イオンカードは海外で利用できる?活用方法や注意点、おすすめカード

公開日:2016年6月5日

イオンカード 海外

海外旅行にはクレジットカードが活躍しますので、旅行のタイミングでクレジットカードを作ることを考えたり、今使っているクレジットカードを旅行に持っていこうと考える人も多いと思います。

そこで本ページでは人気のイオンカードが海外旅行に使えるか、またどのような注意点があるかなどを紹介したいと思います。


海外でイオンカードが利用できるか

  • 海外でもイオンカードは使える
  • 国際ブランドによって利用できる店舗が変わる

まずそもそもイオンカード海外で使えるのかどうか気になる人もいると思いますが、問題なく利用できます。

クレジットカードにはVisaやマスターカードなどの種類がありますが、これらは国際ブランドというもので、世界中で利用できるようになっています。(世界的に加盟店がある。)

JCBは日本の国際ブランドですので、海外の中でもハワイや台湾などでは広く使えますが、その他の地域だとVisaやマスターカードよりは利用できるお店が少なくなっています。

そのため海外によく旅行に行く人であればVisaやマスターカードを持っていくのが安心です。

ただしJCBカードは海外旅行に持っていくと、JCB会員専用のラウンジ「JCBプラザラウンジ」を利用することができます。

JCBプラザラウンジではドリンクやインターネット利用料が無料、日本人スタッフが現地ツアーを斡旋してくれたり色々と便利に使えるので、JCBブランドのカードを持っているようなら海外旅行に持っていくのも良いです。

まとめると・・

今イオンカードを持っている人は自分の国際ブランドを確認して、Visaやマスターカードなら安心、JCBであれば行く国によっては利用できるお店が少ないかもしれないので、別のクレジットカードを用意することを考えた方が良いです。

ちなみにイオンカードは2枚持ちができて、国際ブランドも選べますので、別のイオンカードを作るのも良いと思います。(2枚持ちするメリットもあります。)


海外でのイオンカードの活用方法

  • 買い物や食事料金の支払
  • 現金が足りなくなった時に現地通貨を手に入れる

海外でイオンカードを利用する場合、お店の料金の支払(ショッピング利用)などに使うこともできますし、現金が足りなくなった場合に現地通貨を手に入れる(キャッシング利用)ためにも使えます。

クレジットカードがあれば近くに設置されている銀行のATMでキャッシングをすることができるので、持っていた現金がなくなったり、足りなくなった場合も役に立ちます。

キャッシングの際に気になる手数料も、空港の両替所などで日本円を交換するより割安なことが多いです。

「現金派だからクレジットカードはいらない」

という人でも、もしもの時のために1枚はカード持っていかれることをおすすめします。


イオンカードを海外で利用した場合の請求金額や監査の方法

  • 現地通貨から日本円に換算されて請求がされる
  • 適用されるレートには事務手数料が上乗せされる

イオンカードを海外で利用した場合、請求は現地金額(現地通貨)から日本円に換算され、所定の手数料が上乗せされて請求がされます。

換算方法は国際ブランドによって異なり以下のようになっています。

Visa
現地の加盟店より売上票を受領した加盟店会社または取り扱い金融機関が米国のVISAインターナショナル決済センター送付した売上データを、集中決済した際に適用した交換レートに海外利用に伴うコストとして1.60%の事務手数料を加算して換算します。

MasterCard
外貨額をマスターカードインターナショナルサービスインコーポレイテッドの決済センターにおいて集中決済された時点で円貨換算し、所定の海外取引関係処理費1.60%を加えてご請求します。

JCB
JCBが海外の加盟店などに、お客さまのご利用代金の支払い処理を行った日が換算日となります。また、支払処理を行った時点の為替レートを基準として、海外ご利用に係わるコストとして1.60%をプラスした換算レートが適用されます。実際のクレジットカードのご登録日やお振替日のレートではありません。

Visa、マスターカード、JCBともに1.6%の為替手数料がかかります。

また円換算するタイミングが若干異なりますので、為替レートが使われる日は国際ブランドによって変わりますが、概ね同じ位の請求金額になります。

なお海外でのショッピング利用分の支払方法は、海外で利用する前に指定した支払方法(1回払い、リボ払い)での支払になりますので海外のレジなどで変更することはできません。


海外でクレジットカードを利用する場合の注意点

海外でカードを利用する場合は国内とは違ったトラブルに巻き込まれることがあるので注意する必要があります。

券売機などでクレジットカードを利用するときに暗証番号を横や後から盗み見られたり、一緒に食事をしようと誘われカード決済する時にカードをすり替えられたり、飲食の間にカバンや財布からカードが盗まれるケースもあります。

また街中で警官と名乗る人物に本人確認が必要であると言われ、身分証明書やクレジットカード、暗証番号の確認などを求められ盗まれることもあるようです。さらにその隙にスリにあったりすることもあります。

その他日本でもありますが強引な客引きのぼったくりや賭け事によって最終的に高額な支払いを求められるトラブルもあります。

日本にいる時よりもより注意しないといけませんので、イオンカードで紹介されているクレジットカードトラブルのページを一度見ておくと良いと思います。

海外でのクレジットカードトラブルから身を守るために(イオンカードのサイト)


海外旅行でおすすめのイオンカード

イオンゴールドカード 条件

海外旅行に持っていくのにおすすめのイオンカードはイオンゴールドカードです。

カードでのショッピングやキャッシングの利用はどのカードを利用しても大差ありませんが、イオンゴールドカードは付帯サービスが豊富にあるのがおすすめの理由です。

イオンゴールドカードは最高3,000万円の付帯保険が付いていて海外で何かあったときの費用を補償してくれます。

また空港のラウンジ利用することができますので、旅行中も何かと便利です。

イオンゴールドカードを作るにはイオンカード、イオンカードセレクト、イオンカード(WAON一体型)などイオンカードのプロパーカードを利用して一定の利用条件を満たす必要があります。

少し時間が掛かりますが、中長期的におすすめです。(ちなみにイオン銀行で住宅ローンを借りればすぐにイオンゴールドカードが持てます。)

年会費無料で持てるゴールドカードはとても貴重ですからね。

ゴールドカード以外ではショッピングキャッシングについて大きな差はありませんので、好きなイオンカード海外旅行に持っていかれると良いと思います。

国際ブランドはVisaかマスターカードがおすすめです。

イオンカードは海外でも便利に利用できますので、たまに海外旅行に行く人であれば海外旅行用にクレジットカードを作る必要はないかと思います。

普段のイオンカードを海外旅行でも便利に利用しましょう。

イオンカードをまだお持ちでない人は、イオンカードで最もお得でゴールドカードへのインビテーションもあるイオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ