ワンワールドの提携航空会社一覧とエアラインアライアンスのメリット

公開日:2015年10月7日

ワンワールドとは12の航空会社で結成されたアライアンスの1つでJALはこのワンワールドに加盟しています。

アライアンスをした航空会社同士は協力してフライトオプションや特典をワンワールド提携航空会社の利用客に提供します。

そのためワンワールドの加盟航空会社間ではマイルの相互利用が可能になっています。

具体的にはワンワールドの加盟航空会社に搭乗した場合、フライトマイルとしてJALのマイルがたまります。またたまったJALのマイルでワンワールド加盟航空会社の航空券に効果が可能になっています。

ワンワールドの提携航空会社

2013年現在ワンワールドには世界12社の航空会社が加盟しています。

加盟航空会社 国籍 子会社
airberlin ドイツ NIKI 航空
アメリカン航空 アメリカ アメリカン・コネクション
アメリカン・イーグル航空
British Airways イギリス BA Cityflyer
British Airways (BA)
Limited、Comair
OpenSkies
サンエアー・オブ・スカンジナビア
キャセイ
パシフィック航空
香港 香港ドラゴン航空
Finnair フィンランド Flybe Finland
Iberia スペイン Iberia Regional Air Nostrum
Iberia Express
日本航空 日本 JAL エクスプレス
ジェイエアー
日本トランスオーシャン航空
LAN チリ LAN Argentina
LAN Colombia
LAN Ecuador
LAN Express
LAN Peru
Malaysian Airlines マレーシア
カンタス航空 オーストラリア カンタスリンク
ジェットコネクト
Royal Jordanian ヨルダン
S7 Airlines ロシア Globus
LLC


エアラインアライアンスのメリット

ワンワールドのような、各航空会社が協力して顧客にサービスを提供していく集まりをエアラインアライアンスといいます。

ワンワールドのようなエアアライアンスはほかに、ANAが参加する「スターアライアンス」や「スカイチーム」があり、合計世界に3つのエアラインアライアンスがあります。

エアラインアライアンスは航空会社にとって、自社の航空便ネットワークが手薄なまたは乗客の少ない路線をコードシェアすることでネットワークを拡大することができ、結果として業務の効率化や搭乗率の増加を可能にします。

また、エアアライアンス内の航空会社を利用しても、自社と同じようにマイルがたまるようにすることで、顧客の囲い込みをすることができる点も大きいといわれています。

■エアアライアンスの航空会社のメリット

  • 自社の航空便ネットワークを拡大できる
  • 業務の効率化と搭乗率を増加できる
  • 顧客の囲い込みをすることができる


エアアライアンスの利用者のメリット

一方で利用者にとってもメリットがあります。

利用者はエアラインアライアンス内の航空会社に搭乗することでもマイルがたまるようになるので、マイルがたまる機会が増えることになります。

また、マイルをためて使う時にも提携航空会社の搭乗券と交換することができるというのも大きなメリットです。

上級会員になれば各航空会社提携のラウンジを使用することができるのもうれしいですね。

■エアアライアンスの利用者のメリット

  • マイルがたまる機会が増える
  • マイルから提携航空会社の搭乗券と交換することができる
  • 各航空会社提携のラウンジを使用することができる

このようにエアラインアライアンスは、航空会社と利用者の双方にメリットがあり、航空会社が生き残りをかけて団結してサービスを提供してくれるので、利用者としてもぜひ活用していきたいですね。


まとめ

ワンワールドについて見てきました。

今回説明した内容のまとめを以下に記載します。

  • ワンワールドとは複数の航空会社間で結成されたアライアンスの一つ
  • JALもワンワールドに加盟している
  • ワンワールド提携航空会社に搭乗するとJALマイルがたまる
  • JALマイルからワンワールド提携航空会社の航空券に交換ができる

上手に利用してJALマイルを効率的にためて効果的に使いましょう!


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ