クレジットカードの付帯保険の意味や補償範囲

公開日:2015年10月6日

クレジットカードには持っているだけでついてくる「付帯保険」というサービスがあります。

クレジットカードを調べているとよく出ていますが、意外に意味や内容まで知らない方も多いと思います。そこで本記事ではクレジットカードの付帯保険について説明したいと思います。

クレジットカードは買い物する以外にも様々な機能がついていますので、付帯保険について学んでクレジットカードをフル活用しちゃいましょう。

付帯保険ってなに?

付帯保険はその名の通りクレジットカードについている(付帯している)保険のことです。

  • 付帯保険はクレジットカード利用者が受けられる保険

付帯保険がついたクレジットカードを持っていると、クレジットカードを持っているだけで複数の保険に入っているのと同じ状態になっていて、旅行やショッピングでトラブルがあると保険金がおりる場合があります。

一般的に付帯保険というと海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険、紛失盗難補償があります。それぞれの内容とチェックポイントについてみていきましょう。


海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険は海外旅行中に旅行先で死亡、後遺障害、けがなどがあった場合、制限内で保険金がおりる保険です。

何があるかわからない海外での生活・滞在ですので、もしものときのために必要な保険ですね。

海外旅行傷害保険がクレジットカードについているのに、別の海外旅行保険などに加入している場合は、クレジットカードの保険分も考慮して見直しをすると、無駄な出費を減らすことができるかもしれません。

保険の内容はクレジットカード会社により異なるため、各カードの情報を確認する必要がありますが、一般的には死亡・後遺傷害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害などを補償する内容となっていますのでこれらの補障がされているか、またその金額をチェックしましょう。

なお一般的には、クレジットカードの海外旅行傷害保険に該当するトラブルが発生した場合、現地では医療費などを一旦立替えて支払い、帰国後にクレジットカード会社へ保険金を請求する流れが一般的だと言われています。


国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は国内旅行中の死亡、後遺障害、けがなどに備える保険です。海外旅行傷害保険が対象の旅行先が海外なのに対して、国内旅行傷害保険は国内旅行でのトラブルを補償内容になっています。

補障の範囲も同じで死亡・後遺傷害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害などを補償する内容となっていますので海外旅行傷害保険と同様にチェックするようにしましょう。


ショッピング保険

ショッピング保険はクレジットカードで購入した商品が壊れたり、盗難にあった場合にその損害額を補償してくれる保険です。

ショッピングで買ったものがすぐにトラブルにあったとしても補障してくれる保険ですね。

注意点としては、商品が壊れた場合の補障といっても、多くのショッピング保険の場合、電気的、機械的故障は補障の対象外となります。その他にも海外で購入したものに限るなどクレジットカードごとに条件が設定されていますので確認するようにしましょう。


紛失盗難補償

紛失盗難補償はクレジットカード自体を盗難にあって不正利用などをされた場合、一定期間(60日が多いようです)までさかのぼって被害額を補償してくれる保険です。

ほとんどのクレジットカードについていますので作るときに内容を確認するとともに、万が一被害にあった場合はクレジットカードのサポートデスクに電話して補障ができるか確認しましょう。


自動付帯か利用付帯かは要チェック

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険では付帯条件にも気を配っておくと後々トラブルになりません。

付帯条件とは保険の適用の条件のことで、クレジットカードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」と、旅行先でクレジットカードを利用したときに限り保険が適用される「利用付帯」とがあります。

保険の付帯条件が利用付帯の場合は旅行先でクレジットカードを利用している必要がありますので注意が必要です。


まとめ

クレジットカードの付帯保険についてみてきました。

付帯保険はクレジットカードについてくる保険で意外に知らない人が多いですが、うまく使うと海外での旅行保険料の節約やトラブルがあった場合に購入したもの分の金額が戻ってくるなど本当に便利なサービスです。

年会費無料のカードにもついていることがありお得ですよね。

補償の金額などはまちまちですが、クレジットカードを選ぶ際に一つの参考条件としてもらえるといいのかと思います。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ