キャッシュカード一体型カードのメリット、デメリット

公開日:2015年10月2日

キャッシュカード機能がついたクレジットカード(クレジットカード機能が付いたキャッシュカード?)である、いわゆる一体型のカードというものがあります。

この一体型のクレジットカードは銀行のサービスが優遇されるなど、メリットがあるようなのですが、本当にお得なのでしょうか?

今回はキャッシュカード機能つきの一体型のクレジットカードについて考えていきたいと思います。


一体型カードのメリット、デメリット

クレジットカードとキャッシュカードが一緒になった一体型のカードには以下のメリットが考えられます。

■キャッシュカード機能つきのクレジットカードのメリット

  • 2枚が1枚になるということでお財布のスペースが節約できる。
  • 銀行のサービス(ATM手数料など)、クレジットカードのサービス(年会費、付帯サービスなど)双方で優遇が受けられるケースが多い
  • ネット銀行などキャッシュカードが有料発行のケースがあっても、キャッシュカードを無料で発行できる

一方、デメリットとしては以下の点が考えられます。

■キャッシュカード機能つきのクレジットカードのデメリット

  • 再発行が面倒
  • 紛失や盗難時のリスクが大きくなる。
  • 銀行、クレジットカードどちらかを利用しなくなった時に面倒

考えてみると、一体となっていることでメリット、デメリット両方ありますね。

正直サービス面でのメリットはそこまで特筆するものはありませんので、あまり気にせずクレジットカード選びをした方がよさそうです。

今後魅力的なキャッシュカード一体型のクレジットカードがありましたら当サイトでも紹介していきたいと思います。


一体型クレジットカードを紛失した時

キャッシュカード一体型クレジットカードを紛失した時、盗難にあった時など、カードの停止や再発行をする必要があるときに、多くの場合キャッシュカードを発行している銀行と、クレジットカードを発行しているカード会社の両方に連絡する必要があります。

カードは一つになっていますが、サービスは銀行とクレジットカード会社がそれぞれが提供しているものですので、別々に連絡する必要があるのですね。

カードの紛失、盗難による再発行や停止の手続きは緊急の措置なので、1つの問い合わせ先で対応してほしいものですが、仕方ないので忘れないように両方連絡するようにしましょう。

銀行、クレジットカードは、ともに万が一にも不正利用は避けたいものですので、注意するようにしましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ