JALマイルのため方の種類やクレジットカードのたまりやすさ

公開日:2015年10月8日

JALマイルをためる方法は飛行機に搭乗したり、クレジットカード利用によるものだけではありません。

JALマイルをためる方法は以下のように色々ありますので、今回はそれぞれ順に見ていきます。

■JALマイルのため方

  • フライトでためる
  • 提携ホテルに泊まってためる(1泊200~2,000マイル)
  • 提携温泉旅館に泊まってためる(100円につき2マイル)
  • 旅行関連のアイテム購入、サービス利用でためる
  • JAL指定ツアー参加でためる(国内200マイル、海外700マイル)
  • 日々の買い物でためる

それでは早速いってみましょう。

フライトでためる

もっともメジャーなマイルのため方ですね。

JALグループ航空会社、JMB提携航空会社の飛行機に搭乗すると搭乗ごとにマイルがたまります。またJAL国際線では、機内販売商品の購入でも100円につき1マイルがたまります。

なお、フライトマイルは搭乗距離ごとに設定された「区間マイル」とファースト、エコノミーなどの利用料金クラスごとに設定されている「マイル積算率」を掛け合わせて算出されます。

現時点で東京沖縄(那覇)間の「区間マイル」は片道984マイル、エコノミーは「マイル積算率」が100%なので片道984マイル、往復1968マイルたまる計算になりますね。

提携ホテルに泊まってためる

JMBが提携しているホテルに宿泊することでもマイルがたまります。

JMB提携ホテルは13,000軒以上あり、そこで宿泊するとマイル積算対象となり、積算の計算は対象ホテルごとに異なり、「宿泊数、利用金額に応じてマイルが積算されるホテル」と、1滞在で「固定のマイルが積算されるホテル」があります。

提携温泉旅館に泊まってためる

ホテルと近いですが、提携の温泉旅館に泊まることでもマイルがたまります。

JALが選出した温泉宿の宿泊料金や利用代金を支払うと代金100円につき2マイルJALマイルがたまります。

対象の温泉は日本全国に約230件(2013年9月時点)と豊富でJALマイルをためている方は一度見ておくとひょんなことでマイルがたまるかもしれませんよ。


旅行関連のアイテム購入、サービス利用でためる

JALが指定した旅行の準備に関連したアイテムの購入やサービスを利用することでもマイルがたまります。

携帯電話のレンタルやレンタカー、駐車場、空港宅配サービスなどがあり、旅行の前にはチェックしておくと効率的にマイルをためることができます。


JAL指定ツアー参加でためる

JALマイレージバンク旅プラスに入会するか、「JMB旅行会社提携カード」に入会すると対象ツアーに参加すると通常のフライトマイルだけでなく「JALツアーマイル」がたまるようになります。

JALマイレージバンク旅プラスは年会費、入会金無料なのでJALのパックツアーをよく利用する人は入会しておいてもよいかもしれませんね。

国内のジャルパックが企画・実施するツアー(JALパック、JALダイナミックパッケージ、JMBツアー、JMB旅プラス会員ツアーなど)、海外のジャルパックが企画・実施するツアー(JALパック、JAL海外ダイナミックパッケージ、JMBツアー、JMB旅プラス会員ツアー びゅうワール)がそれぞれ対象になります。


日々の買い物でためる

日々の買い物でもマイルがたまります。クレジットカードでの利用でたまるのはこの分類に入りますね。

クレジットカード以外だと、イオンのお店でWAONで支払いすると200円ごとに1マイルたまったり、ビッグカメラでたまるビッグポイントの代わりに100円ごとに3マイルたまるなど、提携する飲食店や小売店で買い物やサービスを利用するとマイルがたまります。


まとめ

JALマイルの貯め方について説明しました。

今回説明したJALマイルの貯め方を以下にまとめて記載します。

  • フライトでためる
  • 提携ホテルに泊まってためる(1泊200~2,000マイル)
  • 提携温泉旅館に泊まってためる(100円につき2マイル)
  • 旅行関連のアイテム購入、サービス利用でためる
  • JAL指定ツアー参加でためる(国内200マイル、海外700マイル)
  • 日々の買い物でためる

JALのマイルをためる方法は色々あります。クレジットカードを利用してためるのは、このうちの「日々の買い物でためる」でためているのです。

クレジットカードの利用だけで目標のマイル数が足りないという時は上記を参考にしていただき、他のため方を活用して補完することも重要です。

また意外に知らないところでもマイルがたまります。とりこぼしてはもったいないので、JALマイルを貯め始めた人はぜひ一度は公式サイトを確認してみましょう。

なお、ANAマイルのため方は別の記事で紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてください。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ