イオンネットスーパーのメリットとイオンカードを使ってお得に利用する方法

公開日:2016年7月28日

イオンカード ネットスーパー

ネットで注文すると家まで届けてくれるネットスーパーは、便利さから利用者が急速に増えているサービスです。

スーパーマーケット最大手のイオンでもイオンネットスーパーがありますので、イオンネットスーパーのメリットやイオンカードを使ってお得に利用する方法を紹介したいと思います。

イオンネットスーパーのメリット

イオンカード ネットスーパー

365日24時間いつでもネットから注文可能

イオンネットスーパーのメリットは何といっても365日24時間いつでもネットでイオンのスーパーと同じものが買い物できるお店です。

わざわざお店に行く必要もないですし、レジで並んだり雨の日に濡れながら買物に行ったり、暑い中重い物を持って家に帰る必要もありません。

この点は、イオンに限らずネットスーパー全体のメリットといえます。

また、イオンネットスーパーは食料品から日用品まで3万点以上の取り扱いがあるので、かなり豊富な商品から選ぶことができます。


最短3時間で届けてくれて送料無料にもなる

イオンカード ネットスーパー

イオンのネットスーパーはPCやスマホから注文が可能で、5,000円以上の買い物で配送料が無料になります。

配送は最短3時間で届けてくれるので、前日の夜に注文しても翌日の昼間ぐらいには届くように注文することができます。

地域や店舗によっても異なり、混み具合によっても違いますので、注文は早めにするに越したことありませんが、これぐらいのスピード感で届けてくれるのは嬉しいですね。


イオンネットスーパーを送料無料で利用する方法

イオンカード ネットスーパー

送料有料で頼むのはもったいないので、基本は送料が無料となる5,000円以上の買い物をすることになります。

家庭によっては5,000円以上買い物するのはちょっと厳しいという人もいるかもしれません。

そのような場合、私はビールや水などの重い物やケース類をネットスーパーで頼むようにしています。

水やビールを頼むとまず間違いなく5,000円は超えます。

洗剤やトイレットペーパーなど日用品も売っていますので、これらのものをうまく買って、無駄遣いせずに5,000円以上注文をして送料無料を目指しています。


イオンネットスーパーの注意点

  • お客様感謝デーの5%割引の対象外
  • ポイント付与の基準は注文日ではなく配送日
  • おうちでイオンイオンショップもありわかりづらい
  • 賞味期限を選ぶことはできない
  • 惣菜の種類が少ない

イオンネットスーパーは便利なサービスですが、いくつか注意点もあります。

イオンネットスーパーの注意点を順に見ていきます。


お客様感謝デーの5%割引の対象外

イオンカード ネットスーパー

最大の注意点は、イオンネットスーパーはお客様感謝デーの対象外である点です。

イオンといえば、20日30日に5%割引を受けられる「お客様感謝デー」が有名ですが、マックスバリュ、ビブレやダイエーなどイオン系の店舗はほぼすべて対象となっていますが、イオンネットスーパーはお客様感謝デーの対象外です。

イオンを使っている人はお客様感謝デーにまとめ買いしている人も多く、20日30日はとても混みます。

そのため、お客様感謝デーにネットスーパーで買物ができると非常に便利でお得だと思ったのですが、対象外なのは痛いです。お得を求める人は混んでいても20日30日にまとめ買いをする必要があります。

後述しますが、イオンネットスーパーでも実質5%引きで買物をする方法がありますが、お客様感謝デーの対象ではない点は理解しておく必要があります。


ポイント付与の基準は注文日ではなく配送日

またポイント付与の基準が注文日ではなく配送日となる点も注意が必要です。

イオンネットスーパーはイオンカードで支払を行う場合、200円ごとに1ポイントのときめきポイントが付与されます。

毎月5のつく日はときめきポイントが2倍で200円で2ポイントとなります。

5のつく日ということで、5日15日25日はポイントが2倍になるのですが、注意したいのが2倍になるのは注文日ではなく配送日となる点です。

つまり5日に注文しても配送日が6日であればポイント2倍の対象にはなりません。

そのため5日の深夜などに注文しても、ポイントが2倍にならない可能性が高いので要注意です。


おうちでイオンイオンショップもありわかりづらい

イオンカード ネットスーパー

またイオンのネットショッピングには、イオンネットスーパーのほかにおうちでイオンイオンショップがあります。

おうちでイオンイオンショップは、ネットショッピングのサイトですので、ネットスーパーとは違います。

ネットスーパーは登録住所を元に担当の店舗が割り振られ、商品は担当の店舗から配送されます。

イオンショップの場合は通常のネットショップと同じように、日本全国どこから注文しても一つの場所から配送がされます。ネットショップとイオンショップは発送元も違い、完全に別のサービスとなる点は理解しておく必要があります。

このようなサービスの違いには注意しないといけません。

またサイトが結構わかりづらく、2つのサイトを混同してしまうこともあります。

「トップバリューの商品しかないじゃん」とがっかりしても、実はイオンショップを見ていることもあります。

イオンのネットショッピングには「イオンショップ」と「ネットスーパー」の2種類があると理解して、ネットスーパーが使いたい人はイオンネットスーパーのサイトを見ているかどうかを確認しましょう。

かなりややこしいですよね。


賞味期限を選ぶことはできない

また細かい点ですが、ネットスーパーを利用した時に購入する商品の賞味期限は選べません。

通常、店舗で買物をすると賞味期限が異なる商品が複数あり、多くの人が賞味期限の遠い商品を選んでいると思います。

ネットスーパーを利用する場合、そのような賞味期限の遠い商品を選択することはできません。

イオンの店員さんを疑うわけでは無いのですが、賞味期限が近いものから出荷しているんじゃないかと思いますので、その点は店舗で買った方が新鮮な食材を買える可能性はあります。


惣菜の種類が少ない

またイオンネットスーパーで購入できるお惣菜は、実際の店舗で買う場合よりぐっと少なくなりますので注意が必要です。

なぜ実店舗とネットスーパーの惣菜の種類に差があるのかは謎ですが、おそらく管理が難しかったり配送に耐えられない商品などが多いのでしょう。


イオンネットスーパーでお得に買い物する方法

イオンカードで還元率が2倍

イオンカード ネットスーパー

イオンネットスーパーでは、2016年6月からイオンカードで支払いをするといつでもときめきポイントが2倍になるようになりました。

イオンカードは通常200円ごとに1ポイントのときめきポイントがたまりますが、イオンネットスーパーの支払に使うと200円ごとに2ポイントのポイントがたまります。

還元率にすると1%ですので、イオンカードで支払うと実質1%引きで買物ができることになります。

イオンの店頭での支払いと同じように、イオンカードならネットスーパーでもお得に買い物ができます。


WAON払いもできる

イオンカード ネットスーパー

イオンネットスーパーではWAON払いも可能になっています。

ウェブ上の決済選択画面で「玄関先WAON払い」を選択することで、商品を受け取る際に係りの人がWAONの端末を持ってきてくれますので、そこでWAON決済をすることができます。

WAONで支払をすると200円ごとに1ポイントのWAONポイントがたまります。

200円ごとに2ポイントがたまるクレジット払いと比べると、WAON払いよりクレジットカード払いの方がお得に見えますが、WAONにはクレジットカードからチャージをしてチャージ時にポイントがたまるカードがあります。

そちらを使うと「チャージ時」と「WAON利用時」でポイントを二重取りすることができます。

これらをうまく使うことで、WAON払いをすると還元率は2%まで上げることができます。


WAONチャージがお得なイオンカードセレクト

イオンカード ネットスーパー

WAONにチャージをしてポイントをためることができるのは唯一イオンカードセレクトだけです。

他のイオンカードでは、WAONへのチャージ時にポイントはたまりませんので注意が必要です。

さらにイオンカードセレクトは、「5のつく日」にオートチャージをするとポイントが2倍になる特典があり、この特典を利用すると最大で200円で3ポイントポイントをもらうことができます。

還元率にすると1.5%です。チャージ時の1.5%とWAON利用時の0.5%の還元で、WAON払いで合計2%の還元率を得ることができます。

2%引きで買い物ができるのと同じで、イオンネットスーパーで最もお得な支払方法となりますので、ネットスーパーはイオンカードセレクト+WAON払いで利用しましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


イオンオーナーズカードを利用してさらにお得に

イオンカード ネットスーパー

またイオンの株主優待でもらえるイオンオーナーズカードは、イオンでの利用金額の3%のキャッシュバックを受けることができます。

「イオンでの利用」にはイオンネットスーパーも含まれますので、イオンネットスーパー利用時にイオンオーナーズカードを提示するとさらにお得を大きくすることができます。

WAON払いと合わせると、約5%もお得に買い物できることになります。

毎日がお客様感謝デーになるようなものですので、かなりお得です。

イオンネットスーパーをお得に利用したい人はぜひ試してみてください。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


まとめ

イオンネットスーパーのメリットやデメリット、お得に買物をする方法を見てきました。

  • イオンネットスーパーは365日24時間イオンで買物ができて自宅まで届けてくれる
  • お客様感謝デーは対象外
  • イオンカードセレクトからWAONにチャージするのがお得に買物するポイント

イオンネットスーパーは365日24時間いつでもどこでもイオンで買物ができて、買ったものを自宅まで届けてくれる便利なサービスです。

お客様感謝デーの対象にならないなど注意点はありますが、忙しい人や重いものを運びたくない人などには大変便利で、一度利用するとやめられなくなります。

イオンネットスーパーをお得に利用するにはイオンカードセレクトからWAONにチャージをして、チャージ時とWAON利用時でポイントの2重取りができます。

イオンオーナーズカードも組み合わせれば5%もお得になり、毎日がお客様感謝デーのようになりますので、イオンカードセレクトとイオンオーナーズカードを積極的に使って、便利でお得にイオンネットスーパーを利用していきましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ