JALアメックスカードは海外旅行が多い人におすすめの充実サービスが特徴

公開日:2016年10月21日

JALアメックス

JALカードはいくつかの種類がありますが、JALカードの中でも特典が充実していて人気なのがJALアメックスカードです。

特に海外旅行に行く人にお得な特典がありますので、JALマイルをためている人で海外旅行に行く機会が多いならぜひ検討してほしいカードです。

JALアメックスカードの特徴と、一般、CLUB-Aゴールド、プラチナの3つのランクのカードがありますので、それぞれのサービスや審査基準の違いなどを見ていきたいと思います。

JALアメックスカードの特徴とメリット

JALアメックス

  • 普通カード
  • CLUB-Aゴールドカード
  • プラチナカード

JALアメックスカードには普通カードとCLUB-Aゴールドカード、プラチナカードの3種類があります。


JALアメックスカードの年会費

JALアメックス

それぞれの年会費は税別で普通カードが6,000円、CLUB-Aゴールドカードが19,000円、プラチナカードが31,000円となっています。

一般的な同グレードのJALカードと比べると少し年会費は高くなっています。

また家族カードを発行する場合の年会費は普通カードが2,700円、CLUB-Aゴールドカードが8,640円、プラチナカードが16,740円となっています。

こちらも一般的なJALカード、クレジットカードと比べても高めの設定となっています。

アメックスブランドの特典やステータス感がある分、年会費は上乗せされているんですね。

ただ特典や保障も多いので、割高という感じではなく、むしろコスパという意味では良い部類に入るカードです。

アメックスブランドがあることで受けられるJALアメックスカードの特典には主に以下があります。


アメリカン・エキスプレス・セレクト

JALアメックス

JALアメックスカードの会員なら、日本や世界100カ国以上、8,000以上のホテルやレストランで最大70%割引になる特典「アメリカン・エキスプレス・セレクト」を利用することができます。

国内でも利用できるレストランやホテルも多いですが、普段ホテルで食事をしない人にとっては大きなメリットにはならないかもしれません。

それでも海外のホテルやレストランが優待価格で利用できるのは大きく、海外旅行時には非常に効果を発揮する特典といえます。

有名ホテルの宿泊料金が半額以上になるものもあります。種類も多いので、色々と楽しめて飽きません。

期間限定で割引率が大きく上がるものもありますので、旅行前には要チェックです。

アメリカン・エキスプレス・セレクトを利用できるのが、JALアメックスカードの最大のメリットといえます。


空港ラウンジサービス

JALアメックス

またJALアメックスカード会員なら、国内の主要空港ホノルル国際空港でラウンジを無料で利用できます

会員本人のほかに同伴者1名も無料で利用することができます。


海外アシスタントサービスを利用可能

JALアメックス

海外旅行先で日本語のサポートが受けられる「ハローデスク」も無料で利用することができます。

旅慣れている人はあまり利用する機会がないかもしれませんが、海外ではホテルの予約や交通案内から、万が一のけがや病気の時の病院の手配などもサポートしてくれます。

JALアメックスカードを作ったら、頭の片隅においておき、いざという時に利用できるようにしておくとよいですね。


JALアメックスカードの付帯保険

JALアメックス

JALアメックスカードの付帯保険の内容は以下の内容になっています。

■JALアメックスカードの付帯保険

項目 普通カード CLUB-Aゴールド プラチナ
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円
国内旅行傷害保険(自動付帯分) 最高1,000万円 最高3,000万円 最高1,000万円
海外旅行時の傷害・疾病治療費用限度額 100万円 200万円 200万円
海外旅行時の賠償責任限度額 2,000万円 3,000万円 3,000万円
海外旅行時の携行品損害限度額(1旅行) 50万円(1事故あたり3,000円の免責分あり) 50万円(1事故あたり3,000円の免責分あり) 50万円(1事故あたり3,000円の免責分あり)
海外旅行時の携行品損害限度額(年間) 100万円 100万円 100万円
海外旅行での救援者費用(年間) 100万円 200万円 200万円
海外旅行での日本語による救急サービス
ゴルファー保険(海外・国内)

一般的なJALカードとJALアメックスの一般カードには4,000円程度の年会費の差がありますが、一般的なJALカードが最高1,000万円の海外旅行傷害保険しかつかないのに対して、JALアメックスの一般カードはかなり手厚い保障がついていることがわかります。

一般的なゴールドカード並みの付帯保険がついているので、さすがアメックスというところでしょう。

CLUB-Aゴールドカード、プラチナの付帯保険の保障は手厚いですが、年会費から見ると当然という感じではあります。

付帯保険のお得度で見ると4,000円の年会費(月にすると300円ちょっと)の差で付帯保険がこれだけ手厚くなるのは、海外旅行に行く機会が多い人にとっては嬉しい保障内容になっています。

JALアメックスカードが海外旅行が多い人向けのカードと言われる理由の一つです。


JALアメックスCLUB-Aゴールドカードのメリット

JALアメックス

  • アドオンマイルとして100円ごとに1マイル追加
  • 手荷物空港宅配サービスを利用可能

JALアメックスのCLUB-Aゴールドカードは、アドオンマイルとしてJALグループの航空券や機内販売で利用したショッピングマイルがアドオンマイルとして100円毎に1マイル追加されます。

プラチナよりもアドオンマイルの量は減りますが、通常カードと比べるとマイルはグッとたまりやすくなります。

その他にも、帰国時に手荷物を空港から宅配してくれる「手荷物空港宅配サービス」を利用することができます。


JALアメックスプラチナカード独自のメリット

JALアメックス

JALアメックスのプラチナカードを作ると、アドオンマイルとしてJALグループの航空券や機内販売で利用したショッピングマイルが通常のショッピングマイルに比べて100円ごとに2マイル加算されます。

さらにCLUB-Aゴールドカードでは帰国時のみだった「手荷物空港宅配サービス」を出発時帰国時の療法で利用することができます。

また、プラチナカードのみの特典として以下のサービスを利用できます。

  • プライオリティ・パスが自動付帯
  • プラチナ・コンシェルジュサービス
  • スーペリア・エキスペリエンス

JALアメックス

特にプライオリティ・パスは通常年会費が399米ドルがかかるものですので、自動付帯するのは大きいです。

プライオリティ・パスの会員になることで、世界中の空港にあるラウンジサービスを利用することができます。

プラチナ・コンシェルジュサービスはレストラン予約から舞台、ミュージカルのチケット手配など、24時間体制でコンシェルジュがサポートをしてくれます。

スーペリア・エキスペリエンスは国内外のホテルでダイニングやスパなどを利用することができます。

プラチナカードらしい最上級の特典が付帯したカードですね。

個人的には「アメックス」の「プラチナ」という響きが最高に憧れます。


JGC会員向けのJALアメックスカード

JALアメックス

JALアメックスカードはJGC会員向けカードがある

付与マイルが増えて、様々な特典があるJGC(JALグローバルクラブ)。

入会や会員資格維持のためには決められたJALカードを持つ必要がありますが、JALアメックスカードだと、「JGC CLUB-Aゴールドカード」と「JGCプラチナカード」の2種類のJGC会員向けのカードがあります。

普通カードにはJGC会員向けカードはありませんので注意が必要です。

JGC会員向けのJGC CLUB-AゴールドカードとJGCプラチナカードを持っていると、年会費を払い続けるだけでJGCのメリットである毎年の初回登場ボーナス(3,000マイル)や登場時の獲得マイルがアップ(35%アップ)します。

また予約時には専用予約デスクがあって電話がつながりやすかったり、キャンセル待ちの優先権もあります。

その他にもランジが利用できるメリットがあり、国内線ではアルコール類を含むドリンクやお菓子を食べながらラウンジでゆったりと時間を過ごすことができ、国際線ではワンワールド系列の海外ラウンジも利用することができます。

特に国際線は待ち時間が長いことも多いので重宝します。


JGCの入会資格

JGCの入会資格は以下の通りです。

  • 年間50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上
  • JALグローバルクラブ対象のカードを持つこと
  • 航空会社およびそれらの関係会社の方でないこと
  • 入会申込時にJMBサファイア以上であること

上記資格を満たした上で、JALグローバルクラブ対象のカードである「JGC CLUB-Aゴールドカード」と「JGCプラチナカード」のいずれかのカードを発行することができるようになります。

「JGC CLUB-Aゴールドカード」と「JGCプラチナカード」、およびその他のJGCカードの年会費は以下の通りです。

■JGC対応カードの年会費

カード名 本会員 家族会員
JGC CLUB-Aゴールドカード 33,480円 27,000円
JGCプラチナカード 20,520円 20,520円
JALグローバルクラブ JALダイナースカード 30,240円 23,760円
JALグローバルクラブ JCBプラチナ 33,480円 27,000円
JALグローバルクラブ CLUB-Aゴールドカード 17,280円 17,280円
JALグローバルクラブ CLUB-Aカード 10,800円 10,800円


まとめ

JALアメックス

JALアメックスカードの特徴やメリット、種類ごとの違いを見てきました。

JALアメックスカードはアメックスの特典で空港のラウンジが使えて、付帯保険が充実したカードです。

アメリカン・エキスプレス・セレクトでホテルやレストランがお得に利用できるのも大きく、海外旅行時に便利な特典が多くあります。

JALカードでマイルをためつつ、旅行時の特典も受けたい人におすすめのカードです。

JALアメックス

特に普通カードでも国内・海外の空港ラウンジが使えるのは大きなメリットといえます。

JALアメックスカードの詳細を見てみる

さらにプラチナでは付帯保険が充実するだけでなく、プライオリティパスが自動付帯して、空港手荷物サービスやプラチナコンシェルジュサービスが利用できるなど充実した内容になっています。

プラチナカードは得られるステータス感に比べると割安な年会費に抑えられている印象があります。

JALアメックスプラチナカードの詳細を見てみる

人によって必要なサービス、不要なサービスもあると思いますので、求めるサービスと年会費のバランスを考えて、作るカードのグレードを決められるのが良いと思います。

JALアメックスカードの詳細を見てみる
JALアメックスCLUB-Aゴールドカードの詳細を見てみる
JALアメックスプラチナカードの詳細を見てみる


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ