よく旅行をする人向けクレジットカードの選び方とポイント

公開日:2015年10月15日

クレジットカードは海外で便利なサービスが多いので、旅行好きの方にはぜひ持っていたいですよね。

今回は旅行好きやよく旅行をする方向けのクレジットカードの選び方を紹介していきたいと思います。

旅行に関係するクレジットカードの機能も付帯保険、空港サービス、マイルなどたくさんありますので、自分にあったクレジットカードをぜひ選んでください!

自分に必要なサービスを確認する

まず自分にどのような機能のクレジットカードが必要かを明確にします。

旅行時に便利な機能として、付帯保険、空港ラウンジサービスなどの旅行に便利な機能、マイルでの還元があると思いますので、この3つでどれが必須で重視する機能なのかを確認します。


付帯保険を確認する

海外旅行が多い方は、旅行時のけがや病気の治療費が補償される付帯保険は必ず付帯させたいもの。海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯しているか、また付帯条件を確認しましょう。

付帯条件とはクレジットカードを持っているだけで補償がされる自動付帯というものと、旅行代金をクレジットカードで支払った場合だけ補償される利用付帯というものがあります。

当然自動付帯の方がよいですが、利用付帯だからだめというわけではなく、自分がどのような付帯条件になっているかを理解しておくことが重要です。

さらに海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険についてはその補償の中身についても確認が必要です。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険の死亡・後遺傷害保険の補償金額も大事ですが、利用する可能性の高い傷害・疾病治療費用もチェックするようにしましょう。付帯しているか、付帯している場合はその補償金額をチェックしましょう。

また旅行傷害保険は同行した家族が補償の対象となる「家族特約」が付帯しているかどうかも確認するようにしましょう。本人会員と補償内容は異なりますが、同行する家族分も補償されると安心です。家族特約はゴールドカード以上に付帯されていることが多いですね。


旅行で便利なサービスを確認する

海外旅行で便利な以下のサービスについても付帯しているかどうかを確認しておくようにしましょう。

空港ラウンジサービス

旅行者向け定番付帯サービスの空港ラウンジサービス。空港内のラウンジを待ち時間などに利用できます。国内、海外それぞれ対象の空港がどこかという点を確認するようにしましょう。

また特に人気なのが海外空港のラウンジサービスを提供する「プライオリティパス」。これは通常年会費が399ドルかかりますが、ゴールドカードなどだとこの年会費を優遇してくれるサービスが付帯している場合がありますので便利。プライオリティパスは世界中の800を超える空港のラウンジが利用可能になりますのでどこに行くにも安心のサービスです。

このプライオリティパスが無料で付帯するのはゴールドカードクラスだと楽天プレミアムのみなので、プライオリティパスを重視される方は楽天プレミアムが要チェックです。


海外デスクサービス

海外デスクサービスは海外での旅行時に問い合わせをしてくれる専門受付窓口で、海外旅行が多い方には心強いサービスですね。

中でもJCBの海外デスクサービスは手厚いと高い評価を得ていますので海外デスクサービスを重視される方はJCBのゴールドを1枚持っておくと安心ですね。


空港送迎サービス

空港送迎サービスは海外旅行をする際に自宅→成田空港間を送迎してくれるサービスです。海外旅行は疲れていたり、時間が早い・遅いことも多く、この自宅と空港の移動がかなりわずらわしいのでうれしいサービスですね。

見るポイントは往路のみ、復路のみ、往復両方と付帯条件が若干異なるのでこの点をチェックされるとよいと思います。


空港手荷物配送サービス

空港手荷物配送サービスは旅行時にスーツケースを自宅から空港まで配送してくれるサービスです。

こちらも空港送迎サービス同様、自宅空港間の移動を快適にするもので利用してからありがたみを感じる付帯サービスです。見るべきポイントも送迎同様往路のみ、復路のみ、往復両方のどの条件かという点を見る必要があります。

配送するとなるとスーツケースでは3,000~5,000円程度かかりますので金銭的にもよいサービスです。


マイルを確認する

次にマイルを貯めている方はマイルを確認します。

マイルについてはマイレージカードの選び方という記事で書きましたが、飛行機への搭乗マイルとクレジットカードでの買い物でたまるマイルを組み合わせてためるのが基本だと思いますので、その観点で自分がクレジットカードでためるポイントがどの程度必要なのかを考えましょう。


年会費を確認する

次に年会費を確認します。

これまで確認してきたサービスをもとに支払う年会費が妥当か、高くないかという点をチェックしましょう。マイルを重視される方はマイルの還元率をもとに年会費と比較して年間どれだけのマイルがたまり、いくら年会費を支払うのかという点を考慮してクレジットカードを比較しましょう。

一般的に年会費の高いゴールドカードの方が還元率は高くなるので自分が必要なマイル数と合わせて考えるようにしましょう。


入会特典を確認する

最後に入会特典を確認しましょう。

入会特典で加入するクレジットカードを決定することはよくないですが、いくつかで迷っていたりする場合の最後の決め手にはなるのでチェックしましょう。

期間限定ですのでお得な入会特典があった場合は逃さずゲットしましょう。


まとめ

旅行好きのためのクレジットカードの選び方について考えました。

特に海外旅行が多い方向けでしたがまとめると以下の内容になります。

  • 自分に必要なサービスを確認する
  • 付帯保険を確認する
  • 旅行で便利なサービスを確認する
  • マイルを確認する
  • 年会費を確認する
  • 入会特典を確認する

ポイントは自分が何を重視しているかを明確にすることですね。マイルなのか空港サービスなのかと。すべてを求めることももちろん可能ですが、その分年会費が高くなってきますのでその辺のバランスを考慮してカードを選びをするとよいと思います。

海外旅行では不慮の事が色々起きたりもしますので、必ず海外旅行傷害保険があるカードを選択することで保険料が節約できますし、万が一のときにも安心ですね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ