ステータスカードの意味と富裕層向けのクレジットカード

公開日:2015年10月11日

「ステータスカード」という言葉を聞いたことがありますか?

その言葉の通り、持っていることでステータスを感じることができるクレジットカードのことで、広い意味ではゴールドカードを含めた格式の高いクレジットカードを指しますが、狭い意味では一般的にはカードの募集をしておらず、会員になるにはクレジットカード会社からのインビテーションを必要とする選ばれた人だけがもつことのできるプラチナ、ブラック以上のクレジットカードを指します。

この記事ではサービス内容や入会方法など、そんなステータスカードに関する情報をまとめました。

クレジットカードを選ぶ基準の一つとしてステータスをあげている人や、持っていて恥ずかしくないカードがほしいという方は気になるところだと思います。また、ステータスカードは至れり尽くせりのサービスも魅力ですのでサービス面が気になる方もぜひご覧ください。

ステータスカードのサービス内容

ステータスカードのサービスはクレジットカード会社や個別のクレジットカードによって異なりますが、いずれも手厚いサービスがついているカードばかりです。

代表的なサービスはコンシェルジュサービスです。コンシェルジュがつくと、航空券やホテルの手配を代行してくれたり、その他チケット類やレストランの予約までしてくれます。何かの時に要望を伝えれば、自分でインターネットで探すことなくぴったりのサービスを探してくれたり、うまく利用することで自分の時間を大幅に短縮することができます。

他にも旅行時に手荷物を宅配してくれ、空港自宅間は送迎してくれるなど、かなり手厚いサービスが提供されています。


ステータスカードの年会費

サービスが良いのはわかるけど、気になるのは年会費ですよね。

ステータスカードの年会費はやはりそれなりの金額になっており、最低でも1万円以上、高いものでは数十万円というカードも存在します。ステータスカードの中でも最高峰といわれているアメックスのセンチュリオンカードは年会費30万円以上と言われており、その格式の高さを感じさせます。

逆にいうとそれくらいの年会費を支払うことをいとわないという人をターゲットにしており、支払うことができる人にステータスがあるということもいえます。

ステータスカードについては年会費が安ければよいというわけではなく、年会費は1万円~数十万円かかるものがあると理解していただければと思います。


ステータスカードの入会条件

ステータスカードには誰でももつことができるわけではなく、入会の条件があります。

一般向けに申込を受け付けているゴールドカードを除くと、ステータスカードはクレジットカード会社からのインビテーションがあって初めて入会することができます。

インビテーションとは手紙の形で通知されるのが一般的で、会員の方の利用状況などをもとにクレジットカード会社が独自に判断してステータスカード入会候補者を決定しています。

クレジットカード会社に選ばれるという選ばれた感がステータスカードのステータスを高め人気を集めている一つの要因かもしれません。

なお、インビテーションが来たら必ずステータスカードをもてるというわけではなく、原則申し込み後に審査が行われます。クレジットカード会社に選ばれるくらいなのでここで落ちるということはないと思いますがインビテーション=入会確定ではないということを理解していると、万が一のことがあった場合に心の整理をつけやすいと思います。

なお、一般的にゴールドカード以上の審査はスタンダードなカードよりも審査が厳しくなっており、よく言われる「年収500万円以上、30歳以上」など一定の基準が設けられています。


ステータスカードの入会のヒント

それでは「ステータスカードを持ちたい」と思った時に、何をどうするのが近道か考えてみます。

欲しいクレジットカードの下位カードを利用する

まず一番の近道は欲しいステータスカードがあれば、そのクレジットカードの下位カードを利用して、クレジットヒストリーを積むということです。

スタンダードカード、ゴールドカード、プラチナカードの順でカードラインナップがある場合、下位のクレジットカードで利用を続けていると、上位のクレジットカードのインビテーションが届く場合があります。

例えば三井住友VISAゴールドカードなどは上位にプラチナカードをもつゴールドカードです。三井住友VISAカードのプラチナカードが欲しい場合は、こういった下位のゴールドカードをまず作り、良質なクレジットヒストリーを積むことで、上位のステータスカードのインビテーションが届く可能性が高まります。


海外旅行などで積極的に利用する

また、噂の域を出ませんが、海外旅行での利用やいわゆる高級店でのクレジットカードの利用があるとインビテーションが届きやすいという話もあります。

クレジットカード会社が個別審査をしているため、利用履歴の利用場所をチェックしているかもしれないというところから出ている話でしょう。

当然、クレジットカード会社がこの手の審査基準を明かすとは思えないので何とも言えませんが、何年も利用しているのに一向にクレジットカード会社からインビテーションがないという方は、クレジットカードの利用場所を意識してみるのも一つの方法かもしれません。


まとめ

ステータスカードについてみてきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • コンシェルジュや送迎などプレミアムなサービスが付帯
  • ステータスカードの年会費は30万円以上のものもある
  • 入会にはインビテーションが必要
  • ほしいステータスカードがある場合は、たくさん利用してクレヒスをつくる

ステータスカードは年会費がスタンダードカードの何倍もするカードですので、すべての方におすすめできるクレジットカードではありません。年会費永年無料のカードしか持たないという方にとっては何のために存在しているのかすらわからないカードでしょう。しかしステータスカードには手厚いサービスと、圧倒的なステータスがあります。

見えない「ステータス」はビジネスを有利に運び、人間関係にも好影響を与える可能性があります。そういった金額換算のできない価値をとらえることができる人にはステータスカードはとても魅力的なものになります。

必要に感じた方もすぐには持つことはできませんので、まずクレジットヒストリーを積むことから始めるのがおすすめです。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ