リーダーズカードの特徴、還元率とメリット、デメリット

公開日:2015年11月10日

readers1
リーダーズカードの特徴や還元率、メリット、デメリットをまとめて紹介しています。

リーダーズカードはカード名の通り、本を読む人がお得になる高還元率カードです。人気の秘密やお得な使い方も見ていきましょう。

カードの主な特徴と評価点

■リーダーズカードの評価点

readers1
メインカード 7.5/10点
サブカード 5.5/10点


年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 2,500円(税別)
還元率 1.32%
特殊な還元 amazon限定デポジットの利用で1.32%還元
限度額
発行時間 1-2週間程度
ブランド VISA
電子マネー


リーダーズカードの評価

リーダーズカードの使える点、良い点

  • amazon限定デポジットへの交換で1.32%還元
  • JACCSモールを経由してAmazonを利用するとさらに0.5%還元アップ
  • 最高2,000万円の付帯保険
  • 初年度の年会費無料

amazon限定デポジットへの交換で1.32%還元
リーダーズカードはamazonを利用する人がお得なクレジットカードです。リーダーズカードを利用すると、どこで利用しても月の利用金額1,000円ごとに11ポイントのReader’sCardポイントがたまります。

たまったポイントはクレジットカードの請求額を金額分減らすことができるJデポと、amazon利用分のクレジットカード請求額から差し引くamazon限定デポジットに交換することができます。

Jデポはどこで利用した金額にも使うことができますが、amazon限定デポジットはamazonで利用しないと割り引くことができないので使い勝手は悪いですが、その分還元率が良く、Jデポで1.1%、amazon限定デポジットで1.32%の還元率となります。どこで使ってもポイントが貯まり、使う時にはamazonで使うという形になっており、amazonで買い物をする機会があるという人は1.32%の高還元カードとなります。

JACCSモールを経由してAmazonを利用するとさらに0.5%還元アップ
またJACCSカード会員専用サイトであるJACCSモールを経由してAmazonを利用すると0.5%分のJデポがもらえます。

上述した1.32%のamazon限定デポジットによる還元と両取りすることができますので、合計するとAmazonでの利用は1.82%の還元を受けることができます。

最高2,000万円の付帯保険
さらに最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯し、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯としてカードに付帯しています。

旅行が多い人にとっては嬉しい機能ですので、補償が充実している点もメリットといえます。

初年度年会費は無料
リーダーズカードの初年度年会費は無料になっており、2年目以降は税別2,500円の年会費がかかります。ただし年間の利用金額が50万円以上あると翌年の年会費も無料になります。

年間50万円は月にすると4万円ちょっとですので、月に4万円から5万円くらいの利用をするかどうかが年会費無料となる目安となります。


リーダーズカードの使えない点、悪い点

  • 利用金額によっては年会費がかかる
  • 今後の改悪が心配

利用金額によっては年会費がかかる
リーダーズカードは年間利用金額が50万円以上であれば2年目以降でも年会費が無料となりますが、利用金額が50万円未満だと年会費2,500円の年会費がかかります。

コツコツ還元額を増やしても、年会費がかかってしまうと一気にお得額で不利になってしまいますので、利用金額が少ない人には使いづらいカードとなります。

今後の改悪が心配
リーダーズカードの還元率は2015年12月に大きく改悪がされました。

これまで獲得できるReader’s Card ポイントは1,000円ごとに15Pだったものが1,000円ごとに11Pに改悪されました。これによりAmazon限定デポジット、Jデポに交換するための必要な利用金額が多く必要となり、還元率はAmazon限定デポジットで1.32%、Jデポで1.1%へと大幅に下がりました。

■2015年12月の改悪内容

項目 改定前 改定後
Reader’s Card ポイント 1,000円ごとに15P 1,000円ごとに11P
5,000Pをためるのに必要な利用額 334,000円 455,000円
Amazon限定デポジット
(還元率)
5,000P→6,000円
(1.8%)
5,000P→6,000円
(1.32%)
Jデポ
(還元率)
5,000P→5,000円
(1.5%)
5,000P→5,000円
(1.1%)

約0.4%も還元率が下がるのはかなりの改悪で、改悪がされること自体カードの収支が悪いということですので、今後改悪される可能性もあります。

改悪の可能性があるのはかなりのリスクですので、これからカードを作るのであれば楽天カードやYahooJAPANカード、エクストリームカードなど改悪の可能性が低いカードを作るのが賢明です。

  • 楽天カードの還元率やメリット、デメリット
  • エクストリームカードの還元率やメリット、デメリット
  • Yahoo! JAPANカードの還元率やメリット、デメリット

  • 結論(おすすめできるか)

    結論:改悪によりエクストリームカードやREXカードの方が有利
    リーダーズカードはamazon限定デポジットに交換することで1.32%の還元率を得ることができるカードです。

    1.32%は高還元率ではありますが、以前の1.8%還元から1.32%へ改悪されたことで、1.5%の還元があるエクストリームカードやREXカードの方がお得になりました。

  • エクストリームカードの還元率やメリット、デメリット
  • REX CARDの特徴、還元率

  • いずれもどこで使ってもお得になるカードですので、これからリーダーズカードを作るメリットはほとんどないと言えます。

    >>リーダーズカードを公式サイトから申し込む

    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ