イオンカードで公共料金支払うのは得?得する方法とキャンペーン

公開日:2016年6月1日

公共料金

クレジットカードのポイント還元をより効率的にするには、「現金払いしているものをカード払いに切り替える」のが有効です。

毎月安定的に多くの金額を支出する家賃や公共料金等はその最も有力なものです。

年会費無料でイオンを利用する人には必須のイオンカードは人気で持っている人も多いと思いますが、イオンカードで公共料金払いをするとどんなメリットがあるのか見ていきたいと思います。

イオンカードで公共料金払いをするメリット

  • カード払いしたことでポイントがたまる

イオンカードで公共料金の支払いをすることで通常のクレジットカード払いと同じく200円の利用ごとに1ポイントのときめきポイントがたまります。(イオンカードJMBは200円ごとに1JALマイル)

公共料金の支払いをすることでその分ポイントをためることができます。

現金払いでは口座振替割引として50円などの値引きがされると思いますか、クレジットカードの方がより多くの金額がお得になります。

仮に電気水道代で1万円、携帯電話料金で1万円の合計2万円をイオンカードで支払ったとすると、毎月100ポイントのときめきポイントが貯まります。

年間にすると1,200ポイントが貯まることになり、現金払いをしている場合と比べると1,000円以上お得になります。

毎月の金額は大きくありませんが、支払方法を変えるだけでお得になるので、公共料金をクレジットカード払いするのはとても良い事ですね。


イオンカードで公共料金を支払うデメリット

ただしイオンカードの還元率は0.5%と低いため、カード払いをするのであれば他の高還元率のクレジットカードを使ったほうがお得です。

年会費無料であれば還元率1.2%のリクルートカードが最も還元率が高いカードです。

もともとイオンカードはイオンでお得な割引を受けたり特典を受けることがメリットですので、イオン以外の場所でカード払いするにはあまり向いていません。

「最強のサブカード」という位置づけですので、公共料金の支払いは還元率の高いメインカードで行うのが基本です。

ただし、クレジットカードを複数持ちたくない、ポイントを分散させたくないなどの理由で、クレジットカードをイオンカード1枚しか持っていない人は現金で支払うよりは得なので、イオンカードで公共料金払いをしていきましょう。

また、イオンカードはこの後であげるようなお得なキャンペーンを定期的にやっているので、キャンペーン狙いでイオンカードで公共料金を支払うのもお得です。


イオンカードの公共料金キャンペーン

イオンカードで公共料金を支払ってポイントゲット

イオンカードでは公共料金の支払いをイオンカードで行った時にポイントが上乗せされるキャンペーンを行っています。

2016年8月2日から2017年1月4日までの請求分を対象に、公共料金の支払いをした加盟店数に応じて1加盟店なら20ポイント、2加盟店なら毎月50ポイント、3加盟店なら毎月100ポイント、以降1加盟店ごとに毎月50ポイントの上乗せがされます。

「加盟店」は支払い先という意味ですので、例えば電気代だけカード払いにすると1加盟店、ガス代もカード払いにすると2加盟店、携帯電話料金もカード払いにすると3加盟店という具合でキャンペーンの対象となります。

■上乗せされるポイント

  • 1加盟店:毎月20ポイント
  • 2加盟店:毎月50ポイント
  • 3加盟店:毎月100ポイント
  • 以降1加盟店ごと:毎月50ポイント

約半年間ポイントが上乗せされるので、他のカードで支払うよりもイオンカードで支払ったほうがお得になることが多くなります。

キャンペン期間中は公共料金をイオンカードで支払うように変更するのも良いですね。

ただ変更手続きを結構めんどくさいので、既に高還元クレジットカードで公共料金の支払っている人にはあまりメリットは無いかもしれません。

上乗せの対象になる加盟店は以下の通りです。

■電力会社
東京電力、関西電力、中部電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

■ガス会社
東京ガス、大阪ガス、大阪ガスLPG、東邦ガス、京葉ガス、北海道ガス、仙台市ガス局、東彩ガス、千葉ガス、四国ガス、四国ガス燃料、西部ガス、九州ガス、北ガスジェネックス、北陸ガス、広島ガス、大多喜ガス、カメイ、岡山ガス、ENEOSグロ-ブエナジー、伊藤忠エネクス、岡山ガスエネルギ-、下田ガス、TOKAI、りゅうせき、吉田ガス、御殿場ガス、信州ガス、新日本ガス、静岡ガスエネルギ-、静岡ガス、袋井ガス、筑波学園ガス、中遠ガス、鳥取ガス、鳥取ガス産業、島田ガス、東日本ガス、東部ガス、東部液化石油、武州ガス、NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile

■通信系等その他
J:COM、スカパー、WOWOW、日本海ケーブルネットワーク、イオンモバイル

電力会社やガス会社、携帯電話会社、その他通信会社の利用料金が対象になります。

このキャンペーンはエントリー不要で、支払いがあれば自動的に適用され毎月ポイントが上乗せされます。

イオンカードで既に公共料金を支払っている人の対象になるので、気づかないうちにポイントが上乗せされていたという人も多く出そうですね。良心的です。


新規で公共料金の支払先を追加するとキャッシュバック

さらに新規でこれらの加盟店をイオンカードで公共料金払いするよう登録すると1加盟店ごとに500円のキャッシュバックがされます。

こちらは新規に追加した人限定ですが、1加盟店ごとにもれなくキャッシュバックを受けることができるので、仮に電気代、ガス代、携帯電話料金をイオンカードで支払うようにすると合計1,500円のキャッシュバックを確実に受けることができます。

イオンカードはこのようなお得なキャンペーンを定期的に開催していますので、キャンペーンを見込んでイオンカードを公共料金払いのカードにしておくのも良いですね。(新規に支払先追加キャンペーンを狙って他のカード払いにしておくのも作戦の一つですね。)

キャンペーンでのお得度を考えると、1%から1.5%の高還元カードにも引けを取らないお得さです。

イオンカードのゴールドカードを狙っている人は公共料金の支払いでイオンカードの利用実績を積むことができるので、ゴールドカードのインビテーションをもらうための近道にもなります。


まとめ

イオンカードの公共料金払いについて見てきました。

人によって公共料金の支払いをイオンカードでするのが1番お得かどうかは変わってきますが、少なくとも現金で支払うよりは確実に得をすることになりますので、今現金で公共料金を支払っている人はクレジットカードで公共料金払いをするように変更するのがお得です。

これからカード払いに変更する人であれば、イオンカードのキャンペーンの恩恵を最大限受けることができますので、イオンカードで公共料金の支払いをするのは良いですね。

まだイオンカードをお持ちでない人はこの機会にイオンカードを作って色々とお得な特典を受けましょう。

公共料金

イオンカードで1番のおすすめはイオンカードセレクトです。

WAONへのクレジットカードチャージでポイントがたまる唯一のイオンカードで、イオンで最大限お得になるカードです。

ゴールドカードのインベテーションが届くカードでもあるので、上述したゴールドカードを目指せる点でもおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ