ANAマイルがたまるクレジットカード一覧

公開日:2015年10月26日

これまでANAマイルのため方や使い方を紹介してきました。

それでは実際にどのクレジットカードを選ぶとANAマイルがたまるでしょうか。

本記事では、当サイトで紹介しているクレジットカードのうち、ANAマイルがたまるクレジットカードを紹介します。

年会費とANAマイルのたまりやすさで比較していきましょう。

それでは見ていきましょう。


ANAマイルがたまるクレジットカード一覧

カード名 年会費(初年度・翌年度) マイル還元 区間マイル
ANA JCB一般カード 無料 2,100円 1,000円10マイル 10%増額
ANA JCBワイドカード 7,612円 7,612円 1,000円10マイル 25%増額
ANA JCBカード プレミアム 73,500円 73,500円 1,000円20マイル 50%増額
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,350円 7,350円 100円1マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 32,550円 32,550円 100円1マイル
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 10,500円 10,500円 100円1マイル
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 無料 2,100円 1,000円10マイル 10%増額


まとめ

ANAマイルがたまるクレジットカードを見てきました。

  • たまるマイルはショッピング時と搭乗時の区間マイルのボーナス
  • ショッピング時のマイルと区間マイルのボーナスの両方つくカードもある
  • グレードが上がるほどマイルはたまりやすくなる

ANAのマイレージカードもJALと同様にショッピング時にたまるマイルと搭乗時にたまるマイルが増額されるものがあります。両方の機能があるカードも提供されていますので、年会費と自分の生活スタイルを考えて選ぶとANAマイルが効率的にためることができます。

利用金額によってどのカードがお得かは変わってきますので、利用金額別のお得なクレジットカードを別の記事で検証していますので、あわせてこちらも参考にしてください。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ