クレジットカードと電子マネーの素晴らしい関係

公開日:2015年10月2日

クレジットカードと電子マネーは非常に相性がよく、うまく活用することで便利でお得に利用することができます。

最近ではSuicaやEdyなどを内蔵した一体型のクレジットカードも多く発行されていますしね。クレジットカードを利用する際に電子マネーも一緒に活用していきたいという人も多いと思います。

今回はクレジットカードユーザから見た電子マネーの活用の仕方についての記事になります。


おさらい:そもそも電子マネーとは

電子マネーは企業が発行した電子的な通貨をもとに、データ通信によって決済するものです。

少し小難しくなってしまいましたが、要はデータでできたお金ですね。

データで決済するため、決済できる場所は専用の端末が置かれた店舗に限られる点と、発行体が国ではなく企業であるという点が現金との違いです。

最近では電子マネーを利用できる場所は急速に増えて、日本から1円玉の流通量を減らすほど普及し、まだ拡大しています。


ポストペイ型、プリペイド型ってなに?

電子マネーはSuica、Edy、nanacoなどのプリペイド型(先払い型)とiD、QUICPayなどのポストペイ型(後払い型)に分けることができます。

この中でプリペイド型の電子マネーはクレジットカードとお互いの特徴を補完しあう関係で特に相性がよいです。


プリペイド型の電子マネーはクレジットカードと相性抜群

プリペイド型、ポストペイ型の電子マネーはそれぞれ以下の特徴を持っています。

■プリペイド型の特徴

  • 利用する前に電子マネーにチャージする必要がある
  • 紛失した場合もチャージした金額のみの被害ですむ
  • 利用できる店舗がスーパー、コンビニなど少額決済の店舗が中心
  • 利用できる店舗が非常に多い

■ポストペイ型の特徴

  • 後払いのためチャージなどをせずに電子マネーだけで利用可能
  • 紛失した場合、クレジットカード同様不正利用の危険性がある
  • 利用できる店舗がスーパー、コンビニなど少額決済の店舗が中心
  • 利用できる店舗はプリペイド型ほど多くない

それぞれ一長一短ですね。

またこうして見ると、ポストペイ型の電子マネーは決済できる場所こそ違いますが、仕組み上クレジットカードにとても似ていて、ほとんどクレジットカードと同じ特徴をもっています。

クレジットカードと相性が良いのはプリペイド型です。

プリペイド型は一見するとチャージするのが面倒な気がしますが、実は電子マネーへのチャージをクレジットカードで行うことができるのです。


クレジットカードで電子マネーにチャージ

クレジットカードで事前に電子マネーにチャージすることで、電子マネーにチャージする手間が省けます。

ある一定の金額以下になると自動でクレジットカードから電子マネーへチャージする「オートチャージ」という機能もあるので、これを利用すればチャージの手間はほぼゼロになります。

また電子マネーはクレジットカードで決済できないお店や、あまりに少ない金額だと気が引けるコンビニやスーパーなどで決済可能なので、2つを組み合わせることで、キャッシュレスで買い物できる範囲が飛躍的に広がります。

さらに電子マネーは利用するとポイントがたまる仕組みがあるのですが、クレジットカードから電子マネーにチャージするとクレジットカードのポイントがたまり、さらに電子マネーを利用すると電子マネーのポイントもたまります。

そう!ポイントの2重取りができるのです。

還元率を重視しているユーザにとってこんなにおいしい話を活用しない点はありません!



ただし、それは少し前までの話です・・・

2010年に施行された貸金業法の改正の影響でクレジットカード会社の経営は圧迫されました。

結果、経費削減を進める会社が増え、電子マネーのチャージに利用された金額はポイント付与の対象外とする会社が相次ぎました。

やはりなかなかうまい話はありません。

しかし、実はまだライフカードなど一部の顧客重視のカード会社で、クレジットカードから電子マネーへのチャージにポイントを付けるクレジットカードが残っています。

全体の流れとしては電子マネーへのチャージにポイントをつけない方向に進んでいるのでこれらのカード会社もサービスを変更する可能性がありますので今のうちにクレジットカードを作っておくのが賢いです。

コンビニ、スーパー、電車なども電子マネーで支払いできるのでポイントがつく範囲がぐっと広がります。

各電子マネーへのチャージでポイントが付くカードは以下のページにまとめていますのでご覧ください。


まとめ

電子マネーとクレジットカードの関係を見てきました。

利用シーンが比較的高額なクレジットカードと、少額決済が中心の電子マネーの相性は抜群で、利用できるシーンを補完しあいキャッシュレスのスマートな生活が可能になります。

今後電子マネーの利用が増えることでさらに利便性が高まっていくでしょう。

前払いの電子マネーにはチャージすることもでき、ポイントの2重取りをすることができれば還元率もぐっと高まります。

電子マネーのチャージにポイントがつくかどうかという点も、還元率重視派がクレジットカードを選ぶ時の重要な指標となりますね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ