サラリーマン向けクレジットカードの選び方とポイント

公開日:2015年10月15日

サラリーマンの方で特に家庭を持っている方だと、仕事にプライベートにとクレジットカードを使用するシーンは多くあると思います。

一方で、おトクにポイントなどで還元を受けたいというのも多くの方の要望だと思います。そんなよくばりなサラリーマンの方向けのクレジットカードの選び方について考えていきたいと思います。

還元率は少しでも高いものを年会費とのバランスで選ぶ

まずはお得なクレジットカードを候補として探しましょう。

クレジットカードを活用して得を使用と思った時にポイント還元やキャッシュバックがあるカードをつくるとよいでしょう。

その中でどのカードかと比較するときは還元率をベースに考えましょう。還元率とはカードの利用額に対してとの程度還元(ポイント還元・キャッシュバック)があったかという指標です。100万円利用して1万円もらえるクレジットカードは還元率1%のカードです。

還元を考えるときは、自分のカードの利用状況を考えて、この還元率と還元額を算出して、年会費を考慮して年間のお得額をだします。これを比較してどのカードが得なのか考えるのがよいでしょう。

あと、還元方法はポイントなのかキャッシュバック(現金)なのか確認しておくようにしましょう。

ちなみにマイルをためている方はマイレージカードでもよいのでその場合はこちらを参考にしてください。


少しだけステータスにこだわる

またサラリーマンの方は少しだけステータスにもこだわった方が良いと思います。

そんなもの興味ないという方もいるかもしれませんが、会社で働いていると、仕事でも使う機会が多いと思います。取引先との接待や食事の時に支払がポイント系のクレジットカードだとちょっと・・・という人がいます。

自分が気にしないだけなら関係ないのですが、残念ながらそういったところを見ている人もいて、もし取引先だと変に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

この考えが正しいかは別として、相手に悪い印象を与える可能性があるものは避けるという考え方で、大人として1枚、どこで出しても文句のないクレジットカードを作っておいた方がよいでしょう。

銀行系の三井住友VISAクラシックカードなどは人気もありおすすめです。

年会費無料でポイント系の還元率の高い楽天カードを併用すれば、スマートに使うところはスマートにして、残りは高還元カードでがっつり得することができますね。

ステータスとおトクを使い分けるのができるサラリーマンのクレジットカード術ですね。


おトクな入会特典を確認する

最後にお得な入会特典を確認しておきましょう。

クレジットカードを入会特典ありきで選ぶのは良くないですが、数千円~1万円以上のプレゼントがあるカードもあるのでぜひ公式サイトでチェックして目当てのカードのキャンペーンは逃さないようにしましょう。


まとめ

サラリーマン向けのクレジットカードの選び方を考えてきました。

ポイントをまとめると以下の通りになります。

  • 還元率は少しでも高いものを年会費とのバランスで選ぶ
  • すこしだけステータスを気にする
  • おトクな入会特典を確認する

サラリーマンの方はクレジットカードを仕事で利用する機会も多くあるので、スマートにステータスのあるカードを使わないといけない場面もあり、お得とステータスの両方を抑えておく必要があります。

そうなると1枚のカードというよりも、先にあげた三井住友VISAクラシックカードや楽天カードなどクレジットカードを複数もつことで両方を抑えることができます。

これからのサラリーマンの方には必要なクレジットカード術になるかもしれませんね。


当サイトのおすすめクレジットカード

イオンカードの中で一番お得なイオンカードセレクトは、イオンやWAONをお得に利用できるカード。

イオンで20日30日の5%割引を受けられるだけでなく、イオンを利用する上で多くのお得な特典があり、年会費は永年無料。

イオンカードの中で唯一WAONへのチャージでポイントがたまるカードで、イオン系の店舗やWAONを利用する人は必須です。
koushiki7
リクルートカードは年会費永年無料で還元率が1.2%の超高還元カードです。

nanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるので、電子マネーを使う人にもおすすめ

年会費永年無料のカードの中では最も還元率が高いカードで、年会費をかけずに高還元を求める人は迷わずリクルートカードがおすすめです。
koushiki7
楽天カードは年会費永年無料どこで利用しても1%還元がある高還元カード。

楽天市場で利用するとポイントが常時2倍になり、お得な還元キャンペーンを多くやっているため、楽天を利用している人は絶対に持っておいた方が良いカード。

カードを作るだけで5,000ポイント以上もらえることもあります。
koushiki7


サブコンテンツ

このページの先頭へ