家族カードを活用してもっとお得に利用する

公開日:2015年10月5日

多くのクレジットカードに「家族カード」というカードを発行することができるサービスが用意されています。

まだ活用していない方も多くいると思いますので、ここでは家族カードのサービス概要とメリットについて説明します。

家族カードとは

家族カードとはその名の通り、クレジットカード会員の家族のカードとして、別のクレジットカードを発行することができるサービスです。


家族カードのメリットは?

家族カードのメリットは大きく以下の4点があげられます。

■家族カードのメリット

  1. 年会費が安い
  2. 本会員と同じサービスを受けることができる
  3. 支払いやポイントをまとめることができる
  4. 審査に本会員の信用力が考慮されるため、信用に不安のある方でもクレジットカードをもつことができる

順に一つずつ見ていきましょう。


1.年会費が安い

多くの家族カードはクレジットカードの本会員の年会費の半額や年会費無料で発行が可能になります。

同じサービスが受けられることを考えると、家族内で同じクレジットカードを持っている場合、別々で作るよりも一人のクレジットカードをもとに家族カードを作った方がお得になります。

特にゴールドカードなどでは家族カードの年会費は無料としているカードも多く、メリットが非常に大きくなっています。
(入会キャンペーンなどを実施している場合は、そこでの景品額との比較になります。)


2.本会員と同じサービスを受けることができる

家族カードは年会費などが格安でありながら、原則的には一般の会員と同様のサービスを受けることができます。

1のメリットと合わせて考えると、年会費がかかる高還元率のカードがあった場合、家族カードを作ってしまえば年会費が安く抑えられた高還元の最強クレジットカードになる可能性を秘めているのです。

たとえば、高還元で有名な漢方スタイルクラブカードでは家族カードの年会費が半額以下の525円に設定されており、年会費525円ですべての取引に1.75%の超高還元がつく最高のクレジットカードとなります。


3.支払いやポイントをまとめることができる

ポイントをまとめられる点もメリットです。

家族カードの場合、支払いやポイントをまとめることができます。

家族それぞれの利用額はそこまで多くなくても全員分を合わせることができれば2倍、3倍ポイントがためやすくなり、失効や交換忘れのリスクを抑えることもできます。


4.信用に不安のある人でもカードを持つことができる

家族カードの審査には本会員の信用力が考慮されるため、一般のクレジットカードの審査が通らなかった方でも、家族カードの審査であれば通る可能性があります。

家族カードであれば学生でもクレジットカードを作ることができるというカードも多くあるため、なかなかクレジットカードを持ちづらい方々も持つ機会を得ることができるサービスになっています。


まとめ

家族カードのサービスの概要とメリットを見てきました。

先にあげたように家族カードのサービスは「家族」という制約はあるものの、費用は安く同じサービスを受けることができるため積極的に活用したいサービスです。

これから作りたいクレジットカードをすでに家族内でもっている人がいる場合や、同じクレジットカードを家族でこれから作ろうとしている場合や、審査が通らないカードがありそのカードを家族が持っている場合などは家族カードのサービスを活用してお得にクレジットカードを使いましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ