クレジットカードとマイルの関係と貯め方、活用法

公開日:2015年10月2日

「クレジットカードでマイルがたまる」
こんな話聞いたことありませんか?

マイルとはJALやANAなどの航空会社が飛行機を乗った距離などによって付与しているポイントで、貯めると航空券と引き換えができたり、電子マネーなどに交換ができるサービスです。

ポイントと同様にマイルを貯めるのに命をかけている人もいるほどで非常に人気のプログラムです。旅行によく行く人は貯めている人も多いと思いますが、クレジットカードを活用することでさらに効率的にマイルを貯めることができます。

本記事ではクレジットカードとマイルの関係やマイルの貯め方などを紹介したいと思います。

クレジットカードとマイルの関係

航空会社のポイントサービスですね。航空券に交換できるということでためている人が非常に多いポイントがマイルです。

マイルの貯め方は様々ありますが、基本的には「飛行機に乗る」か、「マイルが付与されるクレジットカードを利用する」か、「マイルに交換できるポイントをためてからマイルに交換する」かに分かれます。

クレジットカードが関係するのは後ろ2つの
「マイルが付与されるクレジットカードを利用する」
「マイルに交換できるポイントをためてからマイルに交換する」
ですね。


「マイルが付与されるクレジットカードを利用する」

航空会社系のクレジットカード会社が発行しているクレジットカードを利用することで、日々のショッピングでマイルがたまります。

JAL、ANA双方クレジットカードを出しているのでシンプルにマイルをたくさん貯めたい人はJALカードやANAカードを利用するとよいと思います。


「マイルに交換できるポイントをためてからマイルに交換する」

また、マイルに交換できるポイントがつくクレジットカードも間接的とはいえ、マイルを貯めることができると言えます。

多くのポイントから交換もできるので、ポイントをためている人はポイントを一つにして、マイルをためているという方は多いのではないでしょうか。

この場合はカードの選択肢が多いことが魅力です。

数あるクレジットカードから自由に選べるので、好きな付帯サービスのあるカードを選べたり、普段は別のポイントをためつつマイルが航空券に交換できるまであと少しというときにポイントの一部をマイルに交換するなど柔軟に利用できる点が魅力です。


まとめ

マイルを貯める方法はさまざまあり、たまったポイントを交換していけば、マイルに行きつく、というのほとんどのクレジットカードで当てはまることです。

マイルをクレジットカードでためようとすると、基本的にはためたいマイルの航空会社が発行しているカードを利用するのが最も効率よくマイルをためることができます。

ただ、大体どのポイントもマイルに交換できるので、付帯サービスなどを見てみて、希望のカードがあった場合はバランスを考えて決めるのがよいと思います。

なお、注意点としてマイルには有効期限があり、基本的に1万マイルはたまらないと使えないので、注意が必要です。

またクレジットカード利用額が極端に少ない方はクレジットカードでマイルをためるということは考えずにほかのサービスを重視してクレジットカードを探すとよいかもしれません。

当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ