Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の特徴、還元とメリット、デメリット

公開日:2015年11月24日
最終更新日: 2016年5月2日

orico-thepoint2
Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のカードの特徴や還元率、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

オリコカードザポイントは2014年6月にオリコカードから発行された割と新しいカードで、ポイント還元率が有利な高還元のクレジットカードとして注目されています。どのような還元があり、どういう人におすすめのカードなのかサービス内容を見ていきましょう。

オリコカードザポイントの主な特徴と評価点

■オリコカードザポイントの評価点

orico-thepoint2
メインカード 8.5/10点
サブカード 9.0/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 1%
特殊な還元 入会後6か月はポイント2倍
限度額 10万円~300万円
発行時間 最短8営業日
ブランド VISAMaster-Card
電子マネー idquickpay


オリコカードザポイントの評価

オリコカードザポイントの使える点、良い点

  • 年会費永年無料
  • どこで利用しても常に1%の高還元率
  • 入会後6か月間は2%のポイント還元
  • オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングが常に2%の還元
  • iDとQUICPayの2種類の電子マネーを搭載
  • 貯まったポイントはリアルタイムで交換可能

どこで利用しても常に1%の高還元率
オリコカードザポイントはポイント還元に特化したクレジットカードで、年会費永年無料でありながらどこで利用しても1%の還元を受けることができるカードです。

いつどこで利用しても100円利用ごとに1ポイントのオリコポイントがたまります。

年会費無料でどこで利用しても1%の還元があるクレジットカードは少なく、年会費無料カードの中ではトップクラスの還元率になります。



入会後6か月間は2%のポイント還元
また入会後6か月間はポイントが2倍となる特典があり、100円につき2ポイントをためることができます。

還元率は2%となりますので、年会費無料のクレジットカードとしては最高の還元率となります。オリコカードザポイントを作ったら半年のうちに高額な買い物をする予定があれば利用してしまった方が良いでしょう。

2%の還元率は全てのクレジットカードの中でもトップクラスですので、半年間は積極的に使っていきたいカードです。



オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングが常に2%の還元
さらにオリコカード会員向けの「オリコモール」経由でネットショッピングをすると、無条件で0.5%の還元率の上乗せがあります。

ショップごとにさらなる還元の上乗せがあり、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングはそれぞれ0.5%の上乗せがありますので、1%の基本ポイント、オリコモール利用による0.5%の還元と合わせると合計2%の還元を受けることができます。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで2%の還元が受けられるカードはほとんどありませんのでネットショッピングをする上では最高峰の還元率といえます。

余談ですが、Amazonで有利にショッピングができることで有名なカードとしてリーダーズカードがありますが、リーダーズカードをジャックスモール経由でAmazon利用した場合の還元率は1.82%ですので、Amazonを利用する上では最も有利なクレジットカードの一つです。

楽天市場、Yahoo!ショッピングでもトップクラスの還元率ですので、ネットショッピングをよくする人にとってはお得でおすすめなカードです。



iDとQUICPayの2種類の電子マネーを搭載
またiDとQUICPayの2種類の電子マネーが一体となっているので、電子マネー払いできるコンビニなどの少額決済の場でも躊躇なく利用することができます。

iDとQUICPayどちらを使ってもポイント付与の対象となりますので、多くの場所で利用してよりポイントをためることができます。

  • iDの使える場所、ポイントが貯まるお店やお得な活用法
  • QUICPayの使える場所、ポイントが貯まるお店やお得な活用法


  • 貯まったポイントはリアルタイムで交換可能
    たまったオリコポイントはTポイントや楽天スーパーポイント、Amazonギフト券など多くのポイントと交換することができ、ポイントによってはリアルタイムで交換することが可能になっていますので便利に利用することができます。

    オリコポイントから交換できるポイントは以下の通りで、最低500ポイントから利用できるのでかなり現金に近い形で便利なポイントとなります。

    ■オリコポイントから交換できるポイント・商品券

    ポイント名 ポイント交換数 交換タイミング
    Amazonギフト券 500P→500円分
    2,000P→2,000円分
    5,000P→5,000円分
    即時
    iTunesギフトコード 500P→500円分
    1,500P→1,500円分
    即時
    LINE ギフトコード 500P→500円分 即時
    nanacoギフト 1,000P→1,000円分 即時
    ファミリーマートお買い物券 500P→500円分 即時
    すかいらーくご優待券 5,000P→5,000円分 即時
    Huluチケット 1,007P→1か月分 即時
    オリコモールクーポン 2,000P→2,000円分 即時
    Tポイント 1,000P→1,000円分 即時
    楽天スーパーポイント 1,000P→1,000円分 1~15日の申込は同月25日頃
    16日~月末の申込は翌月10日頃
    ベルメゾン・ポイント 1,000P→1,000円分 1~15日の申込は同月末日頃
    16日~月末の申込は翌月15日頃
    ニッセンお買い物券 1,000P→1,100円分 毎月末日の申込で翌月20日頃
    ANAマイル 1,000P→600マイル 毎月末日の申込で翌月15日頃
    JALマイル 1,000P→500マイル 1~15日の申込は翌月1日頃
    16日~月末の申込は翌月15日頃
    ドコモポイント 1,000P→1,000P 1~15日の申込は翌月25日頃
    16日~月末の申込は翌々月10日頃
    WALLET ポイント 1,000P→1,000P 1~15日の申込は同月末日頃
    16日~月末の申込は翌月末日頃


    オリコカードザポイントの使えない点、悪い点

    • 付帯保険がついていない
    • 割引特典などはない
    • 電子マネーへのチャージに弱い

    付帯保険がついていない
    オリコカードザポイントはポイント還元に特化したカードなので、旅行傷害保険などの付帯保険がついていません。

    オリコカードザポイントには付帯保険がついていなくても、サブカードとして年会費無料の付帯保険つきカードを作れば良いだけなので、大したデメリットではありませんが、オリコカードザポイントを利用する人で付帯保険が必要な人は楽天カードやYahoo!JAPANカードなど年会費無料で付帯保険付カードを併用すると良いでしょう。

    なお、紛失・盗難保障はついていますので、万が一オリコカードザポイントを紛失や盗難にあって不正利用された場合は60日間であれば返金されるショッピング保険はついていますので安心です。



    割引特典などはない
    また持っているだけで割引の特典なども特にありません。オリコカードザポイントはポイント還元に特化しているクレジットカードですので、こちらもある意味当然ですね。

    割引による特典が豊富なクレジットカードとしては丸井やロイヤルホストで10%割引、カラオケのルーム料金を30%割引など5,000店での優遇を受けることができるエポスカードが有名でお得です。

  • エポスカードの特徴、特典とメリット、デメリット


  • 電子マネーへのチャージに弱い
    またオリコカードザポイントは電子マネーへのチャージには弱く、チャージできない電子マネーがあったり、チャージできてもポイントがたまらない電子マネーもあります。

    モバイルSuicaやSMART ICOCAへのチャージについてはチャージができ、クレジットカードのポイントもたまりますが、楽天Edyはチャージできますがポイントが貯まらず、nanaco、PASMO、WAONについてはチャージ自体ができません。

    ■オリコカードザポイントの電子マネー対応状況

    電子マネー チャージ可否 ポイント付与
    楽天Edy ×
    モバイルSuica
    nanaco × ×
    SMART ICOCA
    PASMO × ×
    WAON × ×

    楽天Edyやnanacoは使っている人が多い電子マネーですので、これらの電子マネーを利用している人であれば、チャージ用にチャージでポイントがたまる楽天Edyは楽天カードやリクルートカード、nanacoはリクルートカードプラスやセブンカードプラスなどをあわせて利用するのが良いでしょう。

  • 楽天カードの還元率やメリット、デメリット
  • リクルートカードの特徴と還元率
  • リクルートカードプラスの還元率、メリット、デメリット
  • セブンカードプラスの特徴、ポイント還元率

  • 結論(おすすめできるか)

    結論:ポイント還元を良くしたい人、ネットショッピングが多い人におすすめ
    オリコカードザポイントは年会費無料でどこで利用してもポイント還元が1%される高還元カードです。

    オリコモールを利用することで、Amazon、楽天、ヤフーショッピングなどの大手ショッピングサイトでは2%の還元率となりますので、ネットショッピングをよくする人に特におすすめのカードです。

    還元率が高く、年会費無料なのでメインカードとしてガンガン使うも良いですし、サブカードとして還元率の高いネットショッピングで利用することもできます。ポイントの使い勝手も良いので、ポイントで高還元を得たい人はまず作っておいた方が良いカードといえます。

    >>オリコカードザポイントを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ