イオン銀行カードローンBIGの内容や審査基準や申込・借入・返済方法

公開日:2016年7月10日

イオンカード big

イオン銀行はカードローンにも力を入れており、イオン銀行のローン商品である「イオン銀行カードローンBIG」は限度額の大きさや金利の低さで人気のカードローンになっています。

主婦の味方のイオングループらしく専業主婦の人でも借入ができるカードローンになっていて、専業主婦の人や無職の人に使いやすくなっています。

イオン銀行カードローンBIGの特徴

イオンカード big

  • 年率3.8%から13.8%の低金利
  • 利用限度額は最大800万円
  • 本人に収入がなくても50万円までは申込可能
  • 借入金額の使い道は原則自由
  • 最短当日で借入可能

イオン銀行カードローンBIGは業界最低水準の金利限度額の大きさが特徴的なカードローンです。

イオン銀行に口座を持っている人なら最短当日で借入をすることができ、本人に収入がなくても50万円までは申込ができるので専業主婦の人でも利用ができます。

金利は年率3.8%から13.8%となっており業界最低水準となっています。利用限度額は最大800万円です。

借入金には年3.8%から13.8%となっており、他社と比較してもかなり低い業界最低水準の低金利です。

10万円を最高金利の13.8%で1ヶ月借りた場合、利息は1,172円となり、短期間の借入であれば利息を気にせず利用することができます

利用限度額は最大800万円となっており、借入金額の使い道も原則自由になっており、自動車の購入や日常生活日、教育資金等など自由に使うことができます。(事業用資金は不可)

イオン銀行カードローンBIGは配偶者に安定的な収入があれば、本人の収入がなくても利用できる点も魅力です。

つまり、専業主婦の人でも申込することができます。

本人に収入がない場合は限度額が最大50万円となりますが、無職となる専業主婦の人でも借入ができる点は非常に魅力的ですね。


イオン銀行カードローンの申込条件

イオン銀行カードローンBIGの申込条件は以下の通りです

  • イオン銀行に口座を持っている
  • 満20歳以上から65歳未満
  • 国内に居住している
  • 本人または配偶者に安定収入がある人
  • 保証会社であるイオンクレジットサービスの保証を受けられる人

銀行が提供するカードローンのサービスなので、イオン銀行の口座開設が必須になっています。

既にイオン銀行の口座を持っていれば当日に申込をすることができ、手続きや審査が簡略化されるため、最短即日で融資が受けられます

これからイオン銀行口座を申し込む人はイオン銀行カードローンBIGに申し込む際に銀行口座の申込も同時にすることになります。


イオン「銀行」のカードローンは総量規制の対象外

イオン銀行カードローンBIGは銀行のカードローンとなりますので、総量規制の対象外となります。

総量規制とは、一人の人が会社をまたいで借りられるお金の総額(総量)を定めた規制のことです。

アコムやプロミスなど消費者金融からの借入は現在総量規制によって年収の3分の1を超える借入はできなくなっています。

総量規制の対象になってしまう人でも借入をすることができる点でイオン銀行カードローンBIGは使いやすいです。

また・・・

イオン銀行カードローンは低金利で限度額は高いのが特徴なので、他社で借入をしている場合にもイオン銀行に一本化することでより低金利で借り換えができる可能性も高くなっています。あわせて検討されると良いですね。


イオン銀行カードローンBIGの申込方法

イオンカード big

イオン銀行カードローンBIGはパソコンや携帯電話を使ってネットから24時間申込することができます。

イオン銀行の口座を持っていない場合は、審査申込時に確認書類を提出します。

融資限度額300万円以内なら収入証明書類の提出は不要になっています。

イオン銀行の口座を持っていれば申込フォームに必要事項を気にするだけで最短即日審査結果が通知されてローンカードが発行されます。

ローンカードが手元に届く前でも審査に通過すれば振込用紙(ネットキャッシング)ができるので当日中に借入が可能です。


イオン銀行カードローンBIGの借入方法と返済方法

借入方法

  • ネットキャッシング
  • 現金キャッシング

イオン銀行カードローンの借入方法は2つあり、振込による借入(ネットキャッシング)とATMからの出金(現金キャッシング)があります。

振込による借入はパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使ってネットから借入の申込をすることで、銀行口座に融資金額を振り込んでもらい借りる方法です。

振込先の銀行口座は、イオン銀行の口座以外の他の銀行の口座も指定することができます。

ATMからの出金はローンカードイオンカードセレクトを使ってATMから直接現金を引き出す借りる方法です。

イオン銀行カードローンBIGが利用できるATMは以下の通りです。

  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • イーネットATM (ファミリーマートなど)
  • ローソンATM

主要なATMとしてはセブン銀行ATMが利用できません。

セブンとイオンライバル関係にある企業なのでサービスの相性が悪いですが、ここでもセブン銀行ATMのみ利用できないんですね。

この点はイオン銀行カードローンBIGのデメリットといえます。

なお、イオン銀行ATMは24時間手数料無料で利用することができます。

みずほ銀行ATMやゆうちょ銀行ATM、三菱東京UFJ銀行ATMは平日の昼の時間であれば手数料無料で利用できます。

その他のATMは借入返済ともに税抜100円または200円のATM手数料がかかります。


返済方法

イオン銀行カードローンBIGの返済方法は以下の3種類があります。

  • 銀行口座からの引き落とし
  • 返済用口座への振込
  • ATMへの入金

この辺りは一般的なカードローンの返済方法と同じです。

なお返済日は毎月7日になっており、自動引き落としを選択していると毎月7日に引き落としがされます。

振込による返済は返済用口座がイオン銀行の口座になっているため、イオン銀行から返済する場合は振込手数料無料になります。

ATMでの返済は借入方法と同じく現金を直接ATM入金することで返済を行います。

なおイオン銀行カードローンBIGの返済方法は残高スライド方式をとっており、借入残高に応じて月々の返済額が変わります。

利用残高が10万円以下なら月々の返済額は3,000円、50万円以下なら月々1万円を返済することになります。

なおこれらの金額は最低金額ですので増額して返済することもできます。

毎月の最低返済額が少なめに設定されている点はイオン銀行カードローンBIGのメリットといえます。


まとめ

イオン銀行のカードローンBIGのサービス内容を見てきました。

カードローンは借金になりますので利用は計画的にする必要がありますが、もしもの時に低金利で利用金額も多めに借入ができるイオン銀行カードローンBIGは便利ですね。

カードローンを検討する際には有力な候補といえます。

ローンを組むにはイオン銀行の口座が必要になりますので、すぐにローンを組みたい人はもちろん、今すぐに申し込むわけではない人もイオン銀行に口座を持っておくことをおすすめします。

ローンを組む前にあらかじめイオン銀行に口座を作る人が少ないかもしれませんが、即日に融資を受けることができるのでイオン銀行の口座は持っておくと便利です。口座を作るだけなら無料ですし。
イオンカード big

なお、イオン銀行の口座開設はイオンカードセレクトと一緒に申し込むとお得な特典が多数ありおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ