イオンオーナーズカード(株主優待)の入手方法と返金率、対象

公開日:2016年5月20日

イオン オーナーズカード

イオンの株を100株以上持っているとオーナーズカードという株主優待のカードをもらうことができます。

オーナーズカードを持っていると、お買い物金額の3%から7%のキャッシュバックを受けることができますのでお得です。

本ページではイオンのオーナーズカードの割引が1番お得に活用する方法を紹介したいと思います。

オーナーズカードとは

イオン オーナーズカード

オーナーズカードはイオンの株を100株以上持っている場合にもらえる株主優待です。

買い物をした時にレジで提示をすることで買物金額の一部が返金されます。

返金率は保有株数によって異なり3%から7%となっています。

■保有株数ごとの返金率

保有株数 返金率 最低取得費用
(2016/5/20終値)
100-499株 3% 167,100円
500-999株 4% 835,500円
1,000-2,999株 5% 1,671,000円
3,000株以上 7% 5,013,000円

できれば最高の7%を目指したいですが、7%の返金率を得るには500万円以上の資金が必要になりますので、現実的には最低株数の100株(約16万円)で3%の返金率を得るのがおすすめです。(以降、返金率は3%として記載します。)

返金は3月1日から8月末までの利用分は10月に、9月1日から2月末までの利用分は4月にオーナーズカードご利用明細書と株主ご優待返金引換証が送られてきます。

優待返金引換証とカードを店舗に持参することで返金をしてもらえます。

返金金額の対象買物金額は半年で100万円が上限となっており、株主1人あたり1人分の家族カードも配布され、本人カードと家族カードの合計買物金額が自動的に合算されて返金金額が計算されます。

ということで返金率が3%の場合、返金額は最大で3万円となります。

自動的に返金がされないのが結構面倒ですが、買い物金額の3%が戻ってくるのはかなり大きいので、イオンをよく利用している人はぜひ活用したい優待です。


お客様感謝デーの割引と併用できる

イオン オーナーズカード

オーナーズカードを使って最もうまみがあるのがお客様感謝デーとの併用です。

オーナーズカードの返金は20日30日のお客様感謝デーの5%割引と併用できます。

そのため20日30日のお客様感謝デーで5%割引がされ、割引後の金額からさらに3%が返金されます。

合計すると、約8%もお得に買い物ができるのでとてもお得ですね。(厳密には5%割引された後の支払い額の3%が返金されるので8%をやや下回ります。)

数あるイオンの割引の中でも、お客様感謝デーとオーナーズカードを組み合わせた割引はかなりお得です。

衣料品や暮らしの品が5%から10%割引になるサンキューパスポートもありますが、お客様感謝デーとオーナーズカードの併用は食料品も対象になっています。

割引範囲が広いので、普段の食料品をイオンで買っている人はぜひ活用したいですね。

サンキューパスポートとも併用が可能なので、衣料品をお得に買いたい人はサンキューパスポートと併用するのも良いですね。


オーナーズカードの対象店舗

オーナーズカードを提示してキャッシュバック受けることができる対象の店舗は以下の通りです。

  • イオンスーパー
  • ダイエー
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • ザ・ビッグ
  • ボンベルタ
  • アコレ
  • R.O.U
  • アスビー(現金払いのみ)
  • 未来屋書店(現金払いのみ)
  • イオンボディ(現金払いのみ)
  • おうちでイオン「イオンネットスーパー」
  • おうちでイオン「イオンショップ」
  • ダイエーネットスーパー

実店舗だけではなく、オーナーズカードの情報を事前に登録することでネットスーパーやネットショッピングもキャッシュバック対象になります。

私はネットスーパーで水など重いものをよく買っているのでネットスーパーも対象になるの嬉しいですね。

イオンのネットショップである

「おうちでイオン イオンネットスーパー」
「おうちでイオン イオンショップ」

両方のショップでオーナーズカードのキャッシュバックを受けられます。


オーナーズカードの割引を最大にする方法

イオン オーナーズカード

オーナーズカードの割引を最大限活用するには、上述したお客様感謝デーの5%割引を活用するほかに、イオンカードセレクトを併用するのがおすすめです。

aeonbank15

イオンカードセレクトはクレジットカード(イオンカード)とWAON、イオン銀行のキャッシュカードが一つになったカードです。


イオンカードセレクトからWAONにチャージをしてWAON払いをすることで、「WAON利用によるWAONポイント」と「WAONチャージした際のクレジットカードのポイント」を両取りすることができます。

いわゆるポイントの二重取りができる唯一のイオンカードです。

WAON利用によるWAONポイントの還元は200円利用ごとに1ポイントですので、0.5%の還元です。

イオンカードセレクトからWAONへのチャージは通常は200円ごとに1ポイントの0.5%還元ですが、条件によっては1.5%まで還元率が上がります。

イオンカードセレクトの還元はオーナーズカード、お客様感謝デーの5%割引と併用が可能なので、

オーナーズカード   :3%返金
お客様感謝デー    :5%割引
WAONポイントの還元  :0.5%還元
チャージのポイント還元:0.5-1.5%還元

合計:9%から10%

となります。

お客様感謝デーを利用するので、20日30日限定にはなりますが、イオンでほとんどのものが10%割引になるというのは大きいですね。

イオンでお得に買物をしたい人はぜひオーナーズカードとイオンカードセレクトを活用しましょう。


まとめ

以上がオーナーズカードの特典内容と活用方法です。

基本的には買い物前に提示することでいつでも3%の返金を受けることができますのでかなり使えるカードです。

実際に人気の株主優待でもあります。

ただし・・

株主優待ということで株を買わないとオーナーズカードもらう事はできません。

またオーナーズカードずっと使うつもりならイオンの株を持ち続けないといけません。

株を持つ以上株価が上がったり下がったりすることで得したり損をすることがあります。

また万が一イオンが倒産した場合は株は紙切れになってしまいます。

このようにある程度のリスクはありますが、お得なサービスではありますので、リスクを理解した上でオーナーズカードを手に入れてイオンをお得に使い倒しましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ