与信枠の意味と与信枠を増やす方法

公開日:2015年10月11日

与信枠とはクレジットカード会社から顧客にいくらまでならお金を貸すことができるかその額を一人一人に設定している金額のことです。

お金を貸すというのはキャッシングだけでなくショッピング利用分も含まれますので、クレジットカードの管理画面などでいうと総利用可能額(ショッピング+キャッシング合計)というような表示がされています。限度額と同じような意味と理解しておきましょう。

与信枠はどうやって増やすのか?

与信枠が増えることは貸出し可能額が増えるということなので実際に利用する必要はなく、クレジットカードを使いすぎてしまう可能性があるという点以外は基本的には悪いことではありません。

ではこの与信枠はどのように増やすことができるでしょうか?

結論は「クレジットカードを利用し続ける」ことです。(もちろん支払いなどは滞らせずに)

クレジットカードを利用していくと利用の履歴が個人信用情報機関に蓄積されていきます。その履歴はクレジットヒストリーと呼ばれ、クレジットカード会社が与信枠の審査等で利用することになります。

つまり良い利用履歴=クレジットカード会社の審査で有利となります。

クレジットカード会社は自主的に与信枠の更新を行っていますので、こちらから申請しなくても普通に1年も利用していれば、良質なクレジットヒストリーを積むことができ、積み重ねていけば自然と与信枠は広がっていくのです。

すこし時間はかかりますが与信枠を増額する王道は普通にクレジットカードを利用して、良質なクレジットヒストリーを積むことにあります。

最初から大きな与信枠を設定してもらうには?

上述したように与信枠を増額するには良質なクレジットヒストリーを積んでいく必要がありますが、それにはある程度時間がかかります。

最初から大きな与信枠を設定してもらいたい場合はどうしたらよいでしょうか?

これは正解はありませんが、一般的にはやシティ銀行系など、審査の厳しいクレジットカード会社でカードを作ると大きめの与信枠が設定されるといわれています。

審査が厳しい分最初から大きめの与信枠を設定してもらえるんですね。確実ではありませんが信用状態に問題がなく、大きめの与信枠が必要な方は試してみてもよいと思います。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ