお得な交換方法になります。



JR東日本での利用、Suicaへのチャージでポイント3倍
ルミネカードはビューカードでもありますので、JR東日本の乗車券、定期券、回数券の購入、Suicaへのチャージに利用するとポイントが通常の3倍たまります。

1,000円利用ごとに6ポイントがたまりますので、Suicaへの交換に利用すると1ポイント2.5円相当ですので、還元率は1.5%となります。また、ルミネカードを利用しているとビューサンクスポイントを上述したルミネ商品券との交換ができるので、還元率は1.92%まで上がります。

  • Suicaの使える場所、ポイントが貯まるお店やお得な活用法


  • Suicaへのオートチャージが可能
    Suicaへのチャージだけでなく、Suicaのオートチャージを設定することも可能です。オートチャージはSuicaの残高が一定額以下となるとクレジットカードからSuicaへ自動的にチャージをするもので、残高のチェックをする必要がなくなり、残高不足で改札で止められることもなくなります。

    モバイルSuicaであればオートチャージを利用できるクレジットカードはありますが、カード型のSuicaでオートチャージができるのはビューカードのみで、オートチャージができるのは貴重で大きなメリットといえます。

  • 電子マネー内蔵型カードのメリットとオートチャージ
  • Suicaのオートチャージができるクレジットカード

  • 初年度年会費無料
    ルミネカードの年会費は税別953円となっており、初年度は年会費無料になります。

    1,000円程度の年会費は、ルミネで2万円買い物をすると割引額だけで年会費分を取り戻すことができます。

    ルミネをよく利用する人であれば、Suicaチャージによる還元をルミネ商品券で行うことで1.92%の還元を得ることができますので、ルミネを利用する人はぜひ作っておきたいカードです。


    ルミネカードの使えない点、悪い点

    • 2年目以降は必ず年会費がかかる
    • ルミネ、JR東日本以外の利用では還元率が高くない

    2年目以降は必ず年会費がかかる
    ルミネカードは初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は必ず税別953円の年会費がかかります。

    利用金額に応じて年会費が無料になる特典もないので、年会費が無料でないとクレジットカードを作りたくない人は見送った方が良いでしょう。

    ルミネ、JR東日本以外の利用では還元率が高くない
    また、ルミネやJR東日本の利用、Suicaへのチャージ以外は還元率0.64%となり、それほど高いものではありません。一般加盟店での買い物や食事代金の支払いは高還元のクレジットカードを使うのが最も得する方法です。

    また0.64%を実現するためにはルミネ商品券と交換する必要があるので、ルミネをあまり利用しない人だと使いづらくなりますので注意が必要です。

    よくも悪くもルミネをよく利用する人向けのカードで、ルミネでの利用に特化したカードといえます。


    結論(おすすめできるか)

    結論:ルミネ、Suicaチャージ用のサブカードにおすすめ
    ルミネカードはルミネでの利用で常に5%割引を受けることができるお得なカードです。

    ビューカードですのでSuicaへのチャージでもポイントがたまり、Suicaチャージ用や定期券購入用のカードとしても活用することができます。

    ルミネを利用する人であれば、ルミネ商品券への交換でSuicaチャージで1.92%の還元を実現することができます。これは他のビューカードで利用した時よりも高還元になりますので、ルミネを利用する人はSuicaチャージもルミネカードでした方がお得になります。

    ルミネやJR東日本での利用、Suicaチャージ以外の還元率は高くないので、ルミネでの利用やSuicaチャージ用のサブカードとして活用するのが最もお得です。

    >>ルミネカードを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ