イオンカードの利用限度額引き上げの方法と審査基準

公開日:2016年8月29日

イオンカード 限度額引き上げ

イオンカードは年会費無料で主婦の人でも作れるクレジットカードなので、持っている人も多い人気のクレジットカードです。

クレジットカードは利用可能限度額が決まっていて、その範囲内でショッピング利用することになりますが、引き上げたいときにはどうしたらよいでしょうか。

本ページでは、イオンカードの限度額引き上げ方法について見ていきたいと思います。

イオンカードの利用限度額の引き上げ方法

イオンカード 限度額引き上げ

  • 利用限度額の引き上げは恒久的なものと一時的なものがある
  • 一時的な引き上げの方が審査は通りやすい

まず、利用限度額の引き上げには一般的に「恒久的」な利用限度額の引き上げと、「一時的」な利用金額の引き上げの2種類があります。

恒久的な利用限度額の引き上げがされると、毎月のクレジットカード利用金額が「ずっと」今よりも10万円とか20万円とか増えることになります。

一方で一時的な利用限度額の引き上げは、海外旅行や年末年始など一時的にお金が必要なった場合にその時だけ利用限度額を引き上げる方法です。

この場合、通常は1ヵ月とか期間限定でクレジットカードの利用限度額が引き上げられ、その後は元に戻ります。

イオンカードの場合も恒久的な引き上げと一時的な引き上げの2種類があり、それぞれに審査があります。

審査は恒久的な利用限度額の引き上げの方が厳しく、一時的な利用限度額の引き上げの審査は比較的易しくなっています。


一時的な利用限度額の引き上げ方法

イオンカード 限度額引き上げ

イオンカードの利用限度額の一時的な引き上げは、コールセンターに相談することで審査してくれます。

限度額を引き上げたい理由が一時的な支出の増加によるもので、急いでいる場合などはコールセンターに連絡してみることをおすすめします。


恒久的な利用限度額の引き上げ方法

恒久的に利用限度額の引き上げ方法はいくつかあります。

  • マイページから申し込み
  • 店舗に設置の変更届から申し込み
  • コールセンターに電話して申し込み
  • 利用実績を積み上げることで引き上げ
  • ゴールドカード等利用限度額の高いカード

イオンカード 限度額引き上げ

恒久的な利用限度額の引き上げの方法は、主に自分から限度額の引き上げ申請をする方法と、イオンカード側から利用限度額の引き上げやその提案がされる場合があります。

自分から申請する場合はイオンカードの会員専用サイトの「暮らしのマネーサイト」のMypageから申し込む、あるいは店舗に設置されている変更届から申し込む、またはコールセンターに電話をして申請する方法があります。

いずれの申請方法でも審査があり、1週間から2週間程度で郵送によって審査の結果を知らせてくれます。

審査の結果、限度額の引き上げが認められると、ショッピング枠とキャッシングの利用可能枠が審査結果に応じて変更されます。

イオンカード 限度額引き上げ

また毎月の支払いを遅滞なく行っていると限度額が自動的に上がっていきます。

カードの利用実績に応じて限度額は勝手に上がっていきますので、時間をかけても良い場合は1年2年位をかけてイオンカードを使うことで限度額を引き上げることができます。

イオンカード 限度額引き上げ

またゴールドカードなど利用限度額の高いカードを作ることで限度額が引き上げられることもあります。

イオンゴールドカードは年会費無料で切り替えることができますので、積極的に狙っていきたいカードです。

イオンカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトなど提携カードでない、いわゆるプロパーのイオンカードであれば利用実績に応じてゴールドカードのインビテーションが届きます。

プロパカードを使っている人はゴールドカードのインビテーションを狙っていきましょう。


イオンカード2枚持ちしたときの利用限度額の考え方

なお、イオンカードは別の種類のものであれば2枚持ちをすることができます。

イオンカードを2枚持ちすることでイオンカードの特典を二重で受け取ることができたりいろいろとメリットが多いです。

2枚持ちすれば限度額も倍になるのではと考える人もいると思いますが、イオンカードを2枚持ちしたときの利用限度額は、持っているカードの「最も高い限度額のカード」の利用限度額の範囲内で利用することができます。

例えば、イオンカードセレクトとコスモザカードオーパスの2枚持ちをしていて、イオンカードセレクトの限度額が50万円、コスモザカードオーパスの限度額が30万円だった場合、その人は2枚合わせて50万円までを利用限度額として利用することができます。

2枚持ってるから50+30で80万円になるわけでもなく、高い方のカードの枠の中でショッピングをすることになります。

ですのでカードを新たに作ったからといって利用限度額が増えるということではありません。

ただしカードを新たに作る際にはその都度審査がされて利用限度額が決定されていますので、新しくカードを作ったら昔より属性が良くなっていて利用限度額が高く設定される場合もあります。

勤続年数や収入等が増えていると限度額も上がりますからね。

ですので、新たにイオンカード作ったら結果的に利用限度額が上がるという場合もあります。


まとめ

イオンカードの限度額の引き上げ方法を見てきました。

限度額の引き上げ方法をまとめると以下のようになります。

  • 限度額は申請して審査を通れば上げられる
  • 利用実績に応じて自動的に上がることもある
  • 一時的に限度額を引き上げることもできる

一時的な引き上げであれば比較的簡単に審査が通ると思いますので、一度コールセンターに相談してみるといいと思います。

恒久的な引き上げが必要な場合は利用実績を積んでいくことが1番の近道ではありますが、新しいカードを作ることで限度額の引き上げがされる場合もあります。

限度額の自動的な引き上げが行われていないという事は増額申請をしても審査が通らない可能性もありますので、一時的に限度額を上げつつ利用実績を積んでいくというのが王道ではあります。

ぜひ、ご自分の状況に合わせて検討されてみてください。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ