利用金額別!JALマイルが一番たまるカードとは?

公開日:2015年10月26日

クレジットカードを活用して得しようとする人に人気の「マイル」はためている人も多いと思います。

マイルをためている方にとって、「マイルが一番たまりやすいクレジットカードはどれだろう?」というのは気になるところだと思います。

今回はJALマイルが最もたまるクレジットカードは何か?ということを検証したいと思います。単純に利用金額に対してマイルがたまる還元率が高いカードだけでなく、年会費も加味した利用金額別のお得なおすすめカードを紹介します。

それでは早速見ていきましょう。


マイルが一番たまるクレジットカードとは

マイルがたまるクレジットカードとは何か?と質問されたとき、私なら「生活スタイル(ショッピング利用額、飛行機の搭乗内容)によって異なる」と答えると思います。

実際にマイラー向けのクレジットカードでマイルをためる方法は大きく2つで、「買い物の利用額に応じてマイルが付与される」か「飛行機に搭乗した際の搭乗マイルボーナス」でためるかになります。

■クレジットカードでマイルをためる方法

  • 買い物の利用額に応じてマイルをためる
  • 飛行機に搭乗した際の搭乗マイルボーナスでためる

「生活スタイル(ショッピング利用額、飛行機の搭乗内容)によって異なる」ではつまらないので、今回ショッピング利用金額ごとに還元されるマイルを算出し、そこから年会費を差し引いた年間のお得額を算出し、飛行機に搭乗しない場合にどのカードが最もマイルがたまるかを検証した上で、搭乗マイルがどれくらいあると、最もたまるカードが変わってくるかという形で検証したいと思います。


年間ショッピング20万円のとき

まずは年間利用額が20万円の場合です。獲得マイル(円換算)とお得額(獲得マイル-年会費)をチェックします。

各カードの還元率や年会費などの詳細は各カードの詳細ページを参照してください。

カード名 獲得マイル(円換算) お得額(獲得マイル-年会費)
JALカード アメックスカード 1,000マイル(1,500円) -4,800円
JALカード アメックスカード ゴールド 2,000マイル(3,000円) -16,950円
JALカード アメックスプラチナ 2,000マイル(3,000円) -29,550円
イオンJMBカード 1,000マイル(1,500円) 1,500円
アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード 2,000マイル(3,000円) -7,500円
セゾンカードゴールドアメリカンエキスプレス 2,000マイル(3,000円) -7,500円

年間利用額が少ない金額の時は還元額も少ないので、年会費が安いカードのみ年間お得額がプラスになります。年会費永年無料のイオンJMBカードのみプラスです。

これは還元額のみを見ており、他に搭乗ボーナスや付帯サービスもあるので、マイナスになっているカードが損をしているわけではありませんが、この場合は唯一年会費分以上の還元がある年会費永年無料のイオンJMBカードがおすすめです。

なお、年間搭乗マイルが40,000マイル以上の場合はJALカード アメックスカード、130,000マイル以上の場合はJALカード アメックス ゴールドがそれぞれ搭乗ボーナスを考慮すると、最もお得になります。


年間ショッピング50万円のとき

続いて50万円の場合です。

カード名 獲得マイル(円換算) お得額(獲得マイル-年会費)
JALカード アメックスカード 2,500マイル(3,750円) -2,550円
JALカード アメックスカード ゴールド 5,000マイル(7,500円) -12,450円
JALカード アメックスプラチナ 5,000マイル(7,500円) -25,050円
イオンJMBカード 2,500マイル(3,750円) 3,750円
アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード 5,000マイル(7,500円) -3,000円
セゾンカードゴールドアメリカンエキスプレス 5,000マイル(7,500円) -2,500円

マイル付与率の違いにより若干差は詰まったものの、まだ変わらず年会費永年無料のイオンJMBカードのみが年会費を還元額が上回っている状況です。

たまるマイルは100円で1マイルがたまるクレジットカードが最も多いですが、円換算すると年会費とのバランスはイオンJMBカードが最もよいということになります。

搭乗マイルも考慮すると、JALカード アメックスカードはショッピング付与マイルは変わらないので、年間搭乗マイルが40,000マイル以上の場合はJALカード アメックスカードが最もお得で、利用金額が増えてショッピングでのマイル付与が多かったので110,000マイル以上の場合はJALカード アメックス ゴールドがそれぞれお得になります。


年間ショッピング100万円のとき

最後に100万円の場合です。

カード名 獲得マイル(円換算) お得額(獲得マイル-年会費)
JALカード アメックスカード 5,000マイル(7,500円) 1,200円
JALカード アメックスカード ゴールド 10,000マイル(15,000円) -4,950円
JALカード アメックスプラチナ 10,000マイル(15,000円) -17,550円
イオンJMBカード 5,000マイル(7,500円) 7,500円
アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード 10,000マイル(15,000円) 4,500円
セゾンカードゴールドアメリカンエキスプレス 10,000マイル(15,000円) 4,500円

ショッピングによる付与のみで見ると、変わらず年会費永年無料のイオンJMBカードが最もお得です。

搭乗マイルを考慮すると、年間搭乗マイルが40,000マイル以上の場合はJALカード アメックスカード、83,000マイル以上の場合はJALカード アメックス ゴールドがそれぞれお得になります。


まとめ

JALマイルが一番たまるクレジットカードについて考えてきました。

ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • ショッピング付与のみを考慮すると、イオンJMBカードが最もお得
  • 年間搭乗マイルによってはJALカード アメックスカード、JALカード アメックス ゴールドもお得

年間利用額100万円までであれば、ショッピング付与のみはイオンJMBカード、年間搭乗マイル次第ではJALカード アメックスカード、JALカード アメックス ゴールドが最もお得なカード候補になるという結果になりました。

検証結果としては年間利用額100万円程度までであれば年会費の安さがアドバンテージになり、シンプルに年会費の安いカードを選んでおけばよいという結果になりましたね。

ただJALマイル系のカードはイオンJMBカードが0.75%の還元で、他のカードの還元率が高く、これ以上の利用額の場合にはお得額で逆転しますので、利用額が100万円以上という方はほかのクレジットカードを選択するのもありだと思います。

またイオンJMBカードは付帯保険がないので、必要な場合はJALカード アメックスカードを選択するとよいとおもいます。

JALマイルの貯め方や使い方については別の記事で紹介していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

また本記事で紹介したJALマイルがたまるクレジットカードは以下の記事で詳細に紹介していますので、各カードの特徴を詳しく知りたい人はこちらもご覧ください。

  • JALカードアメックスカードの特徴、還元率
  • JALカードアメックス ゴールドの特徴、還元率
  • JALカードアメックス プラチナの特徴、還元率
  • イオンJMBカードの特徴、還元率
  • アメリカンエキスプレススカイトラベラーカードの特徴、還元率
  • またANAマイルがたまるクレジットカードについてはこちらで検証していますのでこちらもご覧ください。


    当サイトのおすすめクレジットカード

    イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

    イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

    イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
    koushiki7
    リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

    nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

    年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
    koushiki7
    楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

    楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

    カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
    koushiki7


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ