陸(おか)マイラー向けの高還元率おすすめカード

公開日:2015年10月26日

飛行機に乗らずに、日々の買い物などだけでマイルをためる陸マイラー(おかマイラー)の方向けのクレジットカードを紹介します。

陸マイラーの方にとっては、クレジットカード選びがマイルをためるためのポイントの半分以上を占めると思いますので、ぜひチェックして参考にしてください。

それでは早速いってみましょう。

陸マイラー向けのクレジットカードとは

まず、当サイトで考える陸マイラー向けのクレジットカードとは、マイレージカードの機能としてある「買い物によるマイルの付与」と「搭乗マイルの増額ボーナス」のうち「買い物によるマイルの付与」に特化したクレジットカードです。

買い物によるマイルの付与が重要なことはもちろんですが、「搭乗マイルの増額ボーナス」は飛行機に乗らない陸マイラーには100%不要な機能ですので、年会費が高くなる原因となりそうな不要な機能は外して、必要な機能のみにフォーカスすることで最大限に得することができるからです。

それではANAマイル、JALマイルそれぞれのおすすめクレジットカードを紹介していきます。


ANAマイルを貯めたい方向けのおすすめクレジットカード

ANA JCB一般カード
jcb-ana2
ANA JCB一般カードはANAマイルがお得にたまるクレジットカード。初年度年会費無料で1,000円利用で10マイル相当のポイントがたまります。搭乗ごとの区間マイルも10%増額になるので、少ない年会費でマイルをお得にためたい方にはぴったりのANAマイレージカードです。

  • ANA JCB一般カードの特徴、還元率

  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
    jcb-anasorachika
    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は年会費初年度無料で100円利用ごとに1マイル相当のポイントがたまるマイレージカード。搭乗ごとの区間マイルも10%増額されます。さらに電子マネー「PASMO」と一体型になっていてオートチャージ機能も付帯!飛行機も電車もよく乗る方におすすめの交通マイレージカードです。

  • ソラチカカードの特徴、還元率

  • ANA JCBカード プレミアム
    jcb-anapremium
    ANA JCBカード プレミアムはANAカードの最高峰。1,000円利用ごとに20マイル相当のポイントがたまり、搭乗ごとの区間マイルボーナスも50%増額とプレミアムな還元になっています。さらに付帯保険も最高1億円の海外・国内旅行傷害保険が付帯して充実!

  • ANA JCBカード プレミアムの特徴、還元率

  • ANAマイルがたまるクレジットカードは100円で1マイルor 1000円で10マイルがたまる還元率1.5%のクレジットカードがほとんどです。その中で区間マイレージの増額や付帯保険でサービスの差別化を行っています。

    陸マイラーは飛行機に乗らない前提なので、区間マイルの増額も海外旅行損害保険も不要ですので、おすすめはそれらのサービスをそぎ落とした低年会費でマイルがたまるシンプル設計のカードです。

    ANA JCB一般カード、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はともに年会費初年度無料で、次年度以降2,100円の年会費の低年会費カードです。

    マイルも双方1,000円で10マイル相当のポイントがたまるサービスになっています。ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はPASMO一体型という点が大きな特徴になるので、電車でPASMOを使用するという方はANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)、それ以外の方はANA JCB一般カードを選択するとよいでしょう。

    またANA JCBカード プレミアムは唯一1,000円の利用で20マイル相当のポイントがたまるカードです。

    還元率は3%とANAマイラー向けカードでも最高峰ですが、年会費が73,500円とプレミアムな価格となっています。還元率だけで考えると、前述のANA JCB一般カード、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を還元率で上回るのは利用額が700万円を超えてからとなりますので、年間利用額が700万円以下の方は上記2カードを選択するとお得になります。

    当然ANA JCBカード プレミアムは付帯サービスも充実したプレミアムカードですので還元率以外の項目を重視される方はチェックしてみるとよいと思います。

    続いて、JALマイルをためたい方のクレジットカードを見ていきましょう。


    JALマイルを貯めたい方向けのおすすめクレジットカード

    イオンJMBカード
    aeon-jmbcard2
    イオンJMBカードは年会費永年無料でJALカードがたまるクレジットカード。イオンカードと「WAON」、JALマイレージバンクが一つになっており、クレジットカードも電子マネーも200円利用で1マイルがたまる!イオンカードでもあるので毎月20日30日はイオン各店で5%割引を受けることができます。

  • イオンJMBカードの特徴、還元率

  • セゾンカード ゴールド・アメリカンエキスプレス
    saison_gold_amex
    セゾンカード ゴールド・アメリカンエキスプレスは初年度年会費無料でJALマイルがたまるゴールドカード。年会費4,200円のSAISON MILE CLUBに入会すると2,000円で20マイルがたまる!海外空港ラウンジサービスの「プライオリティパス」の年会費優遇もあり、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯するなど付帯サービスも充実しています。

  • セゾンカード ゴールド・アメリカンエキスプレスの特徴、還元率

  • ANAマイルと同様、マイレージカードのうち買い物で付与するマイルに特化したクレジットカードです。

    JALカードが外れていることが驚きですが、JALカードは区間ボーナスがあるので飛行機に乗ってマイルを貯める方にはとてもお得なカードですが、買い物のみとなると年会費永年無料のイオンJMBカードや、年会費初年度無料で1.5%の還元をするセゾンカード ゴールド・アメリカンエキスプレスに及びませんでした。

    年間利用額67万円以上ある方であれば還元率上はセゾンカード ゴールド・アメリカンエキスプレスが有利になるので、年間利用額67万円以上はこちらを選択するとよいと思います。

    年間利用額67万円未満の方、あるいは年会費は無料がよいという方はイオンJMBカードを選択すると安心です。


    まとめ

    陸マイラー向けクレジットカードについて考えてきました。

    ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

    • 買い物によるマイルの付与に特化したクレジットカードを選ぶ
    • 搭乗マイルボーナスがあるクレジットカードは避ける
    • 各マイルがたまるカードから還元率と年会費を考慮して選ぶ

    ANAマイル、JALマイルそれぞれおすすめのクレジットカードをみてきましたが、ポイントとしては同じで、マイレージカードは「買い物時のマイル付与」と「搭乗時に付与されるマイルの増量」という2つのメリットがありますが、陸マイラーの方は飛行機には乗らずに買い物でマイルを貯めることになるので、そのうちの「買い物時のマイル付与」が優れているカードを選ぶことが重要です。

    一般的には搭乗ボーナスがついているクレジットカードは、搭乗ボーナスなしのクレジットカードに比べて年会費が高くなる傾向があるので、一概には言えませんが搭乗ボーナスありのクレジットカードではなく、搭乗ボーナスなしのクレジットカードを選択したほうがよいことが多いです。

    上手にマイルをためて、無料航空券をゲットできるよう頑張りましょう!


    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ