イオンカードの審査時に在籍確認をするケースと電話確認の内容

公開日:2016年6月27日
最終更新日: 2016年6月28日

call

クレジットカードを作る際に気になるポイントとして、在籍確認があるかどうかが気になる人もいると思います。

やましいことがない場合でも、職場に電話をかけられるのは気持ちのいいものではありませんし、あらぬ誤解を受けることもありますからね。

人気のクレジットカードのイオンカードには在籍確認があるのか、またどのような内容なのかこちらのページで紹介します。

イオンカードの審査時に在籍確認はあるか

イオンカード 在籍確認

結論から言うと、イオンカードは基本的には在籍確認がないクレジットカード会社です。

ただし100%ないというわけではなく、イオンカードが必要だと判断した場合には在籍確認をされるケースもあります。


在籍確認がある場合とない場合

  • 在籍確認されるのは申込者の属性や事故歴などの問題や申込内容に疑問点がある時

イオンカードが申込時に在籍確認をしたり、電話連絡をするのは、主に申込者の属性や事故歴などの問題や申込内容に疑問点がある時です。

カードの申込者全員に在籍確認や電話連絡をするわけではありませんが、信用情報に問題があったり、過去に滞納歴がある場合などは在籍確認や本人確認がされるケースがあります。

クレジットカード会社同士は消費者金融の利用歴、車のローンや住宅ローン、携帯電話で分割購入などの履歴などを「個人信用情報機関」という場所に集中して集めて保管し、共有されています。

そこで保管されている情報には利用歴や返済履歴だけでなく、利用者の勤務先や勤務先の電話番号、運転免許証番号なども記載されています。

新しく申込をしたクレジットカード会社に提出した内容がそれらの情報と合致しているようであれば問題ないと判断されますが、違っている場合や信用情報に情報がない場合などには、在籍が確認されていると判断できないため在籍確認の連絡が来ることになるようです。

簡単に言うと、過去にクレジットカードやローンを利用していて、そこで登録した勤務先情報から変わっていなければ、最初に申し込んだクレジットカードやローン会社で審査をしているよねという形で毎回毎回在籍確認はしていない会社が多いんです。

クレジットカード会社も在籍確認を全て申込者にしていると人件費や審査時間が大幅にかかってしまうので、経費削減等の意味合いもあるんでしょうね。

イオンカードや楽天カードなどはその傾向が強く、在籍確認は基本的にほとんどされないカードと言われています。


イオンカードの在籍確認をされやすい人

このようにイオンカードの審査では在籍確認がされないケースも多いですが、比較的在籍確認をされやすいのは以下のような人です。

■在籍確認をされやすい人

  • 社会人1年目の人
  • 申し込み内容に不備があった人
  • 数年以内に転職をしている人
  • 勤務先状況に不審な点がある人

このような人たちは、イオンカード側で勤務先に本当に勤めているかどうかの確証が取れない方ということになりますので、このような人たちには在籍確認や電話連絡が来る可能性が高くなります。


勤務先がない人の在籍確認は?

無職の人の在籍確認

無職の人の場合は在籍確認も何もないので確認はされません。

ただし、「在籍確認がないなら無職と書けば良い」というわけではなく、その分信用は落ちて、審査落ちする可能性が高くなってきます。

クレジットカードは無職だから作れないわけではありません。

無職の人でも収入があれば返済能力があるとみなされ、クレジットカードの審査は通ります。

例えば、親から相続した賃貸マンションの家賃収入で生計を立てている人なども多くいますからね。

また個人事業主やフリーランスの人も、見る人によっては無職のように見えますが、収入をきちんと証明できればクレジットカードを作ることができます。

実際に私も個人事業主としてイオンカードセレクトを作ることができました。

もちろん収入がきちんとあった上でのことですが、無職や個人事業主でもクレジットカードが作れないわけではないので、勤務先を偽るなどをして変なリスクを犯すよりもきちんと収入を書いて審査してもらう方が結果的には良いです。
(ちなみに個人事業主の在籍確認は自宅や自宅の電話に入ります。)


主婦の人の在籍確認

収入のない専業主婦の場合、クレジットカード申込時に夫の勤務先情報を記載する必要があります。

これは夫の勤務先や勤続年数から見て返済能力があるかどうかを審査するためです。専業主婦の人の場合、実際に返済は夫の給料から支払われるケースがほとんどだと思いますので、これを審査するのは当然ですよね。

在籍確認は基本ないと考えてよいですが、信用情報等に問題がある場合は夫の勤務先に在籍確認の電話が来たという人もいらっしゃるようです。(実は夫に借金歴や滞納歴があったなど)

カードが発行された後も自宅に郵送物等が届くこともあり、専業主婦の方が夫に黙ってクレジットカードを作るのは難しいので、先にお話しをしておいて、万が一在籍確認が来てもいいようにしておいた方が良いでしょう。

イオンカードは専業主婦の人でもカードが作れるなかなか貴重なクレジットカードです。

専業主婦ということで審査落ちする事は無いですが、上述した通り旦那さんの収入や自身のパートやアルバイトでの収入をきちんと審査してもらう必要があります。


イオンカードの在籍確認の内容

最後に気になる在籍確認の内容ですが、内容としては簡単なものが多いです。在籍確認は勤務先を最後に確認する最終面接のようなものです。

その他の審査をクリアしているので、文字通り在籍を確認できればOKとなります。

具体的には勤務先に電話があって「〇〇部の〇〇さんはいらっしゃいますか」と電話があります。

「現在席を外しています」とかいる場合には電話を代わって在籍していることを確認できれば終わりです。

会話としては1分もかかりません。

カード会社としては電話で何かを聞きたいわけではなく、在籍をしている事実を確認したいだけなので、席をはずしていたとしてもそれで在籍確認は終了です。

きちんと勤務実態があって働いている人であれば恐れる必要は全くありません。

ただ、職場によってはあなたに電話がかかってくること自体珍しいこともありますよね。

人によっては「この人お金借りてるんじゃないか」とか思われる可能性もありますので、あらぬ疑いをかけられないように、「あぁそういえばクレジットカード作るために申し込んだ」とか軽い訳はしておいても良いかもしれないですね。

在籍確認の他にも最後に本人確認の電話として自宅の固定電話に電話がかかってきたり、主婦の方に本人確認の電話があったり、携帯電話にカード作成の意思確認の電話があったりするようです。

この時の内容もカードの申し込み意思の確認であったり、申込内容の不備(申込住所と免許証の住所が微妙に違うなど)の確認などの内容が多いようです。

在籍確認はあまり気にしてもしょうがないですが、気になるものです。イオンカードではほとんど在籍確認はありませんので、安心して申し込みましょう。

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

なお、イオンカードの審査全体についての基準や申し込みの流れは別の記事でまとめていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

イオンカードの審査落ちした人でも作れるクレジットカードも紹介しています。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ