人気のイオンカードに切り替えできるカードと切替方法まとめ

公開日:2016年8月24日

イオンカード 切替

イオンカードはいくつも種類があるので一度イオンカードを作ってから、別のカードに切替をしたいケースがあると思います。

特に店頭で普通のイオンカードを作った人は、他のイオンカードの方が便利な機能が追加されていますので切替をしたほうがお得です。

ただし、イオンカードの切替は、カードの種類によって切替ができるカードとできないカードがあります。

主な人気のイオンカードに切替できるカードと、切替の方法をまとめましたので参考にしていただければと思います。

イオンカードセレクトに切替できるカード

イオンカード 切替

イオンカードセレクトに切替ができるカードは、イオンカードイオンカード(WAON一体型)及びそれぞれのゴールドカードのみです。

その他の以下のイオンカードからイオンカードセレクトに切替をすることはできません。

    イオンカードセレクトに切替できないカード
    イオンカードセレクト/ イオンJMBカード/ イオンSuicaカード/ イオンスマートペイカード/ イオンETC一体型カード/ イオンルネサンス カード/ 荘銀イオンカード/ とりぎんイオンカード/ 三重銀イオンカード/ 福銀イオンカード/ 名城イオンカード/ 県生協イオンカード/ 郵便貯金共用カード/ 三菱商事石油イオンカード/ イオンサンデーカード/ イオンコーポレートカード/ イオンバリューカード/ 緑の募金イオンカード/ イオンセプコカード/ タルボットイオンカード/ イオンsaQwaカード/ その他(株)イオン銀行が発行する提携イオンカード

上記のカードをお持ちの人は、新たにカードを発行するしかありません。

イオンカードは一人で2枚持つこともできますので、イオンカード、イオンカード(WAON一体型)以外のカードからイオンカードセレクトに切替たい人は新たにイオンカードセレクトを申し込みましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

2枚持ちはメリットが多いですし、新規申し込みすることで入会キャンペーンの対象にもなるので、切替対象カードを持っていても新規で申し込みする方がおすすめです。


イオンカードセレクトへの切替方法

イオンカード 切替

イオンカードやイオンカード(WAON一体型)を持っている人がイオンカードセレクトへの切替をする場合、切替用のウェブページから申し込みをするだけでインターネット上の手続きで完結します。

こちらから切替ができます。

>>イオンカードセレクトへ切替

申し込みをすると3週間程度で「本人限定受取郵便」でイオンカードセレクトが届きます。

受取の際に配達員に本人確認書類を提示する必要があるので、本人が受け取れる時間帯に届けてもらうようにしましょう。

ちなみに本人限定受取郵便は再配達ができますし、局で受け取ることもできます。


イオンバンクカードからイオンカードセレクトへの切替

イオンカード 切替

また、イオンバンクカードからイオンカードセレクトへの切替もできます。

イオン銀行口座を持っていて、クレジットカード機能や電子マネーのWAONを利用したい場合に便利です。

イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の預金金利が0.1%上乗せされますので、かなりメリットがあります。

イオン銀行を利用している人にはイオンカードセレクトが必須といえます。

こちらから切替ができます。

イオンカードセレクトへ切替


イオンカードセレクトから他カードへの切替はできない

  • イオンカードセレクトから別のカードへの切替は不可

なお、イオンカードセレクトから別のカードに切替をしようとする場合はいかなる種類のイオンカードであっても切替は不可になっています。

イオンカードセレクトから別のカードに切替をしたくなったら、別のカードを新規に申し込みする必要があります。

イオンカードセレクトは解約をしても良いですが、解約しなくても別のカードの発行に支障はありませんので、面倒な人はそのまま申し込んでもよいでしょう。


カードデザインの切替・変更もできない

またイオンカードセレクトにはディズニーデザインのカードもありますが、一度カードが発行されたらカードデザインの切替・変更もできません。

ですので、イオンカードセレクトを新たに作る場合はカードデザインも含めて慎重に選ぶ必要があります。


イオンカード(WAON一体型)に切替できるカード

イオンカード(WAON一体型)に切替可能なのはイオンカードのみ

イオンカード 切替

  • イオンカード(WAON一体型)に切替できるのはイオンカードのみ
  • イオンゴールドカードからも切替可能

イオンカードセレクトと並んで人気のイオンカード(WAON一体型)。

イオンカードと電子マネーのWAONがついたシンプルで便利なカードです。

プロパーカードの特典が多いので、イオン銀行の口座を作りたくないけどイオンカードの特典はたくさん受けたい人に人気のカードです。

イオンカード(WAON一体型)に切替が可能なのは、イオンカードのみ(イオンゴールドカード含む)となっています。

ですので、

プレーンなイオンカード以外の提携カードを持っている人が新たにイオンカード(WAON一体型)を作りたい時は、新たに申し込みをする必要があります。

以下のカードは切替対象外のカードです。

    イオンカード(WAON一体型)に切替できないカード
    イオンJMBカード/イオンSuicaカード/イオンサンデーカード/イオンsaQwaカード/イオンスマートペイカード/イオンETC一体型カード/イオンルネサンス カード/イオンセプコカード/タルボットイオンカード/荘銀イオンカード/とりぎんイオンカード/三重銀イオンカード/福銀イオンカード/名城イオンカード/県生協イオンカード/郵便貯金共用カード/三菱商事石油イオンカード/イオンコーポレートカード/イオンバリューカード/緑の募金イオンカード/その他イオン銀行発行の提携イオンカード

もともと持っていたカードを解約する必要はありませんが、使わないカードをそのままにするのが気持ち悪い人は、解約した上でイオンカード(WAON一体型)を申し込むと良いですね。

1枚目のイオンカードの「保有状況」や「解約の進行状況」は新たに作るイオンカード(WAON一体型)の発行や審査には関係がないので、まず新規申し込みしておいて今持っているカードは後で解約するでも問題ありません。

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


イオンカード(WAON一体型)への切替方法

イオンカード 切替

イオンカードからイオンカード(WAON一体型)に切替をするには、専用のウェブページから切替手続きをします。

切替手続きはインターネット上で完結しますが、今持っているイオンカードへワオンカードプラスの登録がある場合はインターネットからの切替はできません。

切替はこちらからできます。

>>イオンカード(WAON一体型)へ切替

リンク先のページに電話での案内もありますので、ワオンカードプラスの登録がある場合もリンク先のページから電話連絡先を確認して問い合わせしてみてください。

インターネットから切替手続きをする場合、切替対象のイオンカードの情報を入力する必要があるので、手元に用意しておくとスムーズになります。

なおカードの国際ブランドは変更ができず、切替前と後の国際ブランドは同じになります。


イオンSuicaカードに切替できるカード

イオンSuicaカードに切替できるのはイオンカードのみ

イオンカード 切替

  • イオンSuicaカードに切替できるのはイオンカードのみ

イオンカードにSuicaの機能を搭載したイオンSuicaカードも人気のカードです。

イオンSuicaカードに切替が出来るのもプレーンのイオンカードのみとなっており、その他のカードからは切替手続きをすることができません。

そのため、イオンSuicaカードが必要な人は新たにカードを申し込む必要があります。

イオンSuicaカードの詳細を見てみる

またイオンカード(WAON一体型)と違う点として、イオンゴールドカードを持っている人は切替ができません。

あくまで通常の券面のイオンカードのみ、イオンSuicaカードへの切替が可能になります。


イオンSuicaカードへの切替方法

イオンカード 切替

イオンカードからイオンSuicaカードの切替は専用のウェブページから手続きができます。

こちらから切替手続きができます。

>>イオンSuicaカードへ切替


その他のイオンカードに切替可能なカード

イオンカードセレクト、イオンカード(WAON一体型)、イオンSuicaカードに切替できるカードは上記の通りですが、その他のイオンカードにもプレーンなイオンカードであれば切替ができます。

ただし、上述した通り、イオンカードは2枚持ちすることができますし、新規入会キャンペーンの対象にもなるので新規申し込みがおすすめです。

どのイオンカードからどのイオンカードへ切替できるかは確認するのも面倒ですので、色々調べる時間を考えると新規でカードを作ってしまう方が早いくて良いと思います。

各カードの申し込みはこちらからできます。


まとめ

イオンカード 切替

人気のイオンカードへ切替ができるカードやその方法を見てきました。

基本的に切替ができるのは普通のイオンカードのみで、その他のカードを持っている人は新規申し込みをすることになります。

新たに申し込みをするというと面倒に感じますが、切替手続きで入力する項目もなかなかに多く、手間としてはそれほど変わりません。

イオンカードは2枚持ちをしていると割引特典を二重で受けられるケースがあったりしてお得です。

また新規入会キャンペーンの対象にもなりますので、他のイオンカードが欲しいと思った人はぜひ新たにイオンカードを作ってみてください。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる

イオンSuicaカードの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ