イオンカードで家賃を支払う方法と一番得する家賃の払い方

公開日:2016年8月8日

イオンカード 家賃

クレジットカードで得をするには、支払うお金(出費)をなるべくカードで支払うことです。

毎月の出費として多いのは「家賃」なので、カードでお得にポイントをためたい人は家賃をカード払いしたいと思います。

家賃であれは年間100万円以上支払っている人もいると思いますし、それだけの金額をカードで買い物したと考えるとかなりお得ですね。

そこでイオンカードで家賃が払えるかどうか見ていきたいと思います。

一部の物件ではイオンカードで家賃が支払える

イオンカード 家賃

イオンカードで家賃を払えるか?

結論から言うと、家賃をクレジットカード(イオンカード)で支払うことは可能です。

ただし全ての物件でクレジットカード払いができるわけではなく、一部の物件のみイオンカードでの家賃払いが可能になっています。

家賃のカード払いを可能にするかどうかは大家さんが決めることで、大家さんがカード払いを不可にしているときは銀行口座からの引き落とししかできません。

最近はほとんどありませんが、中には家賃の支払を振込のみ(引き落とし不可)としているオーナーもいます。

最近は入居者へのサービスや付加価値の一環として、家賃のカード払いを可能にしている物件も増えていますが、全体として見るとそれほど多くはありません。


イオンハウジングの住まいさがしを活用

イオンカード 家賃

イオンカードはイオングループの「イオンハウジングの住まいさがし」を利用することで、イオンカード払いができる物件を探すことができます。

イオンハウジングの住まいさがしサイトでは、物件を探すとイオンカードで家賃の支払いができる物件だけが表示されますので、その中から気に入った物件を選ぶことで家賃をイオンカードで支払うことができます。

手続きも物件の問い合わせ時に不動産会社にイオンカードで家賃を支払いたい旨を伝え、契約時にイオンカードで支払いをする手続きを不動産会社や管理会社とすることで、入居後は月々の家賃をイオンカード払いすることができます。

イオンカードで家賃を払いたい人は、イオンハウジングの住まいさがしサイトで探すと、簡単に物件を探すことができます。


アパマンショップでも探すことができる

イオンカード 家賃

他にもアパマンショップなどで、「家賃をクレジットカード払いできる物件のみ表示する」という機能もあります。

こだわり条件という形でトップページから選択することが可能で、選択するとカード決済可能な物件のみが表示されます。

イオンカード 家賃

本記事執筆時点では「カードで家賃物件」となっていますね。

イオンカード限定というわけでありませんが、VISA、マスターカード、JCBなどのクレジットカード払いが可能な物件なので、イオンカードであれば問題なく支払いができます。


家賃をカード払いするときの注意点

  • 家賃が割高な可能性がある
  • 検討できる物件数が減ることになる

このようにカード払いができる物件は限られますが、カード払い可能な物件を絞って探すことができますので、家賃をカード払いした人はこれらのサイトを利用することで探すことができます。

ただし家賃をカード払いする際には注意点があります。

それは家賃が割高な可能性がある点です。

クレジットカードの仕組みに関する記事でも紹介していますが、カード払いを可能にするという事はカード会社に加盟店(お店)がカード決済手数料を支払うことになります。

家賃の場合はオーナー(大家)がお店になりますので、大家は受け取った家賃のいくらかをカード決済手数料としてカード会社に支払いをします。

そのためカード払いを可能にしている物件のオーナーは、カード決済手数料分だけ家賃を上乗せしていることも少なくありません。

ですので、家賃のカード払いが可能な物件は、家賃が割高な場合が多く、割高な物件をつかまされて損をする可能性があります。

家賃が7万円位の物件をカード払い可能にすることで75,000円などにしてると、75,000円の1%分の750円分ポイントがたまっても、5,000円家賃が上乗せされていては損することになります。

ポイントをためるために高い家賃を払うのは意味がないことですので、無理に家賃をカード払いするのは避けましょう。

それであれば、家賃が割安の物件を探した方が最終的にはお得なことが多いです。


検討できる物件数が減ることになる

またカード払いができる物件は数が限られますので、検討できる物件も少なくなることになり、自分の条件に合う物件が見つかりづらくなるというデメリットもあります。

先ほど紹介したイオンハウジングの住まいさがしサイト上では、東京の山手線の田町駅から恵比寿駅までの10駅で物件を探したところ、物件数は26件です。

また総武線の千葉駅から本八幡駅で探したときには物件数は16件となっていました。

住宅が多いエリアでかつ、家賃などの条件も指定しなかったことを考えるとかなり少ないことがわかります。

そのため当サイトでは無理に家賃をカード払いしようとせずに、割安で最適な物件を探す事を強くおすすめします。

家賃をカード払いすることについては、「一部カード払いできる物件がある」程度に理解しておき、もし希望の物件がカード払い可能な物件だったらラッキーぐらいの気持ちでいると良いでしょう。


公共料金・税金の支払いをカード払いでする

家賃のイオンカード払いについて見てきました。

家賃が割高な場合があり、対象の物件も少ないので、あまり積極的に考える必要はないです。

出費をなるべくカード払いするという意味では、公共料金税金のカード払いを考えるのが良いでしょう。

イオンカード 家賃

イオンカードでは電気、ガス、水道、電話料金など公共料金をカード払いにすることができます。

また税金はミニストップでWAON払いが可能なので、間接的に税金をイオンカードで支払いすることもできます。

※税金をWAON払いしてポイントをためるには、WAONへのチャージで唯一ポイントがたまるイオンカードセレクトを利用する必要があります。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

このような支払いをカード払いに集中することで、お得にポイントをためることを考える方が良いと思います。

もちろん家賃も安く気に入った物件で、カード払いが可能であれば積極的にカード払いは選択した方が良いと思います。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ