ガソリンカードの選び方やチェックポイント

公開日:2015年10月12日

ガソリン代を値引きや高還元でお得にしてくれるガソリンカードは、ガソリン価格の高騰が続く現在、ドライバーにとっては必須のクレジットカードですね。

値引きの条件があったり、特定のガソリンスタンドだとお得だったりとサービス内容が複雑になってきていますのでガソリンカードの選び方のポイントを考えていきたいと思います。

ガソリンカードの中には年会費無料のカードもあるので、給油回数は多くないという方も持っておいて損のないカードがありますので確認しておきましょう。

よく行く給油所(同じ元売り系のスタンド)があるか

ガソリンカードを選ぶ上でまず確認したいのが、よく行く給油所(同じ元売り系のスタンド)があるかどうかです。

ENEOSやコスモ石油など元売り各社はクレジットカード会社と提携クレジットカードを発行していて、自社の給油所でのガソリン代や洗車などの利用料を優遇しています。

その還元は1~7%と幅はあるものの確実にお得なので、よく行く給油所がある場合は、その給油所の発行しているガソリンカードを優先的にチェックするようにしましょう。

また特によく行く給油所がない場合は、どのガソリン代にも還元があるカードや全般的に還元率の高いカードを選択するのがよいでしょう。


給油額は多いか

次にチェックしたいのが給油が多いかどうかです。給油が多いという目安は月に1万円をガソリン代に使っているかどうかで見ると良いと思います。

ガソリンカードのガソリン代の優遇・還元には「カードの利用額に関わらず同じ還元を受けられるカード」と、「カードの利用額に応じて還元率が変動するカード」の2つがあります。

カードの利用額が少ない場合は「カードの利用額に関わらず同じ還元を受けられるカード」を選択するようにし、カードの利用額が多い場合は、「カードの利用額に応じて還元率が変動するカード」を選択して還元額を最大化するようにしましょう。


還元率でチェックする

確認した割引・還元額は還元率でチェックすることが重要です。

ガソリン代の還元方法は「リッターあたり○円の定額割引」と「給油額の○%をポイント・キャッシュバックで還元」の2つがあります。

これらのカードを比較する際は、それぞれを還元率で考えるようにしましょう。

「リッターあたり2円割引するカード」と「給油額の2%をキャッシュバックで還元するカード」があった場合、仮にガソリン代が160円/Lとするとリッターあたり2円の割引は1.25%の還元です。給油額の2%を還元するカードの方がお得なことがわかりますね。

このように自分の給油額をもとに比較したいカードの還元額、還元率を確認します。


年会費をチェックする

自分の還元額、還元率を確認したら、ガソリンカードの年会費を加味してお得度を比較しましょう。

ただ給油が少ない人は、ガソリン代の還元だけで年会費分を得するのは結構厳しいので、年会費無料のカードを選ぶようにしましょう。


付帯サービスをチェックする

最後に自分に必要な付帯サービスがあるかを確認しましょう。

海外旅行によく行く人は海外旅行障害保険や盗難保険付きのカードがよいですね。
ガソリンカードを探しているドライバーの方にはロードサービス付きのクレジットカードだと安心ですね。


まとめ

ガソリンカードの選び方のポイントを見てきました。

まとめると以下の通りです。

  • よく行く給油所があるか確認する
  • よく行く給油所がある場合は元売系のカードが有力
  • よく行く給油所がない場合はどこで給油しても還元があるカードが有力
  • 月の給油料金を把握する
  • 給油が多い人はカードの利用額に応じて還元額が変動するカードを選ぶ
  • 給油が少ない人は「リッターあたり○円」などの定額割引を利用する
  • ガソリンの割引・還元についても還元率でチェックする
  • 給油が少ない人は年会費無料のカードを選ぶ
  • 必要な付帯サービスがあるかを確認する

ポイントとしては「よく行く特定の給油所があるか」という点と「月の給油額がどれくらいあるか」という点を確認することだと思います。

目安として「よく行く特定の給油所があるか」については給油を半分以上特定の給油所(同じ元売り系のスタンド)でしていればよく行く給油所がある、「月の給油額がどれくらいあるか」については月の給油額が1万円以上ある場合は給油額が多いと考えてよいと思います。

必要な付帯サービスがある人はこれらを加味しつつ比較するとよいと思います。

個人的にはドライバーの方にうれしいロードサービス付きで年会費がカードを1回利用することで無料になるENEOS CARD S(スタンダード)をサブカードで持ちつつ、楽天カードなどガソリン代がお得なカードをメインで持つというのがおすすめです。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ