国際ブランドの意味、役割と種類

公開日:2015年10月1日

ここではクレジットカードの国際ブランドについて説明します。

「クレジットカードの国際ブランド」と聞いてピンとくる方は少ないと思います。

クレジットカードが使えるお店には「VISA」とか「Master card」のロゴが提示してあり、それらが使えるかどうかわかりますよね。

それを見て私たちは、クレジットカードの右下についたロゴから、自分のクレジットカードがこのお店で利用できるかどうかを判断しています。

この「VISA」とか「Master card」といったものがクレジットカードの国際ブランドです。

国際ブランドは世界中の加盟店とクレジットカードの決済ができるよう契約して、クレジットカードの決済をできるようにしています。

私たちはVISA (ビザ)などの国際ブランドで直接カードを作っているわけでなく、各クレジットカード会社がこの国際ブランドと契約することで、その会社が発行するクレジットカードが世界中で取引できるようにしています。


国際ブランドの種類

現在国際ブランドには以下の5つがあります。

■国際ブランドの種類

  • VISA (ビザ)
  • Master Card (マスターカード)
  • JCB (ジェーシービー)
  • American Express (アメリカン・エキスプレス)
  • Diners Club Card (ダイナースクラブカード)

国際ブランドがあるおかげで、各クレジットカード会社はカードごとに加盟店と契約をする必要がなく、加盟店も決済できるカードを増やすのにたくさんのカード会社と契約をする必要がなくなっています。

加盟店やクレジットカード会社にとってはとても重要な国際ブランドですが、私たち利用者にとっては「クレジットカードが利用できるかどうかの目印」であると理解しておけば困ることはないでしょう。

なお、利用できる加盟店で国際ブランドを比較すると、VISA (ビザ)かMaster Card (マスターカード)であれば大抵のお店で使えるので気にする必要はありません。

アメックスやダイナースは日本国内では決済できないお店があったり、逆にJCBは海外で利用できない店が結構ありますので、自分の目当てのクレジットカードの国際ブランドはチェックしておくとよいと思います。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ