クレジットカードの支払方法の特徴や注意点

公開日:2015年10月1日

クレジットカードの支払方法について説明します。

クレジットカードは後払いの決済ですので、ショッピングをした時ではなく、指定された日にクレジットカードで利用した金額をクレジットカード会社へ支払うことになります。

クレジットカードの支払方法の種類

その支払方法は大きく分けると以下の3種類に分けることができます。

■クレジットカードの支払方法

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

本記事では各支払方法の特徴や注意点を紹介したいと思います。

一括払い

一括払いはその名の通り、その月のクレジットカードの利用額をまとめて一度で支払う方法です。

後ほどあげる分割払い、リボ払いとの一番の違いは金利や手数料が発生しないことです。
金利が発生すると利用した金額以上の支払いをクレジットカード会社にしないといけません。

なので、お金を支払うことができる場合は必ず一括払いを選択するようにしましょう。


分割払い

分割払いはその月に支払うべきクレジットカードの利用額を分割して何度かにわけて支払いをする方式です。

2回払い、3回払いなどがこの分割払いにあたり、分割回数を指定することができます。

2回払いであれば今月と翌月に半額ずつ支払うことになり、3回払いの場合は3分割して3か月支払うという方法になります。

一般的に分割払いの場合は分割払い手数料が発生します。


リボ払い

リボ払いは利用金額をあなたが指定した金額ずつを毎月支払ってく方法です。

注意しないといけないのは支払いが終わっていない残高に応じて金利のような形でリボ払い手数料が発生します。

そのため毎月の支払額を少なく設定していると残高が積みあがってしまい借金をしているのと同じ状態になってしまうので利用の際は計画的にする必要があります。

一括払いのところでも書きましたが、基本的に支払ができるのであれば一括払いを選択しましょう。

なお、クレジットカードの場合はリボ払いのみのカードもあるため確認が必要です。


まとめ

クレジットカードの支払方法について学びました。

クレジットカードの支払い方法は私たちの資金の状況によってその月の支払い額を少なくするような柔軟な支払いが可能になっています。

一方で一括払い以外の支払い方法では分割手数料やリボ払い手数料が発生するため注意が必要です。

一概にどれがよいというのはあまりよくないと思いますが、お金を多く支払いたいという方はいないと思いますので、基本的には一括払いにしつつ、その月の状況によって分割払いやリボ払いを検討するというのがおすすめです。

クレジットカード会社によって分割払いの種類が多かったり、支払い方法の呼び名が異なっていたりするので、自分がどの支払方法になるのかを必ず確認するようにしましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ