ICチップ搭載カードの特徴やメリット

公開日:2015年10月5日

クレジットカードのサイトや資料を見ていると、ICチップ付きのクレジットカードという記載をみかけることがあります。

ICチップ付きのクレジットカードはいったい何なのでしょうか?

今回は知っているようで知らないICチップ付きクレジットカードについて学びます。

ICチップ搭載のクレジットカードとは

ICチップ搭載のクレジットカードとはICチップと一体になったクレジットカードのことを言います。

そもそもICチップのICはIntegrated Circuitの略で集積回路の意味です。

集積回路とは演算機能を持った電子回路のことで、通常のクレジットカードの磁気ストライプよりも多くの情報保持することができ、複雑な処理も可能になります。

この特徴からICチップ付きのクレジットカードは偽造されるリスクが低くなるセキュリティの高いクレジットカードといえます。

また、本人確認にサインだけでなく暗証番号を利用するため、悪用されずらく、認証も早いという次世代のクレジットカードであるといえます。


クレジットカードの不正利用

クレジットカードを利用する上で、一番怖いのが不正利用ですが、クレジットカードの不正利用の原因には主に以下のようなものがあります。

■主なクレジットカードの不正利用

  • 個人情報漏えい
  • スキミング
  • カードの盗難

個人情報の漏えいはネットショッピング等で入力したカード番号を知られてしまい使用されてしまうことです。

スキミングはカードを特殊な機械を通して、カードの情報を読み取り、偽物のカードを作られて不正利用されてしまうことです。

カードの盗難はクレジットカードそのものを盗難され、そのカードで不正利用をされてしまうことです。

ICチップ搭載クレジットカードはこの中の「スキミング」による不正利用のリスクを減らすものです。

スキミングはクレジットカードを特殊な機械に通してカード情報を読み取るもので、海外などでは多くある犯罪行為です。

海外旅行が好きな人などは、ICチップ搭載カードにすると、スキミングのリスクも減るので特におすすめです。


まとめ

ICチップ搭載のクレジットカードについて見てきました。

ICチップ搭載のクレジットカードは偽造を難しくすることで、スキミング等による偽造カードの不正利用のリスクを減らすことができます。

ICチップのあるカードという形で探す方はまだまだ少ないと思いますが、セキュリティを気にされる方や海外で利用する機会が多い方などはクレジットカード選びの参考として確認しておくことをおすすめします。

もちろん、クレジットカードの不正利用はスキミングだけではないので、盗難やカード情報を盗まれることがないように利用者が自分を守るために注意をする必要はあります。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ