メリットいっぱい!ゴールドカードの魅力について

公開日:2015年10月2日

ステータス満点のゴールドカードですが、
「ステータスとしてだけで高い年会費を払ってゴールドカードを持つのもばからしい・・・」

そう思っている方もいると思います。

ただ、実際にゴールドカードを持っている人たちはステータスのためにばかり持っているわけではありません。ゴールドの名に恥じないステータス以外のメリットが数多く用意されてます。

今回はそんなゴールドカードのメリットについて説明していきたいと思います。

メリット1:利用限度額が高い

ゴールドカードの大きなメリットに利用限度額が高いことがあげられます。

ゴールドカードを作れるような方ですと、部下を連れてレストランの支払いをしたり、海外旅行に行ったり、接待でゴルフや飲食店の支払いをするなど、自分以外の出費の支払いをすることが多くなります。

自分の出費以外の利用があると案外クレジットカードの限度額はすぐにいっぱいになってしまうものです。

ゴールドカードは一般カードの会員より厳しい審査を通過していますので当然高めの利用限度額が設定されます。

これは大きなメリットです。


メリット2:手厚い付帯サービス

ゴールドカードといえば何といっても付帯サービスが手厚いことが大きなメリットです。

ショッピング保険や海外旅行保険の内容も手厚く、空港ラウンジサービスなどの会員向けサービスが充実します。

人気のゴールドカードの会員サポート、付帯サービスはステータスを感じさせ、実用性も高いものが多いです。


メリット3:プラチナカードへの道が開ける

ステータスカードの最高峰といえるプラチナカードは「男なら一度は・・・」いえ、男ならずともぜひ持ちたくなるステータスがありますよね。

このプラチナカードは多くが招待制のため、「欲しい」と思ってもクレジットカード会社に認められていないと持つことすらできないですね。

そんなプラチナカードに通じているといわれるのがゴールドカードです。各クレジットカード会社はゴールドカード会員の中で、特に優良な会員にプラチナカードのオファーを出しているといわれています。

ゴールドカードは持つだけで終わりではなくプラチナカードに向けた道のりの始まりなのです。


メリット4:還元率が高い

見落とされがちなのが、還元率の高さです。

ゴールドカードは多くの場合、一般カードと比べると高い還元率が設定されています。

例えばセゾンカードのゴールドカードである「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は、一般カードである「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードやセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」に比べる1.5倍の還元があります。

各社同じような設定が多く、先にあげたメリットにある上に、利用額が多ければ一般カードとの年会費の差以上に得をしていたなんてこともあるかもしれません。


まとめ

ここではゴールドカードのメリットについて見てきました。

高額な年会費がある以上、すべての方におすすめできるカードではありませんが、カードに見合った利用額があったり、付帯サービスを使いこなすことができれば年会費以上のお得感があるかもしれないほどメットが多いことは間違いありません。

「ゴールドカードなんてステータスだけでしょ」と思っている方も、ぜひ詳細をチェックしてみることをおすすめします。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ