【JAL→他社】JALマイルから交換できるポイント一覧

公開日:2015年10月8日

JALマイルの使いみちの一つに他のポイントに交換するという手段があります。

JALマイルをためていて失効が近づいてきたときに、「忙しくて旅行に行けない!」、「航空券は今は必要ない」となった時などに、別のポイントに交換すればポイントを失効することなく、マイルを有効に活用できますね。

正直交換レートがあまりよくないので、積極的に利用する交換先ではないと思いますが、非常時の備えとして自分がためているポイントがあるか確認しましょう。


JALマイルから交換できるポイント一覧

ポイント 交換レート 最低交換単位
WAON
waon
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
Amazonギフト券
img_amazon_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
Suica
img_suica_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
PASMO
img_top_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
小田急ポイント
img_odakyu_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
近鉄KIPSポイント
img_kintetsu_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
ローソンPonta
img_loson_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
JTBトラベルポイント
img_jtb_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
ビッグポイント
img_bicpoint_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
JMB伊予鉄特典
img_iyo_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
PiTaPa
img_pitapa_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル
nimoca
img_nimoca_s
10,000マイル=10,000円分 10,000マイル


マイルを他社のポイントに交換をすると価値を下げる?

JALマイルから他社のポイントに交換できるポイントを上記しましたが、すべてのポイントが1マイル1円換算で交換をすることになります。

ご存知の通り、JALマイルの使い道として最もメジャーなのは「航空券への交換」です。

その場合の交換レートは、「距離」「時期」「特別割引」などによって変動しますが、おおむね1マイル2円から4円の間になります。

そこから考えると、航空券に交換するのに比べて、他社のポイントに交換するとマイルの価値が半分から4分の1程度まで毀損してしまう可能性があるという点に注意が必要です。

もちろん、現金同様に利用できるポイントの方が使い勝手が良いという意見の方もいるのかもしれませんが、マイルをためている方は飛行機を利用する方と考えると、他社のポイントではなく航空券に交換する方がお得であると思われます。

航空券は最低交換マイルが7,500マイルですので、10,000ポイントからしか交換できない他社のポイントと比較して使い勝手がよいことがわかります。

JALマイルの使い道についての詳細は別の記事で紹介していますので、そちらを参照いただけますと幸いです。

元々マイルは顧客の囲い込みのためにあるサービスですので、他社にマイルを逃がすというのはJAL的にも望ましくないでしょうし、不利なようにサービス設計されているのでしょう。

であれば、わざわざ不利な他社へのポイントの交換はなるべく避けて、特典航空券への交換をはじめとしたJALのサービスに利用するようにしたいですね。


まとめ

JALマイルから交換できるポイントについてみてきました。

  • JALマイルから交換できるポイント・電子マネーは12種類
  • 交換レートは1マイル1円相当
  • 無料航空券や自社ポイントとの交換よりレートは悪い
  • マイルの失効や航空券が不要の方にはおすすめ

外部のポイントへの交換先は電子マネーも合わせると12種類と豊富にあります。

交換レートがどのポイントも1マイル=1円相当となっているので、航空券や自社ポイントのeポイントには及ばないものの、色々なところで利用できるという点では利点があるので、マイルで航空券を狙っていなかったり旅行に行く時間がないけれど失効のタイミングが来てしまった場合などの緊急交換先としては良いと思います。

交換先のポイント目当てにJALマイルをためるというのはあまり効率的ではないので考えなくてよさそうです。

外部ポイントへの交換はマイル活用の主流ではないと思いますが、知識として知っておき、いざという時に備えましょう。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ