ANAマイレージクラブ(AMC)の意味とマイルの特徴やため方

公開日:2015年10月9日

ANAマイレージクラブ略称AMCとはANA(全日本空輸)が提供するマイレージプログラムおよびその略称です。

ANAが顧客ロイヤリティ向上のために提供しているもので、加入するとANAを利用して飛行機に搭乗すると、マイルがたまるようになり、たまったマイルを利用すると無料で航空券と交換することができます。

ANAマイルの特徴

マイルは「たまったポイントで旅行にいける」というわかりやすさからか、たまりやすさからかとても人気の高いポイントプログラムです。ポイントをためている方はマイルをためている方が多く、各ポイントからもANA、JALのマイルに交換できるものが多くなってきています。

ただポイントの交換経路は限られていて、ANA、JALどちらのマイルにも交換可能になっているポイントは現状ほとんどありません。

クレジットカードのポイントも同様で、これからクレジットカードを利用しようという方もどちらかのマイルをためている方、これからためようと思っている方も多いと思いますが、どちらのマイルを貯めたいかで選ぶクレジットカードも変わってきますので、まずはどちらのマイルをためるのかを明確にしておきましょう。

ANAとJALのどちらのマイルをためたらよいか迷ったら・・・

どちらのマイルをためたらよいかわからないという方は、ANAマイルをおすすめします。

ANAの場合は世界最大の航空会社アライアンスのスターアライアンスに加入しているので、スターアライアンス加盟航空会社の飛行機に搭乗することでもマイルがたまり、たまったマイルは加盟航空会社の航空券と交換することができ、JALが所属しているワンワールドよりも所属航空会社が多いので、マイルがたまりやすく、マイルがたまった後も交換できる航空券が多いという意味で有利になります。

またマイルから交換できるポイントもANAの方が豊富(楽天、Tポイントなど)なので、迷ったらひとまずはANAマイルをためるで良いと思います。


ANAマイルの使い道

ANAマイルを一定以上ためたら、航空券に交換するなどして、マイルを使うことになります。

マイルの使い道というと、ANAの航空券へ交換というイメージが強いですが、航空券以外にも色々と使い道があります。

スターアライアンス提携航空会社の航空券に交換したり、座席のアップグレード、その他ANAのクーポンなどに交換することが出来ます。

航空券には7,500マイルから交換可能ですので、それ以下のマイルが余って有効期限が迫っている場合などには、他の選択肢を検討してみると良いと思います。

ANAマイルの使い道の詳細は以下の記事で紹介していますので参考にしてください。


マイルを効率的にためる方法

上述した通り、ANAマイルで航空券に交換するには7,500マイルが必要になるので、普段飛行機にあまり乗らない人は、うまくマイルをためる必要があります。

ANAマイルを効率的にためるには、他のポイントからマイルに集約させたり、海外旅行が多い人はスターアライアンスの提携航空会社を活用する必要があります。

■ANAマイルを効率的にためる方法

  • 他のポイントをマイルに集約させる
  • 海外旅行が多い人はアライアンスを活用

ANAマイルはいくつかのポイントから交換してゲットすることもできます。

クレジットカードのポイントもANAマイルに交換することができるので、日々の支払いでポイントをがっつりためて、マイルに交換してただで旅行をするということも夢ではありません。

ANAマイルへ交換できるポイントは限られていますので、以下の記事でチェックをしてANAマイルに交換できるクレジットカードを活用するようにしましょう。

もちろんクレジットカード以外のポイントからもマイルへ交換可能ですので、自分がためているポイントがあればぜひ集約して活用するようにしましょう。

また、スターアライアンスに加入している航空会社を利用した場合にもANAマイルがたまります。

ですので、海外旅行でANAの飛行機が使えないときにもスターアライアンス提携航空会社を利用することで、効率的にマイルをためることができます。

スターアライアンス提携企業は以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。


陸マイラーというつわものがいる

上述した通り、ANAマイルは飛行機に搭乗するだけでなく、クレジットカードなどを利用してポイントをためることで、マイルに交換することができます。

そのため、極論飛行機に全く乗らなくてもマイルをためて、航空券に交換することが可能です。

このように、クレジットカードや電子マネーのみでポイントをためてマイルをためる人のことは「陸(おか)マイラー」と呼ばれています。

飛行機に乗らない=陸(空でない)という連想で、「陸(おか)マイラー」と呼ばれているのですね。

マイルをためる王道は飛行機に乗ることですが、クレジットカードなどのポイントでも十分なポイントがたまりますので、別に悪いことでもないですし、そのように呼ばれている程度に覚えておきましょう。

マイルというプログラムは、色々なため方ができ、人によって活用の仕方が大きく異なるところも面白いところですね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ