Viewカード機能付きイオンカード「イオンSuicaカード」と「ビュー・スイカカード」の比較

公開日:2016年8月25日

イオンカード view

Suicaを便利に利用するにはビューカードが必須です。

ビューカード以外のクレジットカードでも、モバイルSuicaを利用することでSuicaにチャージすることはできますが、1,000円の年会費が必要になりますし、Suicaチャージの還元率が高いビューカードを使うのがお得です。

イオンカードで唯一、Suica一体型でオートチャージが可能なカードとして「イオンSuicaカード」がありますが、イオンSuicaカードと代表的なビューカードであるビュー・スイカカードは、どちらがお得でサービスにどのような違いがあるのでしょうか。

本ページでは、「イオンSuicaカード」と「ビュー・スイカカード」のサービス内容や特徴を比較していきたいと思います。

イオンSuicaカードとビュー・スイカカードの比較

イオンカード view

イオンSuicaカードとビュー・スイカカードの年会費は還元率など主な特徴を比較すると以下のようになります。

イオンSuicaカード ビュー・スイカカード
年会費 無料 477円(税抜)
還元率
(一般)
0.5% 0.5%
還元率
(Suicaチャージ)
0.25% 1.5%
還元率
(JR東日本)
0.25% 1.5%
たまるポイント ときめきポイント ビューサンクスポイント
オートチャージ
特典 20日30日にイオンで5%割引 中央ライナー・青梅ライナーの携帯電話予約サービス、定期券機能を追加可能、びゅう商品券のカード購入可能

年会費の比較

年会費はイオンSuicaカードが無料なのに対して、ビュー・スイカカードは477円(税抜)の年会費がかかります。

ビュー・スイカカードは年会費が無料になる条件もないので、少し使いづらいですね。

ただし、ビュー・スイカカードはWEB明細にすることで600円相当のポイントをもらえますので、年会費を上回るポイントをもらうことができます。


還元率の比較

  • 通常の還元率はどちらも0.5%
  • ビュー・スイカカードはSuicaチャージで1.5%還元
  • イオンSuicaカードはSuicaチャージで0.25%還元

還元率は普通に使った時の還元が、イオンSuicaカードは200円ごとに1ポイントがたまるので0.5%の還元率になります。

一方でビュー・スイカカードは1,000円につき2ポイント(5円相当)のポイントがたまるので、還元率としては同じ0.5%になります。

ただし、Suicaへのチャージや新幹線切符、定期券の購入などに利用した場合は、ビュー・スイカカードはたまるポイントが3倍となり1,000円につき6ポイント(15円相当)がたまり、還元率は1.5%まで上がります。

イオンSuicaカードは、逆にSuicaチャージやJR東日本での利用分はたまるポイントが減ってしまい、400円の利用ごとに1ポイントがたまり、還元率は0.25%となってしまいます。

SuicaチャージやJR東日本で定期券の購入をしている人はビューカードを利用した方がお得ですね。


イオンSuicaカードとビュー・スイカカードの違い

イオンSuicaカードは「ii」マークがついたカードで、ビューカードの提携カードという位置づけになっています。(イオンSuicaカードはビューカードではない)

「ii」マークがついたカードは、Suica一体型のカードになっていたり、ビューカードのようにSuicaへオートチャージができて便利ですが、JR東日本でお得にポイントがたまったり、本来のビューカードの特典であるライナー券の携帯電話予約やViewとれTEL予約、びゅう商品券・オレカ・Suicaのカード購入等はできません。

イオンSuicaカードは、さらにSuicaチャージやJR東日本での利用のポイント還元が落ちるようになります。


たまるポイントの違い

イオンSuicaカードを利用してたまるポイントはイオンカードでたまる「ときめきポイント」です。

一方でビュー・スイカカードでたまるポイントは、ビューカードを使ってたまる「ビューサンクスポイント」です。

ときめきポイント、ビューサンクスポイントともに電子マネーのSuicaに交換できるSuicaポイントと交換することができます。


よく利用する場所に応じてカードを選ぶ

イオンカード view

このようにイオンSuicaカードはイオンカードViewカード両方の機能を持っています。

とはいえ、その分ビューカード本来のサービスやイオンカードのプロパーカードが受けられる特典を一部受けることができません。

そのためイオンをよく使う人はプロパーのイオンカード、SuicaやJR東日本のサービスをよく使う人はビューカードを利用するのが良いです。


おすすめはイオンカードセレクトとビックカメラSuicaカード

イオンカード view

両方よく利用する人はイオンカードセレクトビックカメラSuicaカードの2枚持ちがおすすめです。

2枚持ちすることで両方のカードの特典をフルで受けることができますし、イオンカードセレクトは年会費無料、ビューカードSuicaカードも年に1度でも利用があれば翌年度に年会費が無料になります。

コストをほとんどかけることなく2枚のカードが持てます。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

ビックカメラSuicaカードの詳細を見てみる

イオンカード view

特にSuicaへのチャージの還元率がビューカードは1.5%、イオンSuicaカードは0.25%と差が大きいので、Suicaをよく利用する人はビューカードを1枚持っておくことをおすすめします。

ビューカードの中でおすすめのカードはビックカメラSuicaカードですが、別の記事で詳細に比較をしていますので参考にしていただければと思います。

ビックカメラSuicaはビックカメラでの還元率が最大11.5%となるお得なカードで、Suicaのチャージも1.5%の還元があります。

他のビューカードは年会費がかかるものが多いので、条件付きで年会費無料になるビックカメラSuicaカードは魅力的です。

どうしてもカードを1枚にしたい人でイオンもSuicaも使う人はイオンSuicaカードでも良いと思いますが、イオンでもSuicaでもお得に利用したい人はイオンカードセレクトとビックカメラSuicaの2枚持ちがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

ビックカメラSuicaカードの詳細を見てみる

イオンSuicaカードの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ