主なイオンカードのサービス内容の比較、プロパーカードと提携カードの違い

公開日:2016年6月2日

公共料金

イオンカードはいくつも種類がありますので、何を選んだら良いか、またカードごとにどのような違いがあるのかわかりづらい人も多いと思います。

そこで主なイオンカードの機能の比較をしていきたいと思います。

プロパーカードと提携カードの違いを比較

  • イオンカードには大きくプロパーカードと提携カードがある
  • プロパーカードはゴールドカードを目指すことができる
  • 提携カードは独自の還元、割引の特典がある

イオンカードにはイオンカード単独で発行しているいわゆるプロパーカードというカードと、イオンカードが別の会社と提携をして発行している提携カードがあります。

プロパーカードはイオンカード、イオンカードセレクト、イオンカード(WAON一体型)などがあります。

提携カードにはコスモザカードオーパス、イオン首都高カード、イオンベネッセカードなどがあり、それぞれのカードにはそのカード特有の割引や特典などがあります。

一方で、プロパーカードは実績を積むことでゴールドカードへ切り替えることができるなどそれぞれの特徴があります。

■プロパーカードと提携カードの比較、違い

プロパーカード 提携カード
主なカード イオンカード
イオンカード(WAON一体型)
イオンカードセレクト
イオンSuicaカード
イオンJMBカード
イオンE-NEXCOpassカード
イオン首都高カード
コスモ ザ カード オーパス
ベネッセイオンカード
発行会社 イオンクレジット イオンクレジット、提携会社
ゴールドカード ×
入会金、年会費 無料 無料
イオンカード共通の特典
ETC
お得な特典 イオンカードセレクトのみWAONへのチャージでポイントがたまる 提携カードごとにお得な特典や便利な機能がある

一方でお客様感謝デーの5%割引やイオンシネマでいつでも300円割引を受けられるなどの共通の特典もあります。

■イオンカードの共通の特典

  • 毎月20日30日は5%割引
  • 200円の利用ごとに1ポイントがたまる
  • 毎月5のつく日はときめきポイント、WAONポイント2倍
  • 毎月10日はときめきポイント2倍
  • ときめきポイントクラブの優待加盟店でカードを利用すると、ポイント2~3倍
  • ポイント最大21倍がたまる会員限定ネットモール「ときめきポイントTOWN」
  • ショッピングセーフティ保険が付帯
  • カード盗難保障
  • イオンシネマで300円割引
  • イオンコンパスで国内・海外パックツアーが3~6%OFF
  • ETC専用カードを入会金・年会費無料で追加発行可能

また、年会費はすべてのカードが無料になっており入会金も必要ありません。

サンキューパスポートやバースデーパスポートなどのお得な特典はどのカードでも受けることができます。

どのカードもイオンを利用する上で必須と思われる特典が共通に受けられるので、自分がよく利用するお店やサービスなどの割引を受けたい場合は提携カード、その他の場合は貴重な無料のゴールドカードのインビテーション(招待)を受けることができるプロパーカードを利用するのが良いでしょう。

なお、イオンカードは2枚持ちができるのでどのカードが迷ったら2枚作るというのも選択肢の1つになりますね。


プロパーカードの比較

aeoncard3

プロパーカードにはイオンカードイオンカードセレクト、イオンカード(WAON一体型)があります。

イオンカードはクレジットカード機能のみの最もスタンダードのカードで、イオンカード(WAON一体型)はクレジットカードに電子マネーのWAONを一体化させたカードです。

イオンカードセレクトはクレジットカード、電子マネーに加えてイオン銀行キャッシュカードの機能を加えたカードです。

■イオンカードのプロパーカードの比較

イオンカード イオンカード
(WAON一体型)
イオンカードセレクト
クレジットカード機能
WAON
WAONへのチャージ
(WAONカードが必要)
WAONへのチャージでポイント
イオン銀行キャッシュカード

公共料金

イオンカードセレクトはWAONへのクレジットカードのチャージで唯一ポイントが貯まるクレジットカードです。

これによりクレジットカードのポイントと電子マネーのWAONポイントの2つのポイントを得ることができ、ポイントの二重取りをすることができるカードです。

このほかにもイオン銀行の金利が優遇されたり、振込手数料やATM手数料がお得になるなど、さまざまな特典があり最もお得なイオンカードです。

1番人気のカードですのでプロパーカードで迷ったらイオンカードセレクトを作るのがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


提携カードの比較

イオンカードの提携カードには各カードごとに特有の特典や割引があります。

それぞれのカードの特典内容は以下の通りです。

カード名 特徴
イオンSuicaカード
aeon-suicacard
イオンカードに電子マネーのSuicaの機能が搭載。
ときめきポイントからSuicaへの交換も可能。

イオンJMBカード
aeon-jmbcard2
JMB(JALマイレージバンク)とイオンカードが一体になったカード。
カード利用でJALマイルが直接たまる。
WAONへのクレジットカードチャージでもJALマイルがたまる。

イオンE-NEXCOpassカード
aeon-enexcocard2
ときめきポイントをE-NEXCOポイントに通常の2割増(1,000P→1,200P)で交換可能。(E-NEXCOポイントは高速道路の料金支払に使える)
NEXCO東日本エリアのPAでの利用でポイント2倍

イオン首都高カード
aeon-syutokoucard
首都高の通行料金の割引がある
首都高のPAで利用するとポイント5倍

イオンTHRUWAYカード
aeon-thruwaycard
阪神高速道路の優待割引やポイントサービスが受けられる。

ベネッセイオンカード
aeon-bennese
ベネッセ商品を購入した際にときめきポイントとベネッセポイントがダブルでたまる。

ワタミふれあいカード
watami2
ワタミグループの店舗で常に5%割引。
新規入会時とお誕生日月に1,000円分の共通お食事券がもらえる。

KASUMIカード
kasumi
KASUMIで割引を受けたり、ポイントを付与の優待サービスが受けられる

三菱商事石油イオンカード
aeon-mitsubishi2
スリーダイヤSSの支払でときめきポイントが2倍。

コスモ ザ カード オーパス
aeon-cosmocard
コスモSSのガソリンや灯油の給油が会員価格で購入可能。(大体2円~6円)

中でもお得度が高く、利便性が高いのがイオンカードJMBとイオンE-NEXCOpassカードです。

aeon-jmbcard2

イオンカードJMBはJALマイルが貯まるクレジットカードですし、電子マネーのWAONへのチャージでもマイルが貯まるお得なカードです。

JALマイルを貯めている人であればイオンでの買い物でもマイルを貯めることができるので人気カードです。

イオンJMBカードの詳細を見てみる

イオンカード ETC

イオンE-NEXCOpassカードはときめきポイントからE-NEXCOポイントに20%上乗せして交換することができるカードです。

他の交換先よりも有利ですのでシンプルに還元率が20%上がります。

また複数枚イオンカードを持っている場合でも、同じ名義であればときめきポイント合算することができるので、サブカードとして持っておくとお得です。

イオンE-NEXCOpassカードの詳細を見てみる


まとめ

イオンカードの機能を比較して見ていきました。

イオンカードは多くの種類がありますが各カードごとに特典内容が変わっていますので自分の利用状況に応じて、1番魅力的でお得なカードを作りたいですね。

迷ったらイオンカードで1番お得なイオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ